Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【D.I.Y】 コタツの脚を高くしてみた!

2015.11.24 (Tue)
9月頃に使ってない 60 x 60 cmサイズの小型の古いコタツを
ソファで使えるように脚を長くして欲しいという依頼が家族からきました。
まずは完成図からどうぞ。


R0021829_R.jpg


こちらは脚の取り付け部分の画像です。


R0021833_R.jpg


脚は8Mサイズのボルトで固定されていて、
ネジ穴部分には打ち込みタイプの鬼目ナットが埋め込まれてました。


R0021884_R.jpg
元々の脚


取り敢えずホームセンターに行ってアイデアを練ること…。
最近は座椅子でコタツを利用することも多くなり、
それに伴いコタツの脚を高くする数のようなグッズがたくさん販売されてますね。


20151123045.jpg


ただ、それらのグッズは良くて数センチほどしか高くできないし、
脚を継ぎ足して延長する方法は難しいし強度的にも安定しないし、
かといってホームセンターで強度があるそうな脚は1本分でも1500円とかして
四本揃えるとなると新品のコタツを買えそうな価格になるし、
古いものをリペアするという本来の趣旨とは異なるので色々と思考した結果、
45 x 45 mm の角材(杉)とM8サイズ用の鬼目ナットを4個用意すれば
何とかなりそうなのでその方法でやることにしました。


R0021836_R.jpg


鬼目ナットには打ち込みタイプと六角レンチで取り付けるタイプのものなどがありますが、
取付後もやり直しができる六角レンチタイプのものを購入。
因みに価格は2個入りで2~300円だったと思います。

ねじ穴のサイズが分からない場合はボルトをホームセンターに持っていけば
売り場にサイズを測る道具もあると思いますし、店員さんに見せれば調べてくれると思いますよ。


R0021834_R.jpg


鬼目ナットを埋め込むための下穴径。


R0021887_R.jpg


M8サイズの鬼目ナットを埋め込むためには 11.2 - 11.5 mm の下穴を開ける必要が
あったんですがちょうどいいドリルが売ってなかったので一回り小さめ 10.5 mm の
木工ドリルを購入して斜めにグリグリして入り口部分を少し大きめに開けました。


R0021895_R.jpg


R0021896_R.jpg


電動ドライバーにドリルを取り付けて下穴あけ。


R0021835_R.jpg


8Mの六角レンチも持って無かったので購入。


R0021890_R.jpg


鬼目ナットの埋め込みはあまり抵抗がなく入っていったので穴径を広げすぎた感じがしましたね。
あまり緩いとボルトを締めた時に鬼目ナットが引っ張られて抜ける可能性があるので
鬼目ナットの先端が先細りの形状になっているのでもうひとサイズ小さい 9 mm のドリルを
使用してグリグリした方が取付強度的には良かったかもしれません。


R0021837_R.jpg


埋め込み完了。
尚、角材のトップ部分の穴は天板を乗せた時に安定するように
元々の脚に付いていたゴムの台座を取り付けるための穴です。


R0021838_R.jpg


仮ネジ締め。


R0021832_R.jpg


コタツに取り付け。


R0021839_R.jpg


ヒーターは別のコタツのものだったので穴位置が合わなかったので修正。


R0021840_R.jpg


実際に使った見たところ、ものを書いたりする時に揺れが気になるので補強しました。
ただ、すべての面を補強すると足を入れる時に邪魔になったりするので
トップから10cm程の赤枠のところの位置に角材で横2面だけ補強したらかなり安定するようになりました。
木材による補強をしたくない場合は金具などで補強するのもいいと思います。


R0021831_Rt.jpg


あと、取り付け後に思ったことは杉の角材は柔らかいので
六角ネジを強く締めると金具に埋まりこんでいくので予算が許すなら
もう少し硬い材質の木材を使った方ががベターだと思いましたね。

尚、角材を磨くのにリョービのミニサンダー (S-5000)を買ったりしたので
新品のコタツを買った方が安かったかも…w。







( ^ω^ )
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。