Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIUS インフォメーションパレットの並び順とエフェクトの効果範囲

2014.03.05 (Wed)
EDIUS マスクのパスをレイアウターで制御」の記事でも触れてましたが、
インフォメーションパレットの並び順についての説明が
リファレンスマニュアルでは見つけられなかったので動画にしてみました。




EDIUS インフォメーションの並びとエフェクトの効果範囲



動画を見ていただけば分かると思いますが、インフォメーションパレットの並び順は、
上位にあるエフェクトの効果が及んだクリップに更に下位にあるエフェクトに追加されていく仕組みのようです。
VトラックやVAトラックのようなレイヤー的な感じというよりは
シーケンスの入れ子、即ち、ネストシーケンスの考え方に近い感じなんですね。

そんな感じなのでレイアウターより上位にマスクを配置することでマスクで作ったパスを
レイアウターで動かすことができるようになる訳ですね。φ(゚Д゚ )フムフム…

あと、手ブレを修正するスタビライザーを使ったことある方なら分かると思いますが、
スタビライザーを適用するとインフォメーションパレットではレイアウターより上位に配置されます。
それもエフェクトの掛かってない状態のものを手ブレ補正すると言う意味合いなんでしょうね。



( ^ω^ )


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。