Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIUS %表示とpx表示における誤差とその修正方法

2013.12.23 (Mon)
レイアウターの数値の横にある青い下向きの矢印、または右上部にある「% px」をクリックすると
%とpxの表記方法を切り替えることが出来ることはご存知の方も多いと思います。
今回は、その表記による誤差の発生とその修正方法についてです。



Image 014



<誤差>
1分少々の動画を見て頂くと分かると思いますが、
%表記の時に手動でドラッグで動かしてピッタリ50%とかになっても、
px表記にすると実はズレている
ということがたまにあります。

このような誤差が生じることを知らない頃に25画面のマルチ画面を作っている時に、
キレイに整列できなくて”なんか、ズレるなぁ~”と思っていたんですが、
その原因が「%表示とpx表示によるズレ」だったんです。




EDIUS %表示とpx表示における誤差とその修正方法



<誤差の修正方法>
もう動画を見た方にはネタバレしてますが、文章としても記載しておきます。
誤差の修正方法は、数値を直接修正してもいいんですが、
実はもっと簡単な方法があって、それは%表記時に数値を1回動かすだけです。
たったこれだけで誤差が修正されます。



( ^ω^ )
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。