Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

指定期間 の記事一覧

【PC】 Windows 10 のインストールに失敗!

2015.07.30 (Thu)
昨日の記事の続報です。

本日、USBメモリを使って Windows 10 Pro をインストールしてみました。
インストールする前にライセンス認証済みの Windows 8.1 Pro がインストールされているSSDのみを接続し、
USB 3.0 ポートにWindows 10 Pro が入ってるUSBメモリも取り付け、
BIOSでUSB 3.0の起動順番を最優先に設定し、
準備万端整えてからインストールを開始しました。


設定を引き継がずに新規(カスタム)インストールしたかったので
そちらを選択して「今すぐインストール」しました。…と、ここまでは良かったんですが
ところが次に画面でライセンス認証の画面が現れ、何度、プロダクトキーを入力してもダメでした。



R0021572_R_20150730220508cc5.jpg



仕方が無いので取り敢えずプロダクトキーの入力をスキップして Windows 10 のインストールを完了させました。
インストール後にライセンス認証画面を確認すると「0xC004C003」と言うエラーが表示されてました。



20150730012_R.jpg
エラーコード : 0xC004C003



R0021575_R.jpg
エラーコード : 0xc004e016
※このエラーコードは「プロダクトキーを変更」からライセンス認証した時のものだったと思います



電話認証するしかないなぁ~と思い、
「slui 4」とブログラムを検索してライセンス認証プログラムを起動し、
電話によるライセンス認証を試みましたがまたもや弾かれてしまいました。

電話認証も弾かれたのでサポートの人と話すことになったんですが、
あまり詳しくないようで予約からアップグレードするようにというような回答しか得られませんでした。



■どうすりゃいいの?
Windows 8 や Windows 8.1 Pro の時はこのやりかたでも問題なくライセンス認証できたんですけどねぇ~。
色々と調べたら、一旦、Windows 8.1 Pro を引き継ぐ感じでアップグレードし、
Windows 10 Pro のライセンスが無事に認証されたのを確認したのちに
クリーン(新規)インストールした方が良かったのかも知れません。

あと余談ですが、31日間は旧OSに戻せるみたいなことを書かれてましたが、
自分のような感じでインスールしたらそのような設定項目はありませんでした。

サブ機はVistaからWindows 8.1 Pro にアップグレードしたものなので
Vistaからまたインストールをやり直さなければならないかもとドンヨリしてたんですが、
こんなこともあろうかと、以前にWindows 8.1 Pro のクローン(HDD)を作っていたのを思い出し、
サブ機に接続してみたらライセンス認証もされていて問題ないようなので
このクローンを基にSSDにクローンを作ってまたチャレンジしてみます。

ではまた。
スポンサーサイト

【PC】 Windows 10 Pro のUSBインストールメディアを作ってみた!

2015.07.29 (Wed)
2015/07/29にWindows 10の無償アップグレードが始まりましたね。
といっても勝手にインストールされるという自体だけは避けたかったので予約はしてなくて、
しばらく様子見しようかなぁ~と思ってたんですが既にインストールメディアを作れるみたいなので作ってみました。
尚、Windows 10にアップグレードしても 31 日間はもとの環境に戻すことができるみたいです。

Windows 10 にアップグレードしてから 31 日間は、アップグレードする直前の環境に戻すこともできます。
ただし、Windows 10 へアップグレード後に新しいユーザー アカウントの追加、リセットの実行、
または windows.old (以前の Windows イメージ ファイル) が破損、削除されている場合は
復元機能が使用できなくなりますのでご注意ください。



Windows 10 無償アップグレード開始に向けて



■Windows 10 インストール メディアを作る

Windows 10 のダウンロードページ から64bit用のツール
「MediaCreationToolx64.exe」 をダウンロードして起動し、
「他のPC用にインストール メディアを作る」を選択。



20150729009.jpg



必要な言語、エディション、アーキテクチャを選択。
今回はサブ機のWindows 8.1 Pro (64bit)用なのでWindows 10 Proを選択しました。



20150729010.jpg



使用するメディアで「USBフラッシュドライブ」を選択します。
※ 少なくとも3GB必要だそうです。



20150729011.jpg



USBメモリを繋いでないと「USBフラッシュドライブが見つかりません。」と表示されるので
PCにUSBメモリを挿して「ドライブの一覧を更新する」をクリックします。
因みにUSBメモリには600-3UCT8Gを使用しました。



20150729013.jpg



無事に認識されるとリムーバブルドライブの項目に接続したUSBメモリが表示されます。



20150729014.jpg



「次へ」をクリックするとWindows 10のダウンロードが開始されます。
因みに我が家はADSL環境ですが午後8時半頃からダウンロードを開始して午後10時前に完了しました。



20150729017.jpg



それなりに時間が掛かるのでヒマ潰しに Windows 10 早わかり操作ガイド(PDF)
ダウンロードして読んでたんですが以前のOSから操作がどのように分かる点などを優しく書かれていたので
初めてWindows 10を操作する人は一見の価値ありです。

ダウンロードが完了すると自動でUSBメモリに書き込まれますが、
USB3.0メモリで書き込みに約5分ほど掛かりました。



20150729019.jpg



因みにUSBメモリはFAT32でフォーマットされて使用領域は3.14GBでした。
あとファイル名は「ESD-USB」という名称になってました。



20150729022.jpg



その後の操作については左下にある「次の手順」のリンク先、
作成したメディアからブートしてパーティションにインストールする」などを参考にして下さい。

それでは後日、また続報を書きます。



(o^-^o)

【EDIUS】 EDIUS Pro 8 買っちゃいましたぁ~!

2015.07.27 (Mon)
昨日でちょうどPro 8 の体験版の使用期限が切れたんですが、
イマイチ購入するまでの魅力を見出せなかったのでもう暫く様子見するつもりでした。
ところが楽天市場の「特価COM」というショップでポイント19倍(ダブルエントリーが必要)に釣られて
「EDIUS Pro 8」をカートに入れてポチッと購入ボタンを押しちゃいましたw。

購入したのは「Adobe Creative Suite 6 Production Premium 指定校学生・教職員向けライセンス版」を
持っていたので「EDIUS Pro 8 優待乗換版 EPR8-CGRJ」です。ヽ(´▽`)/



■コンソリデート
購入の決め手はポイントでしたが使ってみたい機能はいくつかありました。
Neo 3.5を使っていて一番欲しかった機能はコンソリデート機能ですね。

コンソリデートとはプロジェクトで使用している素材を収集し、保存することができたり、
編集終了時やプロジェクトのバックアップを行う際に便利な機能です。
Neoにもピン内のクリップを「プロジェクトフォルダーへ転送」で転送することはできましたが
コンソリデートではタイムラインで使用している部分のみを切り出して保存できます。
過去のプロジェクトファイルを整理したかったんですが、
300以上のプロジェクトファイルがあって手が付けられない状態だったのでこれはぜひとも使いたかったです。
尚、コンソリデート機能はPro7などに既に搭載されていた機能です。

コンソリデート



■トランスフォーム
更にいいなぁ~と思ったのがトランスフォームです。
トランスフォームと言ってもGPUトランジションにあるものじゃなくビデオフィルターにあるトランスフォームです。
この機能もPro 7などには既に追加されていた機能ですが機能的にはレイアウターとまったく同じです。

最初はこれの使い道に戸惑いましたが実はとても便利なビデオフィルターでした。
ポイントは、レイアウターはひとつのクリップにひとつしか設定できないのに対し、
トランスフォームはビデオフィルターなのでクリップにいくつでも適用できるというところにあります。

もう少し詳しく説明すると、
例えばトランスフォームでドロップシャドウだけを設定したプリセットを作成しますよね。
そのプリセットをクリップに適用するだけでドロップシャドウを追加できるようになります。
要はドロップシャドウと言う単独のビデオフィルターを作れるというと分かりやすいかと思います。
そんな感じでレイアウターにある設定項目を細分化して
プリセット化できるめちゃくちゃ便利なビデオフィルターです。



■H.264 ハードウェアアクセラレーションデコード
あと目玉のH.264 ハードウェアアクセラレーションデコードについての検証は
EDIUS専用サイトの方に記事にしてますが概ね2割程度の向上が見られました。

EDIUS Pro 8の新機能 ハードウェアデコードの効果検証



■その他
レイアウターのキーフレーム設定領域がNeo3.5だとある程度のところまでしか伸縮できなかったのが
Pro 8ではプレビュー画面が見えなくなるまで広げることが出来るようになってました。
また、ビン内のサムネイルのサイズをスライダーで自由なサイズに変更できたり、
アイコンが表示サイズ(大・中・小)でデザインが異なっていたりします。



【Ads】 FC2ブログにGoogle Adsese広告を載せるまで

2015.07.21 (Tue)
既にお気づきの方もいると思いますが、
今月初めからサイド部分に Google Adsense 広告を載せました。
Google Adsense広告とは広告の右上にあるビックリマークなどのアイコンのところをマウスを乗せると
「Ads by Google」、「Logicard」、「AdChoices」などとと表示される広告です。


■「ホスト型アカウント」と「非ホスト型アカウント」
既にグーグルのアドセンスアカウントは持っていたんですが、
自分が持っていたのはYouTubeにアップロードしている動画の収益化を行った時に取得したもので
このアドセンスアカウントは「ホスト型アカウント」というもので
Google のブログサービスのBloggerなどもこれに値するみたいです。


YouTube アカウントを使用して AdSense に申し込む


実はこのアドセンスアカウントではYouTubeの広告掲載料は貰えても
所有サイトに広告を載せることが出来ないアドセンスアカウントなんです。
実際に所有サイトに広告を載せるには「非ホスト型アドセンスアカウント」というものが必要です。
兎に角、Google Adsense にはふたつのアカウントがある訳なんです。(・_・)エッ....?

因みにホスト型アカウントはAdsenceのトップメニューのところに
赤字で「Hosted account」と表示されているのですぐに分かると思います。
そして非ホスト型アドセンスアカウントになると「Hosted account」の文字が消えます。


hosted account ホスト型アドセンスアカウント
ホスト型アドセンスアカウント


非ホスト型アドセンスアカウント
非ホスト型アドセンスアカウント



■アカウントのアップグレードに失敗
アドセンス広告は前々から興味があったので以前、
FC2ブログとFC2ホームページを広告掲載先のURLとして登録しようとしたら
URLにホスト パートナー「fc2.om」」を含めることはできません。 と表示されて
アカウントのアップグレードに失敗しました。

昔は出来ていたみたいですがFC2のサービスを利用してアドセンスアカウントを取得すると
「FC2に手数料としてアドセンス報酬の20%が分配」と言うことが行われていたみたいで
その辺からFC2とグーグルの関係が悪くなって出来なくなったのかもしれません。


Google Adsense fc2



■新サイト
自分と同じような状況の場合にホスト型アカウントから非ホスト型アドセンスアカウントにアップグレードするには
非ホスト型アドセンスアカウントを取得できるブログサービスで新しくブログを立ち上げてから
申請するのが手っ取いみたいなのでそうすることにしました。

非ホスト型アドセンスアカウントを取得できるブログサービスは、
So-netブログ、Seesaaブログなどがあるみたいでどこのを利用するか迷ったんですが、
デフォルトで表示される広告を完全に非表示にできたり、
ブログを5個まで作れたりするのでSeesaaブログにしました。



■アップグレード審査を通るために行ったこと
アップグレード審査を通りやすくするには、動画を埋め込まない、
画像を貼らない、外部リンクを貼らない、500~1000文字前後の文字だけの記事など、
色々な情報がありましたがこれらの情報は都市伝説的なイメージがあったのであまり意識せずに
自分が撮影した動画と画像を使った記事、文字だけの記事、約150文字の短い記事などの
一週間ほどで書き上げた10記事で申請しました。
因みに下記のリンク先のページが2015年06月のあいだに
投稿した10記事が実際に審査に申請したブログの中身です。
尚、投稿日時は適当に振り分けてますw。


申請したブログ ⇒ じぶんめも (2015年06月投稿分)


上記以外にもSeesaaブログの外部連携機能を利用して下記の設定と
Google+の寄稿先に申請したブログへのリンクも載せておきました。


ウェブマスターツール向け所有権確認用タグ
検索エンジンにサイトマップを出力送信
アナリティクス連携
プロフィール連携(Google+との連携)



申請したらSeesaaブログに広告コードを埋め込んで広告が表示されるまで待つだけですが、
自分の場合は申請から約22時間後に広告が表示されていました。ヽ(´▽`)/
尚、審査の合格のお知らせメールなど一切なかったです。
一度審査に通ると審査したサイト以外にも広告が貼れるようになるので
このFC2ブログにもGoogle Adsenseの広告を載せることができた、という訳です。



■広告配置に関する覚書

広告の配置に関するポリシー
広告のラベル表示


・広告は1ページに3個まで
・モバイルサイトの場合は、2 つ以上の AdSense 広告を画面に同時に掲載することはできない
・広告ラベルは「広告」と「スポンサーリンク」のみ利用可能


広告ラベルとは広告の上に書かれている「スポンサーリンク」などの文言のことです。
この広告ラベルに関しては「広告」と「スポンサーリンク」という文字しか現在は許可されてませんが、
下記の動画を見る限りでは広告と分かる記載であればそれほど厳しくはないみたいです。
※広告ラベルについての内容を語っているのは後編の8分53秒付近からです。


違反例とポリシー対応方法- これであなたもポリシーマスター 前編
広告の配置- これであなたもポリシーマスター 後編



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る