Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIUS 動きのあるタイトル

2013.10.27 (Sun)
本日のEDIUSネタは、先日、コネコにレビューした、Windows 8.1 Pro のレビュー動画に使用した、
サイドから出てきて数秒後に引っ込む動的なタイトルのネタバラシです。

こちらがその時のレビュー動画です。

Windows 8.1 Proのレビューは ⇒ コチラ




ウィンドウズ 8.1 Pro ~Windows 8.1 Pro~ フォトアプリが使えるぞ!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<角が丸い四角形の作り方>
実は角が丸い四角形が作れることは数週間前に気付いたんですw。
マニュアルをちゃんと読んでいれば記載されていたんで分かってた筈なんですが、
流石にあの膨大なマニュアル(512P)を隅々まで読む気力もないですよね。
マニュアルの382ページにも記載されてますが、
要は、右下に小さな三角マークがあるものボタンは、
長押ししているとサイドメニューが出てくるんです。
そんな使い方はマニュアルを読まないとまず気付かないですよね。



WS000224.jpg



一応、タイトルバックの設定値は下図のような感じです。
具体的な数値は拡大してご覧ください。
工夫したところはエッジをソフトにした上で50%のボカシを入れて、
境界を発光しているようにしているところですかね。
あとは文字タイトルを作って、別々に中央に配置すればキレイに中央で重なります。
この重ねたものを中央以外の場所でもキレイに重ねる方法は、
EDIUS タイトルのキレイな重ね方と吹き出しの向きの変え方」という
記事に動画で説明してますのでそちらをご覧ください。



WS000223.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<レイアウター設定値>
今回の動きを簡単に説明すると、
クイックタイトラーで表示する文字とタイトルバックとなる角が丸い四角形を同じタイトルで作り、
レイアウターの位置Xの値だけを調整して動かしています。


ちょっとだけ工夫したところとは、タイトルを表示する位置でタイトルを作るのではなく、
クイックタイトラーでは中央に配置しておいて、レイアウターで位置調整するところですね。
こうすることでXの値にマイナスを付けるだけで逆サイドからの動きに改変しやすいです。
また、位置Yの値はキーフレームを設定してもいいんですが、
設定するとキーフレームまで設定しないといけなくなるんですが、
設定しなければY値を変更するだけで表示する高さを変えられるで楽です。



設定値は下図のような感じの4点にキーフレームを設定していて、
キーフレームの補間方法はペジエ曲線でペジェハンドルは既定のままです。
[00:00:00;00][00:00:07;00]は同じ設定値で
[00:00:00;00]のキーフレームをコピーしただけのものです。
また、[00:00:06;15]も、同じように[00:00:00;15]をコピーしたものです。


[00:00:00;00]
WS000219.jpg



[00:00:00;15]
WS000220.jpg



[00:00:06;15]
WS000221.jpg


[00:00:07;00]
WS000222.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<プリセットとして登録>
頻繁に利用する場合はプリセットとして保存すると格段に作業効率が上がりますが、
プリセットとして登録する時に注意点がひとつあります。

プリセットとして登録したプリセットはタイムライン上の他のクリップに
ドラッグ&ドロップで簡単に設定できるんですが、
適用しようしたクリップの長さがプリセットの長さが今回のように7秒よりも長い時は、
うしろからふたつのキーフレームを後ろにズラすだけでいいんですが、
プリセット(7秒)より短い場合には適用使用するクリップの長さに応じて、
キーフレームも消滅しますので正常な動きになりません。

なのでプリセットとして登録する場合は、
できるだけ最短の時間で設定しておくと修正しやすくなるので使い勝手は良くなります。
尚、キーフレームを複数選択する時は選択したい範囲をドラッグすれば選択できます。


(2013/10/29追記)
書き忘れてましたが、プリセットとして保存したものは
あくまでもレイアウターでの動きだけなのでタイトルも分かりやすい名前で、
プロジェクトフォルダではなく専用フォルダを作って保存しておくと
のちのちアクセスしやすく使いやすいです。



(o^-^o)
スポンサーサイト

EDIUS Neo 3.5で「既定値として保存」でリサンプリング法を設定する!

2013.10.25 (Fri)
前々回ぐらいの記事、レイアウターのリサンプリング法の続きです。
Neo 3.5では既定のリサンプリング法は面積平均法(高速・シャープ)になってるんですが、
それを別のリサンプリング法に設定する項目がないので
(※EDIUS Pro 6.5などではどうなってるかは知りません)
クリップごとにいちいち設定しないといけないので面倒だなぁ~と思っていたんですが、
よく考えたら、レイアウターで「既定値として保存」として設定していれば、
クリップをタイムラインに配置しただけで自動で適用されるじゃな~いw。ヽ(´▽`)/
(頭悪いので気付くの遅いですよね~w)
※レイアウターはクリップをタイムラインに配置すると自動で適用されます。


先日の記事は ⇒ 「EDIUS レイアウターのリサンプリング法の違いによる画質比較



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<「既定値として保存」する方法>
既定値として保存」するには、
好きな設定にして、左下にある「既定値として保存」ボタンを押すだけです。
その横にある「初期化」ボタンは、設定を色々弄ってものを既定値として保存したものに戻すボタンなので、
インストールした当初の設定に戻すという意味ではなく、
既定値として保存した設定に戻すという意味合いですのでお間違いのないように。



WS000209.jpg



EDIUSをインストールした時の状態に戻すには、右上の方にあるプリセットタブを開き、
一番上にある「デフォルト」のボタンを押して「適用」を押すか、ダブルクリックして、
最後に、「既定値として保存」のボタンを押すと、インストールした当初の状態に戻ります。



WS000211.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リサンプリング法の変更のススメ!
冒頭にも記載しましたが、
Neo 3.5の既定のリサンプリング法は面積平均法(高速・シャープ)になっています。
このリサンプリング法で拡大すると、エイリアシング?が大きくなるのでEDIUSでも薦めていません
尚、リサンプリング法によって計算速度も異なるみたいなので、
画像品質と処理速度のバランスをみながら選択するといいんじゃないでしょうか。
因みに、自分は文字を使うことが多いので拡大してもシャープになるように
リサンプリング法を「Lanczos 3 - シャープ」にして、
ついでにストレットを幅フィットになるように「既定値として保存」してます。


ただ、このネタを書いてる途中でテストしてたら、
違うファイルだと適用されたりされなかったりします。
また、適用されないものにもう一度設定し直して「既定値として保存」すると
今度からは適用されたりします。
ブログに書く以上、適当なこともあまり書けないので色々と検証してたんですが、
それでも良く分かりません~。( ゚д゚)ポカーン


EDIUS NeoのバージョンはVer.3.55なんですが不具合なんでしょうかねぇ~、
それとも、自分の方法がなんか間違ってるでしょうか?
マニュアルを読んでも詳しくは書かれてないので分からないよーーーーーーーーーーーーっ。


このように曖昧なままに記事にしてしまったことに申し訳なく思ってますが、
公開したらいろんな方から知恵を授かることもあるでしょうから公開しました。



(o^-^o)

PCCOOLER S85 写真倉庫とレビュー動画

2013.10.17 (Thu)
超薄型のPCCOOLERというブランドのCPUクーラー S85 という
CPUクーラーのレビューしたついでに画像をウェブに公開しましたので興味がある方はご自由にどうぞ。



PCCOOLER S85




こちらはレビュー動画で、動作音だけの簡単なものです。




PCCOOLER S85 動作音



(o^-^o)

EDIUS 5度刻みに角度を変えた直線で円を作ってみた!

2013.10.16 (Wed)
クイックタイトラーで正確な角度の線を引けないかなぁと、
試行錯誤していたら見つけました~。ヽ(´▽`)/
すでに知ってた方も多数いると思いますが、
恥ずかしながらEDIUSを使い始めて約七ヶ月でようやく発見したので
ここで報告したいと思います~w。(ヘルプにも記載無かったと思います)

クイックタイトラーでは図形の角っこにある操作ハンドルをCtrlキーを押しながら操作すると回転できたり、
辺の中央にある操作ハンドルを操作すると辺の水平移動(辺のスライド)ができたりしますよね。
因みに、回転時にAltキーを押しながらだと対角の操作ハンドルを中心に回転しますし、
Ctrl + Shift + Alt の同時押しで対角の操作ハンドルを中心に15度ずつ回転できたりもします。
スライド時にも同じように使えますのでいろいろと試してみると面白いですよ。

話を元に戻しますが、
回転させる角度は細かく指定できないと思っていましたが、
回転させている時にウィンドウの一番下に「A:5」と表示されていて、
その数値は回転させた角度だったんですよ。



クイックタイトラー角度調整_R



ほんと、数日前まで気付きませんでした。(・_・)エッ....?
左回りで正(+)の回転で右回りが負(-)の回転になっていますし、
辺の移動については「S:34%」とかでパーセントで表示されていましたね。
「A」は多分、ANGLEの略だと思いますが、「S」はSLIDEのSかなぁ~w?



今回、発見した機能で「5度刻みに角度を変えた直線で円」の作り方動画を作ってみました。
オープニングの動きは結構、複雑そうな動きで作るのに時間が掛かりそうに見えますが、
コピペしてレイアウターでそれぞれに動きを付けただけですのでとても簡単にできます。




EDIUS 5度刻みに角度を変えた直線で円を作ってみた!




(o^-^o)

EDIUS レイアウターのリサンプリング法の違いによる画質比較

2013.10.14 (Mon)
レイアウターにリサンプリング法という設定項目がありますよね。



WS000189.jpg



最近まで、まったく理解してなかったので使ってなかった機能なんですが、
EDIUSWORLD.COMとなって、リサンプリング法についても情報が追加されたので
ようやくなんのことだか理解することができましたw。

リサンプリング法

リサンプリング法の詳細はリンク先を見てもらったほうがいいですが、
今回は拡大におけるリサンプリング法の違いによる画質の比較だけをしたいと思います。

サンプルとして利用したのが、
O(オー)」というクイックタイトラーで作ったタイトルです。
設定値は以下のような感じです。

サイズ  : 72px
フォント : Arial
カラー  : ホワイト
装 飾  : なし




リサンプリング法バイリニア法面積平均法Lanczos 2Lanczos 3の4つで比較しました。
バイキュービック法については省略しました。



Still1014_00000_R.jpg
(※画像をクリックして更にクリックするともっと拡大できます)



下記の動画は、先ほどのタイトルのストレッチを100%から2750%まで拡大した時の動画で
4分割のマルチ画面で見やすくしたもので、上の画像もこの動画からキャプチャしたものです。




EDIUS リサンプリング法の違いによる画質比較



EDIUS Neo 3.5では既定のリサンプリング法は面積平均法になっていて変更もできないみたいなんですが、
Proなら既定のリサンプリング法を変更できるのかも…。( ̄ー ̄)ニヤリ



WS000190.jpg



(o^-^o)

EDIUS 鏡面反射 タイトル編

2013.10.04 (Fri)

前回の「EDIUS 鏡面反射 映像クリップ編」の続きで、
今回はクイックタイトラーのみで作るタイトルの鏡面反射のやり方です。



鏡面反射タイトル



やり方はとても簡単で鏡面反射させたいタイトルをコピー&貼り付けして
塗りつぶしの色数を増やしてグラデーションを付けるだけです。
詳しくは動画をご覧下さい。




EDIUS 鏡面反射 タイトルクリップ編



動画では分かりやすいように1つのタイトルの中に反射する方のタイトルまで作ってますが、
別々のタイトルにすれば色んな効果や動きを付けられるのでこれとは違った表現が出来ると思いますし、
また、グラデーションも色数を増やしたりして工夫すればもっと面白くなると思います。

あと、同じようなことが前回の「EDIUS 鏡面反射 映像クリップ編」でもできるので
使い分けについて考えてたんですがよく分からないですねw。
好みに合わせて使い分けてください。



(o^-^o)

EDIUS 鏡面反射 映像クリップ編

2013.10.02 (Wed)
鏡面反射については以前、
チューブの使い方でちょこっとやりましたが一からハウツー動画を作ってみました。
詳細な作り方は動画を見て頂くとして、ちょろっとだけ簡単な説明を。
まず、鏡面反射させたい映像クリップをレイアウターで大きさや動きなどを設定します。



WS0106.jpg



そのクリップをコピーして別のトラックの同じ時間に並べます。



WS0104.jpg



そしてビデオフィルターのミラーを適用して詳細設定で上下反転に設定します。



WS0107.jpg



最後にマスクで不透明度やソフトエッジを掛けることでいい感じにボケさせます。



WS0102.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ハウツー動画>
動画の内容も同じような感じなんですが、
実際に作ってるところを録画して編集したものなので
文章よりは分かりやすいと思います。




EDIUS 鏡面反射 映像クリップ編 【ミラー】&【マスク】



今回の動画ではミラーを適用して上下反転するだけで元のクリップの真下に配置されるようにしてますが
クリップに傾きなどを付けているとその傾きまで反転するので
回転角度の反転と位置の微調整が必要になったりして少し調整が難しくなります。

あと、完成した動画をレイアウターで傾けたり、GPUトランジションで回転させたりする場合には
ネストシーケンスすると1つの動画クリップとして扱えるので操作がやりやすいですね。

最後に「映像クリップ編」とあるのでお気付きの方もいると思いますが、
次回はクイックタイトラーだけで簡単にできるタイトルの鏡面反射について紹介する予定で~すw。



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。