Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

発光するタイトル の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIUS 文字の形に発光するタイトル 発光トランジション編

2014.01.14 (Tue)
EDIUS 文字の形に発光するタイトルの作りかた」で作ったタイトルを参考に、
発光してタイトルが入れ替わるトランジションを作ってみました。
(実は、これがしたくて色々と試作してました~w)




EDIUS 発光トランジション (Orange→Green)



クリップを重ねると発光の具合が変わったりするので同一シーケンスでは作れませんので、
徐々に発光するタイトルと瞬間的に発光するタイトルを別々のシーケンスで作り、
更に別のシーケンスにネストシーケンスしてひとつにまとめて作ります。
あと、前回に配布したプロジェクトを修正しながら説明していくと、
分けわかんなくなってくるのと発光の仕組みが何となく分かってきたので一から説明していきます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<徐々に発光するタイトル>

徐々にとは言ってもあまりゆっくり発光すると、
トランジションとしては使いにくいので10フレームかけて発光するようなものを作ります。

「grass valley EDIUS Neo 3.5」というオレンジ色で装飾の無いタイトルを作り、1Vに配置します。
尚、色を変えたり、装飾なども付けても問題なく発光するみたいなので色々と試してみるといいかもです…。
あと、動画内のグラスバレーのロゴはクイックタイトラーのイメージの中にあります。
無い場合は下記アドレスを探してみて下さい。

C:\Program Files (x86)\Grass Valley\EDIUS 6.5\QuickTitlerStyle\Template\temp_01.png
(※EDIUS Neo 3.5の場合)



Image 087
※クリックすると拡大します。



作ったタイトルクリップを1Vトラックに配置しデュレーションを3秒に設定。
ブレンドフィルターを適用し、左のフィルターにブラー(半径20)に設定し、
キーフレームを有効にして右下がりのラインにする。



Image 082
※クリックすると拡大します。



また今回は、発光するところだけブラーを掛かるようにするためにクリップを分割します。
[00:00:02;20]地点でカットして、カットした左側のクリップのブレンドフィルターを削除(無効)します。
キーフレームの形を右下がりにしてないと、
ブラーの掛かったタイトルと掛かってないタイトルの繋がりが不自然になります。

このタイトルクリップを分割する方法のほかに、
ブレンドフィルターのキーフレームの形状を下図のようにしても出来ます。
キーフレームのところにある赤い縦線はタイムラインカーソルとリンクしてるので
カーソルの位置をディゾルブの開始時点に合わせておくとキーフレームの形を変える地点が分かりやすいです。



Image 088
※クリックすると拡大します。



何も無いタイトルを作り(コピーでも可)、2V~5Vに配置しデュレーションを3秒に設定し、
それらの4つのクリップを選択した状態でディゾルブをドラッグ&ドロップで
クリップの後側にディゾルブ一括適用し、デュレーションを10フレームに設定。
最後に「この範囲をレンダリング」したらこのシーケンスでの作業は終わりです。




Image 080



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<瞬間的に発光するタイトル>

新しいシーケンスを追加して、「grass valley EDIUS Pro 7」というグリーン色のタイトルを作り、
1Vトラックに配置しデュレーションを3秒に設定。
ブレンドフィルターを適用し、左のフィルターにブラー(半径20)に設定し、
キーフレームを有効にして右上がりのラインにする。



Image 085
※クリックすると拡大します。



先ほどと同じように発光するところだけブラーを掛かるようにするためにクリップを分割します。
[00:00:01;00]地点でカットして、カットした右側のクリップのブレンドフィルターを削除(無効)します。
また、前述のクリップをカットしない方法の場合は、下記のような形にします。



Image 091



また、何も無いタイトルを作り(コピーでも可)、2V~5Vに配置しデュレーションを3秒に設定し、
先ほどと同じようにクリップの前側にディゾルブを一括適用し、デュレーションを1秒に設定。
最後に「この範囲をレンダリング」すると発光するようになります。



Image 086



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<瞬間 + 徐々に>

またまた、新しいシーケンスを作ります。
そこに作った2つのシーケンスを下図のように配置します。
二つのクリップの重なる部分は1フレームに設定します。



Image 077



重なった部分にディゾルブを設定して、デュレーションを1フレームに設定。
または、ミキサーを有効にしてラバーバンドで調整してもいいです。



Image 076



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<発光タイトルのまとめ>

発光のコツは、ブレンドフィルターにブラー(高品位ブラー)を設定し、
半径を10程度以上に設定すれば取り敢えずは発光します。
発光の明るさは、キーフレームの位置とトランジョンを重ねる個数に依存するみたいで、
キーフレームの位置が上にあるほど暗くて、下にあるほど明るいです。
なのでキーフレームの形状を一定(水平)にすれば、明るさは変わらない筈ですが、
トランジションの影響で明るくなったり暗くなったりもします。

また、効果を確認するためには必ずレンダリングが必要で、
ファイル出力する前にレンダリングしているものとしていないものとでは出力される映像が異なります。

あと、空のタイトルに設定するトランジョンの種類は、実はディゾルブでなくても出来ます。(・_・)エッ....?
トランジションを別のものにすると下のサンプル動画のように残像のような重なりが出来たりして
一風変わったトランジション効果が出来たりしますのでいろいろとお試し下さい。




EDIUS 発光テクニックを利用したトランジションのサンプル



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<プロジェクトのダウンロード>

ファイルの中身は、今回のプロジェクトファイルに加えて、
上にあるサンプルトランジションもシーケンスに分けて入ってます。
尚、これらのシーケンスはすべてレンダリングしないと効果が現れないのでご注意下さい。


ファイル名 : flash_transition.zip
ファイルサイズ : 314.12 KB

ダウンロードボタン(edius ver.)背景なし



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



ここ数日、同じようなネタを書いたきたのでこんがらかってます~w。
そんな感じなので内容が重複したり、間違ったところなどがあるかも知れませんがご勘弁を…。



(o^-^o)
スポンサーサイト

EDIUS 文字の形に発光するタイトル 発光固定編

2014.01.12 (Sun)
今回は、「EDIUS 文字の形に発光するタイトルの作りかた」の続きで
発光した状態で固定する設定の紹介です。



<発光を固定する設定>

前回配布したプロジェクトを開いて、
1Vのクリップを上位にあるクリップと同じデュレーション(長さ)3秒に設定し、
前後に設定しているディゾブルを削除します。
尚、1Vのクリップを縮めるとギャップ(空き部分)ができるので削除しておいて下さい。



Image 067



1Vクリップにインフォメーションパレットのブレンドフィルターのどちらかひとつを削除(無効)します。



発光タイトル固定インフォメーションパレット



削除(無効)してない方のブレンドフィルターの設定を開き、ブラーの設定値は20にします。
キーフレームを無効にするか、または、キーフレームの形状を図のように一定(水平)な直線に設定します。

キーフレームの位置は上に行くにつれ発光が暗くなり、下に行くにつれ明るくなる傾向があります。
なのでもっと明るく発光させたい時には、キーフレームを中央より下に設定します。
尚、キーフレームを無効にした時の明るさと下図のようなラインが同じような明るさになるみたいです。



発光タイトル固定ブレンドフィルター設定値



2Vにあるクリップのディゾルブの設定を行ないます。
デュレーションをクリップ一杯(1秒→3秒)まで伸ばします。
設定画面でキーフレームのチェックを外して無効にし、進行度を10%に設定します。

このほかにキーフレームを無効にしない方法としては、
タイムラインカーソルを100%(右端)に移動させて、そこで進行度を10%に設定します。
そして、そのキーフレームを0%(左端)に移動させると移動させたキーフレームが設定されます。



発光タイトル固定_ディゾルブ設定値



設定したディゾルブを2V~5Vにあるクリップにコピーしたら
最後にこの範囲をレンダリングすれば完成です。← ここ重要 (これをしないと発光しません)

ポイントは、ブレンドフィルターのキーフレームを一定にすることと、
ディゾルブの進行度を一定にすることです。



<ミキサー部のコピー>
ディゾルブなどのミキサー部のコピーは、直接ミキサー部のディゾルブをドラッグ&ドロップで出来ますし、
インフォメーションパレットからもドラッグ&ドロップできます。
また、クリップをコピーして、置き換え→ミキサーでもコピーできますし、
プリセットとして保存すれば、そちらから一括設定することが出来ますので、
設定するクリップが多い場合は、この方法のほうが効率がいいです。

尚、インフォメーションパレットはブルーの枠で囲まれているクリップのものが表示されているので
インフォメーションパレットからドラッグ&ドロップする場合は、
青い枠で囲まれていることを確認してから行なって下さい。



Image 070



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<キャプチャできない!?>

動きを固定するならキャプチャして取り込めば良いじゃんとお思いの方の多いと思いますが、
キャプチャするとアルファチャンネルが無くなり使い難くなります。
また、この発光するタイトルの特異なところとして、
レンダリングしないと発光しないところのほかに、
タイトル文字をEDIUSの機能の「現在位置のフレームをビンへ追加」でキャプチャすると
下図のようになり何故かきれいにキャプチャすることは出来ません。(つд⊂)エーン



キャプチャ失敗
※クリックで拡大します。



保存形式や設定をいろいろと弄ってみましたが駄目みたいなので
下記のが像はPicPick ver.3.2.6(フリー版)というキャプチャソフトで撮影してます。
尚、ネストシーケンスすればEDIUSでもキャプチャできました。



外部ソフトでキャプチャ
※クリックで拡大します。



(o^-^o)

EDIUS 文字の形に発光するタイトル 作り方編

2014.01.11 (Sat)
今回のEDIUSネタは先日の記載したブラーの記事、
EDIUS Vトラックで使える徐々に変化するブラーの作りかた」を作ってる時に発見したもので
文字や図形の形状通りに発光するタイトルの作りかたです。

下記動画はそのサンプル動画になります。




EDIUS 文字や図形の形状通りに発光するタイトル



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<文字の形に輝くタイトルの作りかた>

白色で装飾のない5秒の適当なタイトルを作り、タイムラインの1Vトラックに配置します。
そのクリップに「EDIUS Vトラックで使える徐々に変化するブラーの作りかた」で作ったプリセットを適用します。
ディゾルブは付けても付けなくても結構です。



Image 058



新規にクイックタイトラーを起動して、何も文字などを入力せずに保存します。
これで何も無いタイトルが出来ます。

余談ですが、クリックタイトラーで作ったタイトルを再編集する時に上書き保存すると
「元に戻す(Ctrl + Z)」では元に戻せなくなるので別名保存をおススメしますね。
この方法だとファイル数が多くなってしまいますがもし間違ってもすぐに元に戻せます。


この何も無いタイトルクリップをタイムラインの2Vトラックの2秒地点配置し、
デュレーションを3秒にします。(※既定で3秒になるように設定している場合は必要ないです)
更に、トランジションに2Dのディゾルブをクリップの前側に設定し、デュレーションを1秒に設定します。
このタイトルクリップをコピーして、下図のように3V~5Vに貼り付けます。



Image 056



ここまで完成したものを一度再生させて下さい。
トラックが重なった部分のタイムラインスケールの上部が赤くなってると思いますが、
サンプル動画のように発光はしてないと思います。



Image 057



その赤い範囲を「この範囲をレンダリング」または、
In/OUt点を設定して「In/Out点間のレンダリング」を行ないます。
レンダリングしたら、又、再生させて下さい。
すると、先ほどは発光してなかったのに今度は文字の形に発光してると思います。


発光の具合は、ブレンドフィルターの設定によってかなり変わってきますし、
空タイトルクリップを更に重ねると明るさが増したりしますが、
あまり重ね過ぎると地図の等高線のような模様になったりもします。
あと、ディゾルブの長さで発光の長さを調整できたりします。
まぁ~、書いてる自分も良く分かってないのでいろいろと試してみてください。(o^-^o)

次回は、発光を固定する方法を紹介する予定です。



<補足>
レンダリングせずに出力した時に、効果が反映されてないことがあるみたいです。
なのでファイル出力しても発光の効果が現れない場合は
一度、この範囲をレンダリングなどをして発光していることを確認してから出力して下さい。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<プロジェクトのダウンロード>

ファイル名 : flash_title.zip
ファイルサイズ : 34.07 KB

ダウンロードボタン(edius ver.)背景なし

Dropboxのサーバーエラーでダウンロードできないことがあるみたいです。
そんな時は、暫く待ってからダウンロードしてみて下さい。



ダウンロードしたら下記の「拍手ボタン」を押して頂けると
やる気とダウンロード数の把握が出ますのでぜひとも押して下さい。
このボタンは単なるクリックした数がカウントされるだけの単純なボタンで、
誰が押したかなどは一切に分からないですし、
へんな所にリンクなどされていませんのでご安心を!(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。