Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

プログレスバー の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIUS Windows 8のプログレスバーを作ってみた!

2013.06.07 (Fri)

今回はEDIUS Neo 3.5のみの機能で下記のようなWindows8のプログレスバー(進捗バー)を作ってみました。


プログレスバーwin8※この画像は本物です。



作ろうとと思ったきっかけは先日、
Iron Flat(動画の師匠です)さんの作った玄人志向 RH7850-E2GHD/DP
レビュー動画の冒頭にシーンにグラサン男がキラリーンと光るシーンがあるんですが、
そのシーンに使われていたGPUトランジションのひとつであるトランスフォームのライトムーブという機能を
使ったことが無かったので練習がてらに何かに使おうと思っていた時に、ちょうど、
Windows8のプログレスバーがキラリーンと光っているのを見て"これだ!"と思い立ち製作を開始しました。


外観はすべてクイックタイトラーで作り、
色の再現は先日の紹介したカラーピッカーで行いました。


プロジェクトの内容は3つのシーケンスで出来ています。
それでれを説明すると以下のようになります。


<シーケンス3>

パーセンテージの数字表示のみのシーケンスでタイトラーで100個のタイトルを作って
元動画となるべく同じになるようにタイミングを合わせました。
2Vはテキストの色がブラックのために見えないので見えるようにしたカラーマットで
1Vはパーセンテージの動きを確認するためのオリジナルのプログレスバーの動画です。

100個もタイトル作ると大変そうみたいですが、
コピペで数字のみを書き直しただけなので1時間程度の作業でした。

裏話を言うと、
先日購入したばかりのゲーミングマウス Logicool G300rのお蔭が大きかったですね~w。
このマウスはカスタマイズ可能なボタンが9個も付いているのでEDIUSで編集しやすいように設定しました。
実は、これの機能を試してみたくてこのような煩雑な作業を敢えて行ったというところもありましたw。


プログレスバーシーケンス3




<シーケンス2>

シーケンス3を取り込んでプログレスバーを作成したシーケンスです。
シーケンス3を2か所に配置し、4Vの白のカラーマットは緑のプログレスバーの上に配置している白いラインで、
マスクフィルターで動いていてるように見せています。

最初はマスクのアンカーは中心に置いて作っていたんですが、
両サイドから縮まってきて、うまい具合に片方だけに進行しているようにできなかったので
アンカーを右端に移動させたらうまい具合にできるようになりました。


プログレスバーシーケンス2


3Vは緑のプログレスバーでトランスフォームのライトムーブを設定してます。
キーフレームはたくさんありますが、実は3種類しかありません。
始点[00:00:00.00]、2秒地点[00:00:02.00]、2秒1フレーム地点[00:00:02.01]のみを作成します。

左から右に光のラインが何度も流れるようにするには
2秒で左から右に動いたライトの動きを[00:00:02.01]の1フレームで元の位置に戻すように設定します。
この時、2秒の所のハイライトのキーフレームを固定に設定して、
数値を0にして右から左に移動するライトが光らないようにします。
あとは、この2点のキーフレームを一緒の選択してコピーして2秒間隔で貼り付けます。
尚、2Vトラックにあるプログレスバーウィンドウはタイトラーで作ったウィンドウの外観で1Vはサンプル動画です。


プログレスバー始点の設定値
プログレスバー始点キーフレーム


プログレスバー2秒の地点の設定値
プログレスバー2の倍数地点のキーフレーム


プログレスバー2秒1フレーム地点の設定値
プログレスバー2-1秒地点のキーフレーム


上の画像のタイムラインバーがあるところを拡大するとこんな感じになってます。
この2点のキーフレームをコピーして貼り付けました。

プログレスバーキーフレーム詳細




<シーケンス1>


最終的に動画として公開するためにまとめたシーケンスなので
プログレスバーを作るには必要のないパーツですが一応記載しておきます。

3Vから6Vトラックまではすべてタイトルで、
一番下のプログレスバーはオリジナルのプログレスバーの動画です。


プログレスバーシーケンス1



下記が完成した動画になります。






スポンサーサイト
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。