Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

チップクーラー の記事一覧

【PC】 チップセットの冷却ファンを交換しました~

2015.06.20 (Sat)
メイン機のマザーボード BIOSTAR TZ77XE4 のチップセットは何も対策をしてないと
直ぐに50℃を超えてくるのでGELID SILENT4(4cm)をヒートシンクにネジ止め(二ヶ所)して
フル回転ではちょっと耳障りだったのでファンコンに繋いで低回転でずっと運用してました。


[関連記事]
チップクーラーとファン隠しと、時々、めん棒?!
GELID Silent4のレビュー



R0021528_R.jpg
以前の状態



ところが最近になって、
低回転時の低電圧の状態からは回転し始めなくなったので仕方なくフル回転で使用してたんですが、
結構五月蝿いので静かなファンはないかなぁ~と色々と探してたら、
SCYTHE MINI-Kaze SY124010L という4cm(1cm厚)ファンがSILENT4の18.9dBAより
5.0dBAほど静かで評判も良さげだったので買ってみました。



R0021514_R.jpg
パッケージ



R0021516_R.jpg
2Way使用ということで変換ケーブルが付属してます。



R0021522_R.jpg
排気側



R0021519_R.jpg
変換ケーブルを付けても長さは20センチほど



R0021520_R.jpg
ネジ穴径は約 5 ミリ



R0021524_R.jpg
シールを剥がせば基板が見えるので断線時にも対応可能



R0021538_R.jpg
ピン(XHコネクタ)を外してスリーブ化!



R0021541_R.jpg
ピンを付けたままではスリーブ化が難しかったので一旦ケーブルを切断し、
スリーブを通したあとで新しいピンに付け替えました。



R0021540_R.jpg
スリーブには CABLE SLEEVE DELUXE - OD 1/16" Black を使用



R0021530_R.jpg
ヒートシンクにネジで固定するにはピッタリのネジがなかったので
両面テープを付けたアルミ板を噛ませてその辺にあるネジで代用しました。



R0021532_R.jpg
ただ、アルミを噛ませてネジを回すとアルミ板がネジの回転と一緒に左の方に送られて外れてしまうので
色々と試行錯誤した結果、右側を曲げてやったらいい感じに固定できました。ヽ(´▽`)/



R0021543_R.jpg
敢えて2点止めにした理由は風を逃げやすくするためですね。
※ねずみ色のケーブルは温度センサーです。




■総評
低回転の設定で電源投入しても回転するようになりましたし、
フル回転でも耳障りな音がしなくなって大満足です。
あとは耐久性が気になるところですね。









(o^-^o)
スポンサーサイト

チップクーラーとファン隠しと、時々、めん棒?!

2013.09.03 (Tue)
良いのが浮かばなかったので変なタイトルになりましたw。

今回も自作PCネタなんですが、
チップセットが熱いのでアルミ製のカバーを外して、
(NBRIDGE 2) の4x4x1cmサイズのファンを取り付けました。

マザーボード(BIOSTAR TZ77XE4)についてのレビュー ⇒ コチラ


R0015569_R_20130903170715da6.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<カバーを剥がせ!>
チップクーラーを取り付けるに当たり障害となっていたのが
チップセットに貼られたアルミ製のカバーです。
シールで張られるような感触だったんで手で剥がそうと試みましたが、
なんかヒートシンクまで取れそうな感じで躊躇してたんです。
ところがフッと”テコの原理でイケるんじゃない”と思い立ち、
割りばしをちょうどいい感じに削ってやってみたら
思いのほか簡単に剥がれましたw。(・_・)エッ....?

裏側には厚めで粘着力が強い両面テープが貼られており、
そのテープの跡をキレイに剥がすのにガムテープを使って30分ほど格闘しましたw。



BIOSTAR TZ77XE4_R



<めん棒の登場!>
ついでに掃除もしとこうと、
めん棒にマジックリンを付けてヒートシンクの隙間にめん棒で差し込もうとすると
”アラッ、入らない”、数十秒考えてペンチで先を潰せばいいじゃないっと
ラジオペンチで先っちょを潰してやったら
今度はスッポリと隙間に収まり、楽々お掃除w!ヽ(´▽`)/



BIOSTAR TZ77XE41t_R
(左下のめん棒は潰れてないように見えますが潰れてますw)




ネジがシートシンクまで届かなくて、
ファンのネジ穴をホビールーターで5mmほど掘り下げて無事に取り付け完了!
ネジが2本なのはちょうど良いのが2本しかなかったからですw。
これだけでもファンの固定には問題ないみたいです。
あと、ネジは直接ヒートシンクに取り付けるので
風の流れを妨げないようにすることも少し考慮して最小限の2本にしてます。



R0015986_R.jpg



<ファン隠し!>
これだけだとネタとしては弱いのでカバーでファン隠しを作ってみました。
ダイソーで210円で買ったアクリルパネル(2mm)を
先日紹介した半田コテのコテ先とネジを取り外して、
電熱線が入ってる所に当たるか当たらないかのギリギリの超至近距離に置いて
30秒ほど暖めやるとフニャっと柔らかくなって曲げることができます。

また、アクリルの先に付いてる黒いものはマジックシートで
カバーにも鉄板を付けて簡単に着脱できるようにしました。



BIOSTAR TZ77XE42_R



正面から見ると変わってないように見えるところが気に入ってますね。
また、ファンの回転数はファンコントローラーScythe SIX EYES Black RFC-01BK で制御してます。

下記の画像は分かりやすいように2枚の画像を使ってGIFアニメを作ってみました。
尚、GIFアニメは コチラ で作りました。





チップセットアニメ4



追記 2015/06/20
五月蝿かったので翌月(2013年10月)にはGELID SILENT4(4cm)に変更しました。



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る