Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

マザーボード の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIOSTAR TZ77XE4のBIOSアップデートしてみた!

2016.11.19 (Sat)
■USBポートがおかしい?!
メイン機がなんかおかしいです。
事の発端はNZXT H440 のフロンパネルのUSB 2.0に接続した、
外付けBDドライブが認識されなくなったことなんですが、
ただ、まったく認識されないのではなく、OSの起動時には認識されていて
いつの間にエクスプローラーから消えているというような感じです。

USB2.0ポートの不良を考慮してフロンパネルのUSB3.0 に接続してみたんですが状況変わらず、
マザーボードに直付けされているUSB2.0ポートに接続すると問題なく使えました。(・_・)エッ....?
ちょっと挙動はおかしいところもあることはあるんですが、
突然、認識しなくなるということなくなったので取り敢えず、
地デジ番組のコピー(ムーヴ)は滞りなくできるようにはなりました。

そんな感じだったので最初はフロントパネルの基板が壊れたのかとも思ったんですが、
フロントパネルのポートを通さずに接続しても状況は改善しなかったので、
どうもフロントパネルの不具合でもないようなんですよね。ε- (´ー`*)フッ




■地デジチューナーが認識されなくなる?!

そんな感じだったのでBDドライブはバックパネルのUSBポートに挿して使ってたんですが、
今度は地デジチューナーで録画していた番組が視聴できなりました。

地デジチューナーはGV-MVP/HX2とGV-MVP/HS2を使用しているんですが、
GV-MVP/HS2で録画したデータが見れなくなったのでいろいろと調べたら、
視聴できない時にはデバイスマネージャからGV-MVP/HS2の項目が無くなっていました。


BIOSTAR TZ77XE4のBIOSアップデート


また、地デジソフトにある「デバイス」の項目では「使用不可」となっていました。


BIOSTAR TZ77XE4のBIOSアップデート


この地デジチューナーは認識されていないとリアルタイムでの視聴はもちろん、
録画番組の視聴もできませんし、録画もできなくなります。
視聴だけならOSを再起動すると解消するのでまだいいんですが
予約が重なっていると認識されていないと録画をミスることになります。

この現象はOSを起動した時に認識から外れるのかと思ってましたが、
スリープからの復帰でもデバイスマネージャからGV-MVP/HS2の項目が無くなってました。

あと、スリープからの復帰や予約録画後にスリープにすると
信頼性モニターにmAgicマネージャ Digitalが「動作を停止しました」として記録されます。
この現象で特に録画エラーになることもないんですがなんか気持ち悪いです。


20161118019.jpg




■QSVが効かない?!
TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)でQSVを使ったレンダリングをすると
Intel Media SDK Hardwareを使用している筈なのに
レンダリングに要する時間が動画の長さと同じくらいに掛かるようになりました。


20161115019.jpg


デバイスマネージャーではちゃんとIntel HD Graphics 3000とQuadro2000が認識されています。


20161115022.jpg


因みにTVMW5の出力設定は以下のような感じです。


20161115015.jpg


また、CPU負荷は正常にQSVが機能していた時と同じように
20%前後でQSVが効いている感じのCPU使用率でした。


20161115017.jpg




■BIOSアップデートしてみた!
そんな感じでいろいろとおかしなことが立て続けて起きたんですが、
原因を探っても分からないのでBIOSでも更新してみようかとメーカーサイトを訪れたら
最新バージョン Z77CF822.BSTの説明に「Fix USB KB and mouse in BIOS problem」とあり、
意味はよく分かりませんがUSBがらみの問題が解消するみたいみたいなことが
書かれていたので藁にもすがる思いでアップデートしてみました。

可能であればやりたくない作業なので購入してから一度もやってなかった筈なので
2012-04-12に更新された「Z77CF214.BST」から「Z77CF822.BST」へアップデートです。

下の動画はUSBメモリを使った、BIOSTAR TZ77XE4のBIOSのアップデートの様子です。

BIOSTAR製品、F12キー(BIOS-FLASHER)でFlashメモリからBIOSを更新する方法
http://www.aiuto-jp.co.jp/support/faq_75.php







■アップデート結果
アップデートの結果ですが変化なしでした。Σ(゚д゚lll)ガーン
今はだましだまし使えている状態なので急いで買い換える必要はないですが、
マザーを変えるとCPUももちろん購入しなければならないですし、
あと、もれなくDDR4のメモリまで購入しなければならなくなるので厳しいっすね。('A`)

来年早々にCPU(Kaby Lake)が出るみたいですし、
それに伴い、Core i7 6700 や対応マザーの価格下落を待つか、
次世代の Core i7 7700 も7が三つ揃ってなんか縁起よさそうなので興味津々です。( ̄ー ̄)ニヤリ
来年は年始からCPUの価格動向にも目が離せませんねぇ~w。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

【PC】 AM1(FS1b)ソケットにリテールクーラーを取り付けてみた!

2015.12.19 (Sat)
ASRock AM1B-ITX は不具合があったので交換してもらいました。
その辺のことは「【PC】 AMD Athlon 5150 と ASRock AM1B-ITX 買ってみたが…」に書いています。

ところでネットではAM1付属のリテール(純正)のCPUクーラーが取り付けにくいという
コメントをよく拝見していたのでどんなものか気になってたんですが
ちゃんと構造を理解していればまったく難しいことはありませんでした。

インテルのリテールクーラーは4ヵ所をプッシュピンで固定するタイプもので
取り付け方法を簡単に説明するとピンを下に押しながら回して固定する感じですね。
一方、AM1(FS1b)のリテールクーラーは2ヵ所のプッシュピンを下に押し込むだけです。
インテルのと比べると大きさもかなり小さめですし、
2点留めなので個人的にインテルのより簡単に感じました。

CPUクーラーの比較画像もCore i7 2600Kの箱とともに載せておきますw。


AM1 AM1B-ITX CPU AMD ASRock


左が AMD Athlon 5150 Kabini に付属していたリテールクーラーで、
右がインテル(Core i5-2500K付属)のリテールクーラーです。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


Athlon 5150 のリテールクーラーを取り付ける ASRock のマザーボード AM1B-ITX の全景です。
ご覧の通り、CPUを取り付ける穴が二ヶ所しかありません。


AM1 AM1B-ITX CPU AMD ASRock


AM1(FS1b) CPU ソケット。


AM1 AM1B-ITX CPU AMD ASRock


ネジ穴のピッチはおおよそ 84 ミリ、ネジ穴径は6 ミリ と言ったところです。


AM1 AM1B-ITX CPU AMD ASRock





■AM1リテールクーラー
AM1リテールクーラーの簡単なレビューをしておきます…。
まずは AMD Athlon 5150 Kabini 付属品です。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini


シールは仕様書に貼られてました。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


グリスは塗られてますがビニールなどで保護されてないので
ピンを取り付ける前に下向きに置くと床などにグリスが付着するのでご注意を。
横にある黒いのが取付用のピンです。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


裏面に爪楊枝を挿せる穴があるので…。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


こんな感じにしておくといいかも…w。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


付属ファンは3 ピンタイプのものでファンのサイズは約 5 センチ、厚みは約 16 ミリ ほどありました。
また、ケーブルの長さは 20 センチほどでした。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini


ヒートシンク(高さ 約 22 ミリ)とファンを取り付けた状態での高さは約 39.5 ミリです。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini


ピン取付部内径 約 6 ミリ。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini


ピン取付部外径 約 9 ミリ。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


ファンを取り外してみました。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


取り付けられていたファンの規格は以下のような感じです。
FOXCONN DC Brushless Fan PVA050E12L DC12V 0.16A


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


このファンには約 1.5 ミリ ほどの足みたいなものが付いているため、
ヒートシンクと間にちょっと隙間ができるようになっています。
おそらく、この隙間を無くすと吸い込む風量と吐き出す風量の均衡が保てずに結果的に
ファンに負荷が掛かるためにこのように風を逃がすような構造になっているではないかと思います。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


CPUクーラーに関するレビューはこんな感じですね。




■ピンの構造
こちらの画像がCPUクーラーを固定するピンです。
尚、名称がないと説明しにくいので傘(頭部)が大きい方がきのこに似てるので「キノコ」、
傘が小さくて細い方をエノキダケに似てるので「エノキ」と呼ぶことにしますw。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


「キノコ」に切り込みがある方がシートシンクの向きに取り付けます。
逆にすると物理的に取り付けられないようになっているので間違いようがないと思います。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


目印がある方もシートシンクの向きに取り付けますがこちらも一定の向きにしか
挿らないようになっているのでこの向きを特に意識する必要はありません。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


「キノコ」の中心部に空洞があるのでそこに「エノキ」を挿すと、
赤丸で囲んだ「エノキ」の突起物と「キノコ」のヘッコミがパチッと噛み合います。
(文章だけ読むと何の説明をしているだろう~w)


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー


キノコとエノキが合体するとエノキの下部にある切り込み部分が広がり、
マザーボードの穴から抜けなくなるという至って簡単な構造です。


AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー





■マザーボードに取り付け
キノコをマザーボードに挿し込み、そのままキープして中のエノキをパチッとということまで差し込みます。
この時、ヒートシンクのもう一方が浮いてくるのでそうならないように押さえてつつ、
もう一方も同様な感じでパチッと言うところまで差し込みます。
ただ、10回以上取り付けと取り外しを繰り返してたら片方からパチッという
気持ちいい音がしなくなったので耐久性に問題があるかもです…。

尚、ふたつのピンを両方一緒に差し込むとマザーボードに
かなりテンションが掛かるので止めた方がいいと思います。
取扱説明書にも片方ずつやるように記載されています。
一応動画に撮影したので良かったら見てください。



AM1 AM1B-ITX CPU ASRock AMD Athlon 5150 Kabini 取付 クーラー








(o^-^o)

【PC】 AMD Athlon 5150 と ASRock AM1B-ITX 買ってみたが…

2015.12.14 (Mon)
リビングに配置していた3号機はほとんど使わなかったので解体して処分したんですが、
色々と状況が変化してまた使いたくなったのでリビング用にHTPCを作成することにしました。

以前の3号機の構成はたぶん以下のような構成でしたが、
いくつかのパーツは処分したのでいま手元に残っていて使ってないパーツは以下のような感じです。

・メモリ 4枚 (2 GB x 4 枚 = 8 GB)
・電源 3個 (すべてATX)
・SSD 1個 (64GB)
以前の3号機の構成
CPUIntel core i3 2100 [3.1GHz] → 処分
MotherBoardASUS P8H67-I PRO → 処分
SSDCrucial M4 CT064M4SSD2 [64GB]
HDD(Data)Western Digital WD20EARX [2TB]
MemoryCFD W3N1333Q-2G [2GB×2]
CPU CoolerPCCOOLER S85
CaseASKTECK NT-TX1000BK → 処分
PSUAbee AC130-AP02AA → 処分
OSWindows 8.1 Pro with Media Center [64bit] → サブ機で使用中

最新のPC構成は こちら
http://ediusmaster.web.fc2.com/about_02_pc_spec.html


Windows10 のサブ機はまったく使っていないので
リビング用にケース(シルバーストーン SST-ML04B)を新調して
サブ機の中身だけを移植するか、または最近、Chromium OS に興味が出てきたので
AMD Athlon 5350 Kabini と ASRockのマザーボード AM1B-ITX 辺りを買い、
ケースは古いFMVか、マウスコンピューターのヤツで我慢するかを考えた末に
タイトル通り、AMD CPU Athlon 5150 と ASRockのマザーボード AM1B-ITX を買いました。
CPUは5350から1ランク下げて差額でコマゴマとした工具(※1)を買いましたw。
※1 下部に購入した製品のリンクを貼ってます (レビューもしてますw)


AM1B-ITX





■不具合3連発
ここまでは数日前に下書きしていた分で、
ここからは製品の細かいレビューをするつもりでしたが、
マザーボードに不具合のオンパレードがあったので本日、
アマゾンで返品手続きをしました。
まずはマザーボードの全景をパシャ!


AM1B-ITX


まずは軽いところからひとつ紹介すると、基板にグリル跡が赤丸で囲んだ2ヶ所に付着してました。
これくらいならまだ拭けばいいんですがこの時点でちょっと嫌な予感がしましたねw。


AM1B-ITX


次にCHA_FAN1のピンもひん曲がってましたぁ~。(ノ∀`)アチャー
この程度なら簡単に直せるのでここまでなら許容範囲で返品はしなかったと思います。


AM1B-ITX


トドメはマザーが歪んでましたぁ~。(・_・)エッ....?
まずはPCIスロットが下に見えているので縦のラインの歪みです。


AM1B-ITX


ちょっと引いた角度からパシャ!
どうみても歪んでますよね。


AM1B-ITX


斜めのラインがかなりひどい歪みです。
ハンダ付けの跡があるので正確な歪みではないですが定規を当てたら端が5ミリほど浮いてました。


AM1B-ITX


AM1B-ITX


長いATXならまだしもちっちゃな mini-ITX ってこれだけ歪んでいるってちょっと嫌だし、
CHA_FAN1のピンの件、グリスの件と3つ合わせて返品確定です。
暮れの忙しい時期に返品とか予定が狂ってマジ勘弁してほしいところですが、
あとで不具合くらうよりは早い段階で処理してた方が簡単なので仕方ないですよね。┐(´д`)┌ヤレヤレ







(o^-^o)

BIOSTAR TZ77XE4 画像倉庫

2013.08.09 (Fri)
昨日、BIOSTAR TZ77XE4のレビューをconeco.netに投稿しました。

BIOSTAR TZ77XE4のレビューページ

その時の画像を撮り過ぎたので先程、ここで公開したんですが、
枚数が70枚と多過ぎてとても重たかったのでPicasaウェブアルバムに保存してリンクを貼りました。
コチラのアルバムにはBIOS画像も追加したので150枚ほどになりましたw。
興味がある方はご自由にご覧ください。(o^-^o)


BIOSTAR TZ77XE4

※ 画像をクリックするとアルバムが開きます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この動画はBIOSTAR TZ77XE4レビュー用に作った動画です。




<BIOSTAR TZ77XE4>



メイン機のマザーボードをBIOSTAR TZ77XE4に変更しました~w。

2013.07.25 (Thu)
先日、購入したマザーボード BIOSTAR TZ77XE4 は日曜日には届いていたんですが、
ドラブって昨日まで格闘しておりましたw。



BIOSTAR TZ77XE4 Core i5-2500Kアップ画像



マザーボードの取り付けやOS(win7)のインストールはスムーズに行ったんですが、
地デジ関連でトラぶりました。

PCI接続の地デジチューナーGV-MVP/HX2はすんなり認識したんですが、
PCIE接続のGV-MVP/HS2がまったく認識しないというトラブルに見舞われました。
換装するときに壊れたかもと別のPCで確認したら認識されたので壊れたわけではないみたいです。



BIOSTAR TZ77XE4 CPU周り



おそらくバイオスの設定で解決するだろうと思っていましたが
言語が英語のみで変更できなく、且つ、翻訳しても専門用語で意味不明… (´・ω`・)エッ?
なので、それらしいところの設定を変更しては起動させての連続で
2日掛かりで何とか認識させることができました~。



pcie設定


具体的には
Chipset → PCI Express Configuration(PCI Express設定)という項目の
PCIe Speed をデフォルトのAutoからGen1に設定を変更したら無事認識されるようになりました。

あと、BIOS設定では
ACPI Sleep Stateというスリープ時の設定がS1(CPUストップ)になっていて
スリープするとCPUのみがスリープしてファンが稼動していたのでS3(Suspend to RAM)にしたりしました。


詳細は後日、coneco.netのほうにレビューします~。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メイン機の新構成

CPU
:
Intel Core i5-2500K
MotherBoard
:
BIOSTAR TZ77XE4 new
Memory
:
Corsair CMX4GX3M2A1333C8 [2GB×2]
 
:
SiliconPower SP004GBLTU133V21 [2GB×2]
SSD
:
Intel SSD 330 SSDSC2CT060A3K5 [60GB]
HDD
:
Western Digital WD20EZRX [2TB]
Blu-ray
:
Pioneer UJ-240
CPU Cooler
:
ENERMAX ETS-T40-TB
Case
:
ZALMAN Z-9 Plus
PSU
:
ENERMAX ETA650AWT-M
TV Tuner
:
I-O DATA GV-MVP/HX2
 
:
I-O DATA GV-MVP/HS2
Fan-Controller
:
Scythe SIX EYES Black RFC-01BK
 
:
Scythe 風Q-8 Black KQ02-BK-3.5
OS
:
Windows 7 HomePremium [64bit]




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メイン機のマザーボード交換に伴いブログデザインも刷新しましたので
不具合等がありましたらお気軽にご連絡ください。m(_ _)m







マザー買っちゃった?! ~ BIOSTAR TZ77XE4 ~

2013.07.19 (Fri)
タイトルどおり、ドスパラでマザーボードを衝動買いしてしまいました~。(・_・)エッ....?
ASRock Z77 Extreme4を狙っていたので完全に衝動買いですw。


TZ77XE4.jpg


購入したのでBIOSTAR TZ77XE4です。
BIOSTARというメーカーだけは知ってましたが、そのほかのことはまったく知りませんw。
レビューもないし、クグッてもあまり情報が出てこないのでトラぶった時は大変そうです~。


代理店製品詳細
メーカー製品詳細


購入理由はユーチューブでのレビュー動画を見て一目惚れです。(/ω\)ハズカシーィ
あと、地デジチューナーなどの資産もそのまま流用可能なので選びました。


<一目ぼれした動画(英語です)>

http://www.youtube.com/watch?v=03ggLVKScRM



ちゃんとした理由は以下のような感じです。

・Z77チップ
・黒とオレンジのコントラストがカッコいい
・PCI(地デジチューナーのひとつがPCI接続なので)
・SATAポートが横付けタイプ
・外部ポートはeSATA、HDMI、D-sub、DVI-D
・POSTコードをマザーに表示可能なもの


このマザーボードは先月まで価格.comの最安値が12,000円台だったのに、
今月に入り、徐々に値下がりしていって本日夕方に底値だと思ってポチッたわけなんですが、
実は裏話として迷っているうちに在庫切れになり、一度は諦めたんです。
しかし、ドスパラに何度かアタックしていたら在庫が復活していて買うことができました。


価格推移


それとドスパラの発送がめちゃ早くてビックリしました!
ここで購入するのは約2年ぶりですが、
夕方購入して、1時間半後には発送されてました。(・_・)エッ....?

こんなにも早く発送されると気持ちがいいですね。(o^-^o)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世間的には第4世代Intel CoreプロセッサHaswell(ハズウェル)で盛り上がってるのかどうかは知りませんが、
型遅れの安物狙いとしては大変満足するものが購入できました。

現在のマザー(ASUS P8H67-M EVO REV3.0)を購入して約1年と4ヶ月ほど経ち、
ただの一度もブルースリーンが出ることなく特段不満も無かったですが、
師匠のセカンドマシーン構築のブログなどを見ていて触発されたのかもしれませんねw。

まだメインで使うかセカンドで使うかは決めてませんが、
デュアルモニターにしてから、OSを2台同時に起動したいという
衝動に駆られていたことも購入理由のひとつでした。

G1610あたりを買ってWin8専用にしようかなぁ~。( ̄ー ̄)ニヤリ
あと、メモリを買えばデスクトップの3台目が組めるではないかぁ~w。ヽ(´▽`)/
また自作PC熱が盛り上がってきたみたいですw。(o^-^o)


現在のPCスペックは上部の「PC環境」より確認できます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






役に立ったら下の「拍手ボタン」を押して頂けるとモチベーションが上がります。(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。