Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

星のような表現 の記事一覧

EDIUS 夜空に輝く星々を作ってみた~!

2013.11.10 (Sun)
ビデオノイズで遊んでいたら面白いものができたので公開しま~す。
尚、BGMの長さにあわせて作ったので大した変化はありませんので悪しからずw。

1080pHDの高画質、尚且つ、全画面&お部屋真っ暗での視聴推奨動画ですw。
※モニターによっては良く見えないこともあるみたいです。



<1080pHDで視聴方法>

このブログに埋め込んでいるユーチューブの動画の操作パネルは、
ユーチューブで直接見るものより簡略化されてみたいで、
デフォルトでは操作パネルに画質設定の項目の歯車のマークは出ないみたいです。

1080pHD画質で見るには、ユーチューブで直接見るか、または、
ここで1080pHDで見るには、一度、再生すると操作パネルに画質設定の項目が出現します。

尚、スムーズに再生できない場合は一時停止して、
バーが延びるのを待ってるとスムーズに再生できると思います。







EDIUS 星々の煌き



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<作り方>
作り方は、下記の素材にある静止画(デュレーション:5秒)にビデオノイズと線画フィルターを設定します。
尚、レイアウターは「幅フィット」でリサンプリング法は「Lanczos 3 - シャープ」に設定してます。
サンプル画像はEDIUSでキャプチャしたものなのでそのまま取り込むだけでいいと思います。
リサンプリング法が違うと若干違うものになりますが既定のものでも構いません。
設定値は画像を参照して下さい。

リサンプリングについては ⇒ 「リサンプリング の記事一覧



Win7-00197.jpg



Win7-00198.jpg



実際に設定をして再生してみると分かると思いますが、
小さな点の位置が素早く変化する動画になります。
静止画ですが、下記の様なものができます。



Still1110_00001.jpg
<クリックすると別画面で開きます。そこで更に拡大できます。>



このままでは使にくにいので再生スピードを変更します。

ただ、このクリップは静止画で時間の概念がないので、
時間エフェクト」で「速度」を変えることができません。
なので一旦、動画ファイルとして出力(avi)します。
(※「レンダリングして貼り付け」で出力してビンに取り込んでも可)

出力が完了すると自動でビンにも取り込まれますので
その出力した動画をタイムラインに配置して、
クリップを選択して右クリックのメニュー「時間エフェクト」→「速度」で速度を変更します。
速度を変えるとクリップが長くなりますのでIn/Out点を設定するか、
要らないカットして下さい。



Win7-00199.jpg



最後にモーションブラーを掛けてますが、
この程度のスピードの動きに付けても効果は微妙なので付けても付けなくても結構ですw。



Win7-00200.jpg



<素材>
Photo : stars_sample.jpg

この画像をビデオノイズと線画で弄るとランダムな点が移動するものになります。
不思議ですよね~w。


sample.jpg


BGM : Blue Planet

BGMは NHKクリエイティブ・ライブラリー からお借りしました。






(o^-^o)
スポンサーサイト
 | HOME | 
トップに戻る