Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

マルチ(複数)画面 の記事一覧

EDIUS 割と効率のいいマルチ画面の作りかた

2013.12.13 (Fri)
先日、「EDIUS Neo 3.5 Review Movie」と言う動画のマルチ画面の部分の
作り方についての質問を頂いたので早速ハウツー動画を作ってみました~。

ずいぶん前に作ったものなのでリング切れになってたりして修復するのに少し手間取りましたw。
今回は、プロジェクトファイルを配布することを前提に製作したので
カラーマットを使って初めから作り直してみました。
あの頃は、製作するのにずいぶんと時間が掛かった思いがありましたが、
今回はだいぶ効率よく作ること出来るようになっていたので少しは成長しているみたいですw。
作り方は動画のほうで詳しく説明しているのでそちらをご覧下さい。


プレビュー再生(負荷)について
今回のように25面とかにして、それぞれのクリップにエフェクトを加えたりすると
かなり負荷が高い作業になってスムーズなプレビュー再生とは行かなくなると思います。

それらの少しでも軽減したいのであればちょっとした裏技みたいな感じですが、
一列ごとに分けたシーケンスとそれらをまとめたシーケンスを作ったりするのも有効ですね。
分けたシーケンスはレンダリングしておく必要はありますが、
多少はプレビュー再生がスムーズになると思います。

レンダリングついては、「EDIUS レンダリングの使い分けについての考察」の記事を参考にして下さい。




EDIUS 割と効率のいいマルチ画面の作りかた



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「25面のマルチ画面(公開用最終版).ezp」のダウンロード

配布するプロジェクトファイルには上にあるハウツー動画で作ったマルチ画面のほかに
レビュー動画で作ったものとそれのクリップだけカラーマットに置き換えたカラーマット版の3つです。
後述のふたつはトランジションを使っていて負荷が高いのでレンダリングが必要になると思います。

あと、NHKクリエイティブライブラリーからダウンロードしたファイルも入っているので
それらを使って二次使用して公開する時は 著作権表記利用規約 に気を付けて下さい。

プロジェクトファイルのダウンロードは下記のボタンから出来ます。


ダウンロードボタン(edius ver.)背景なし
file_name:25malti_screen.zip
file size:69.4MB
created by edius neo ver.3.55



(o^-^o)
スポンサーサイト

EDIUS 回転する4画面を作ってみた 【応用編】

2013.05.27 (Mon)
今回は、Edius Neo 3.5で回転する4画面を作ってみました。

前回の「EDIUSで4画面を作ってみた」より少し突っ込んだ内容で、
今回は4つのピクチャインピクチャ(動画内の動画)を回転させてみました。
回転はアンカーの位置を中心に回転するので前回のように無視することはできません。
詳しい内容は動画を見てね。

開設した日のブログにも記載してますが、
このブログの主な目的はハウツー動画や使い方などを発信することによって
自分自身のEdiusの習得を目論んでいる男のブログですw。

尚、間違っているところやもっと簡単にできるところ、
また、分からないところなどがありましたらお気軽に質問して下さい。

ただ、Ediusを使い始めて約2か月の、やっと初心者レベルを抜け出せたかも
というくらいレベルなので疑問を解決することができないかも知れませんので悪しからず~w。







■今日のタイムライン
今回アップしたハウツー動画のタイムラインです。
3Vが動画内の赤枠、2Vで主にテキスト、1Vがメイン動画など、1A&2AがBGMですね。
BGMが足らなかったので繋ぎましたw。

シーケンス1はハウツー動画を撮影するためのシーケンスです。
画面の撮影はVideoStudio Pro X5の画面の録画機能を使ってます。
シーケンス2は前回のハウツー動画を撮影するために使いました。
シーケンス3は動作確認等をするための実験シーケンスです。

EDIUSで回転する4画面を作ってみたの説明動画のタイムライン

EDIUS 4画面を作ってみた 【基礎編】

2013.05.25 (Sat)
今回は、4画面のマルチ(複数)画面のハウツー動画を作ってみました。


作り方は動画を見てもらえば分かると思いますので説明は省きますが、サブタイトルに"アンカー位置無視編"とある通りアンカーの位置は無視しています。

アンカーとは基準点のことで映像を回転させたり、ストレッチ(拡大・縮小)する場合の基準点になります。写真を画びょうで止めて回転させてるイメージをしてもらうと分かりやすいと思います。

今回のは基本編というか4画面で回転などをさせない時にだけ利用できる方法ですね。別に回転させてもいいんですがアンカーが四隅にあるので画面からはみ出しておかしな感じになります。


尚、このような簡単な4画面ならプリセットに保存しなくてもできますが、使い方が分かるよう使用してみました。







■おススメ動画
EDIUS Pro6.5 レイアウターの使い方

先日、ユーチューブユーザーのYoshihiroOhさんがレイアウターの使い方がよく分かる動画をアップされてるんですが、レイアウターの使い方がまだイマイチの方からもっとステップアップしたい方までとても参考になる動画だと思いますので興味がある方はご覧下さい。尚、タイトルにPro6.5とありますがNeoでも同じことができます。



 | HOME | 
トップに戻る