Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

【PC】 PCの時間がズレたので電池交換してみた!BIOSのバックアップとリストア

2016.04.29 (Fri)
録画した動画が途中から録画されていたので
こちらのサイトで現在の時間を調べたらPCの時間が48秒ズレてました。


追記 2016/04/30
MSquadさんに教えてもらったサイト JST Clock
自分がリンクを貼ったこちらのサイトでは時刻のズレがありました。
どちらが正しいとかは良く分かりませんが NHK と見比べたら JST Clock の方が正しいようですが
どのような仕組みで時間表示されているのか詳しくないので環境により異なるかもしれません。



20160429002.jpg
※後から撮影した参考画像です



PCの時間がズレるのは色々と理由があるみたいですけど
一番はマザーボードに付いているボタン電池 CR2032 の電池切れが原因のことが多いそうで、
現在使用しているBIOSTAR TZ77XE4も購入してから今年の夏で3年になるし、
BIOSTARという人気メーカーはないので店頭、または倉庫でホコリをかぶってた事も
容易に想像できるのでボタン電池 CR2032 を交換してみました。



R0023616R.jpg
それにして汚いッ



当然、このマザーになって電池交換してことないんですが、
グラボや地デジチューナーが挿ささっていて作業しにくいこともあるんですが
ボタン電池が嵌っている電池ケースから電池を外す方法が分からない。(・_・)エッ....?
最初は電池ケースの下部の金属部分がバネのように動くのでそこを下に押し込むと
外れるのかなぁ~と思っても外れないし、図のようにマイナスドライバーでも外れない。



R0023618R.jpg



勇気を振り絞って電池ケースの下部のところを小さなマイナスドライバーで
思いっきり下に押し込んだらポンと電池が飛び出してきましたぁ~。
最初にやった時はどうも手の腹に当たって取れなかったみたいですw。







電池を外した状態の電池ケースの写真です。
因みにコンデンサのトップはポスカで黒く色を塗っていますが
これは見た目重視ともしコンデンサが膨張した時に発見しやすいかも知れないと思って塗ってますw。



R0023621R.jpg



電池交換完了。
R0023623R.jpg


因みに図のものはなかったんですがこのようなボタン電池のケースは
電子部品ショップで販売されています。
あと、今はアマゾンでも販売されるので入手性は悪くないですね。




■BIOSプロファイルのバックアップとリストア
電池を抜くとBIOS設定や時間がリセットさせるのでプロファイル(設定)が保存できる場合は保存し、
出来ない場合は設定内容をメモしておくことといいと思います。
幸い、BIOSTAR TZ77XE4 には設定が5つ保存できたので
「Savding SetupData to Profile」で保存する番号を+-ボタンで指定して保存します。



20160429005.jpg



電池交換後に設定がリセットされていたので
「Restoring SetupData From Profile」で復元したいプロファイルを選択して復元します。



BIOSTAR TZ77XE4 プロファイル バックアップとリストア



時間までは修正されなかったので修正して
「Save Changes and Reset」で設定を保存して完了です。
尚、時間のズレが直ったのかどうかはいまのところ定かではないです。



BIOSTAR TZ77XE4 プロファイル バックアップとリストア





■おまけ
電池つながりでこちらは手持ちの電池ケースです。
これははるか昔にファミコンソフトの基板にハンダ付けされていたボタン電池を
着脱式に変更したりしていた時に購入したものです。
ファミコンに取り付けられる電池ケースには厚みに限りがあって
茶色のヤツはタカチ電機工業の CH74102032LF と言う電池ホルダーなんですが
デッパリがなくてちょうど良かったので買った記憶があります。



ボタン電池のケース



メーカー タカチ電機工業
型番 CH74102032LF
厚み 5.4 mm
サイズ 15.7×24 mm
端子間隔 19.25 mm
ホルダー材質 PPS
端子材質 りん青銅
端子処理 金メッキ
使用温度範囲 -40℃~85℃
適用電池 CR2032



ファミコンソフトのデータはこのボタン電池によって
バックアップデータが消えないようになっていたんですが
電池を交換する際にデータが飛ばないように
電池ケースにケーブルを繋いだものを基板にハンダ付けしてから
基板に直付けされたボタン電池を取り外したりして
電池ケースを取り付けたりして遊んでました。

尚、図にあるケーブルが付いたヤツは
mini-ITXサイズのマザーボードなどではスペースの問題で
ボタン電池をUSBポートなどの裏側に貼り付けられていたりしますが
それ用にコネクタ(多分、PHコンタク?)を用意して作ったものだったと思います。

電源ファンが回らない…?! and コネクタ紹介
http://ediustojisakupcnado.blog.fc2.com/blog-entry-64.html








(o^-^o)
スポンサーサイト



 | HOME | 
トップに戻る