Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

【PC】 GV-MVPシリーズ Windows 10 への対応発表!

2015.10.29 (Thu)
GV-MVPシリーズ Windows 10 への対応がようやく発表されました。
Windows 10対応の地デジチューナーは個人的にピクセラのPIX-DT460か、
PT3?あたりしか選択肢がない状態でしたので明るいニュースですね。

Windows 10 対応情報

GV-MVP/FZ2
GV-MVP/XS2
GV-MVP/XS2W
GV-MVP/XS3
GV-MVP/XS3W
GV-MVP/XZ2
GV-MVP/XZ3
GV-TRC/USB

ただ、自分が持っているGV-MVP/HX2、GV-MVP/HS2の記載はないんですよね。
まぁ、ピクセラのはソフトが使いにくいだのチャンネル変更が遅いだのレビューが上がっているので
できれば使い慣れたアイオーデータの地デジチューナーのソフト(mAgicTV Digital)が良かったので
最悪、対応されなくてもGV-MVP/XS3、GV-MVP/XS2、GV-MVP/XS3W、
GV-MVP/XS2Wあたりをゲットすればいいのでよかったです。

GV-MVP/HX2、GV-MVP/HS2のAACSの有効期限が2017 年 8 月末まで、
GV-MVP/XS3、GV-MVP/XS2、GV-MVP/XS3W、
GV-MVP/XS2WのAACSの有効期限が2019 年 5 月末までなので
Windows 10 の無償アップグレードの期限の2016 年 7 月 28 日までには
どのような環境にするか決めなければなりませんね。

GV-MVPシリーズ『ブルーレイディスクへのダビング機能(AACSキー)』の利用期限について

Windows 10 にするなら サブ機のライセンスで Pro にして
メモリも現在の 2 x 2 = 8 MB から 8 x 4 = 32 MB に増設したいですね。( ̄ー ̄)ニヤリ






(o^-^o)
スポンサーサイト



【PC】 Windows 10 Pro 動作報告 2

2015.08.04 (Tue)
アイオーデータのパソコン用地デジチューナー GV-MVP/HX2 を Windows 10 Pro に取り付け、
付属ソフト(mAgicTV Digital)のインストール、番組表の更新、録画までは問題なかったんですが、
視聴しようとしてもウィンドウが立ち上がらずにまったく視聴することが出来ませんでした。
これでメイン機の Windows 10 への移行はますます遠ざかりましたぁ~。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

また、比較的新しい製品のGV-MVP系のものも正常に動作しないみたいなので
アイオーデータの地デジチューナーをお持ちの方はソフトのアップデートを待ってから
Windows 10 に移行した方がいいみたいですね。
尚、ムーブについては調べてません。

Windows 10 対応情報



■GV-MVPシリーズ『ブルーレイディスクへのダビング機能(AACSキー)』の利用期限について
以前にGV-MVP/HX2、および、 GV-MVP/HS2 のブルーレイディスクへの書き込みに使用する
AACSキーの有効期限が2016年6月で切れるような 記事 を書きましたが、
地デジチューナーのAACSキーの有効期限は2017年8月までになっていました。

GV-MVPシリーズ『ブルーレイディスクへのダビング機能(AACSキー)』の利用期限について

1年先送りになったのはありがたいですが、
どちらにしてもあと2年でムーブできなくなるみたいなので
それまでに新しい地デジ視聴環境を整えなければ…。ε- (´ー`*)フッ
PT3は何かと面倒臭そうだし法的にもグレーゾーンなので、
ピクセラのダブルチューナー PIX-DT260 あたりに乗り換えるようかなぁ~。



AACS_1.png






(o^-^o)

【PC】 mAgicTV Digitalのスムーズなインストール手順

2014.07.05 (Sat)
パソコンでの地デジ視聴環境は、I.O DATA 地デジチューナー GV-MVP/HX2
GV-MVP/HS2 の2台でダブルチューナーにして利用しているんですが、
それらのソフトをアップデートするのが煩雑で忘れてもいいように記事にしましたw。


<お断り>
地デジ環境はシビアなのでこの通りやっても出来ないかもしれません。また、
複数機器の組み合わせは組み合わせによって出来ないものもあるみたいなので下記リンクより確認して下さい。
あと、今回のテクニックが使える機器は下記の通りだと思いますが違うかもしれません。



<対応機器>

GV-MVP/HS2 GV-MVP/HX2 GV-MVP/HZ2W GV-MVP/VSGV-MVP/XS GV-MVP/XZ
GV-MVP/HS3 GV-MVP/HZ2 GV-MVP/HZ3 GV-MVP/VZ GV-MVP/XSW



複数製品を使う方法
サポートソフト(mAgicTV Digital)再インストール手順(Ver .4.15以降)





■用意するもの
・付属ディスク チューナーと同じ枚数 ※ ダビングするなら必須
・最新のサポートソフト ※ 64bit版Windowなら必須?


最新のサポートソフトのダウンロードにはシリアル番号が必要なんですが、
シリアル番号が分からない場合は、基板に貼られているシールに記載されている筈なので
剥がされてなければそちらを確認してみるといいかも知れません。
オークションでシリアル番号を隠さずに出品している方もいるみたいです。


Quadro 2000_001



また、製品を取り付けて始めてインストールする時、または、OSを再インストールして
初めてインストールする時は必ず付属ディスクからインストールします。
そうしないと必要なデータが無いためにダビング(ムーブ/コピー)ができないです。
そんな感じなのでダビングをしないのであれば最新のサポートソフトから
ソフトとドライバをインストールするだけでいいと思いますがやったことないので分かりません。



Image 286



あと、64bit版のWindowsの場合は付属ディスクからドライバーを入れようとすると
以下のようなメッセージが出てインストールできないと思いますが、
最新のサポートソフトに入っているドライバーならインストールできます。



Image 290





■インストール手順

<手順>
① 最新のサポートソフト(ver.4.19)からドライバだけインストール
② 付属ディスクからmAgicTV Digitalだけをインストール&アンインストール
③ 最新のサポートソフトからmAgicTV Digitalをインストール&初期設定(チャンネルスキャンなど)

※操作途中で何度か再起動が必要だったと思います。





① 最新のサポートソフト(ver.4.19)からドライバーだけインストール
ドライバーは最新のものを1回だけインストールすればいいので最新ドライバーだけインストールします。
尚、付属ディスクから古いドライバーを入れてもいいんですが、また、
アンインストールしないといけないのでとても非効率な手順になります。

まず、ダウンロードしたサポートソフトを解凍し、その中のgvmSetup.exeを起動し、
「カスタムインストール」 → 「ドライバー」の順に選択します。



Image 284



下記のような画面が出るので取り付けた機器にチェックを入れてドライバーをインストールします。



Image 318



または、Driverフォルダ内にある該当する製品のDPInst.exeをダブルクリックしてもインストールできますが、
こちらの方法ではそれぞれ個別にドライバーをインストールする必要があったと思います。



② 付属ディスクからmAgicTV Digitalだけをインストール&アンインストール
この作業は、取り付けた機器に付属するディスクの枚数分行う必要があります。(※ 同一製品の場合は不明)
あと、mAgicTV Digitalをインストール後にチャンネルスキャンなどの初期設定をしても
再インストール後にまた設定しないといけないのでここでは初期設定は行ないません。



③ 最新のサポートソフトからmAgicTV Digitalをインストール&初期設定(チャンネルスキャンなど)
ダウンロードした最新のサポートソフトgvmSetup.exeを再び起動し、
「自動インストール」をクリックして、あとは指示に従っていけば初期設定まで完了します。
※ 最新のmAgicTV Digitalのインストールは1回でO.K.です。



余談ですが、最新のサポートソフトには、
ホームネットワーク(LAN)に配信して、離れた部屋のテレビやパソコンで楽しめ る
DiXiM Media Server 3 for mAgicTVも付属されています。

家の中でどこでも地デジ!



Image 303





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





TIPS : Windowsの再インストールしても前の録画番組を視聴する方法!

通常、Windowsの再インストールすると、以前の録画番組を視聴できなくなりますが、
設定にある録画保存ドライブのドライブ文字(E:,F:など)を一致させると視聴やダビングができるようになります。
このテクニックはソフトの再インストールする時にも有効です。
因みに自分は忘れないようにTVの頭文字である(T:)に設定するようにしてます。
尚、録画データの保存先はWindowsを入れるパーティション以外に設定しておく必要があります。
あと、録画した機器を接続させていないと、たとえ録画データが残っていても再生できませんのでご注意下さい。



Image 287



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■気になるニュース
製品購入後約5年間、もしくは2016年6月30日までとなり、
以降はブルーレイディスクへのダビングは出来ず、ハードディスク録画のみが可能となります。

ブルーレイディスクへの再生・ダビングに関するご注意


優待販売の対象品を持ってれば(要シリアル番号)、Dixim Digital TV plusを安く購入できる?!

Dixim Digital TV plus 優待販売




(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る