Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

【PC】 デュアルディスプレイでのQSVとグラボの共存

2014.11.26 (Wed)
突然ですが、現在のPCのディスプレイ状況です。
メインディスプレイ は地デジテレビのAQUOS LC-26GH5で、
Quadro 2000の DisplayPort から DisplayPort → HDMI変換ケーブルで接続し、
サブディスプレイはマザーボード TZ77XE4 のDVI → DVIケーブルで接続しています。


EDIUSやTMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)ではQSVを使用し、
After Effects(レイトレース3D)ではQuadroを使いたかったのでVirtu MVPをインストールしてたんですが、
自分のような繋ぎ方の場合では、Virtuをインストールしなくても使えました。(・_・)エッ....?


やり方は至って簡単で前述のような接続をしたら、「画面の解像度」にあるディスプレイの表示方法を
デスクトップを1のみに表示する」から「表示画面を拡張する」に変更するだけです。
または、「Windows + P」で表示されるメニューの「コンピュータのみ」または「拡張」からも変更できます。
要はメインディスプレイをグラボから出力し、
サブディスプレイをオンボードから出力していれば使えるみたいです。
また、逆のパターンでもアリかも…。

あと、当然ですがQuadro 2000とオンボードのドライバーを入れる必要があり、
BIOSでそれらが共存できるように設定する必要がありますがその辺の情報はクグって下さい。




win7_2014_138.jpg
デバイスマネージャでのディスプレイアダプターの項目





■注意事項
表示画面を拡張する」の設定をしていればサブディスプレイの電源を入れてなくても結構ですが、
画面の拡張を解除したり、オンボード出力しているケーブルを抜くとQSVが使えなくなるので注意が必要です。
あと、それぞれのディスプレイの出力系統が異なるので画面の複製などは出来なくなるみたいです。

また、EDIUS Neo 3.5 の不具合というか注意点がひとつあります。
このようなメインディスプレイをグラボから出力している状況で
EDIUSのGPU設定を Intel HD Graphics 3000 にして「表示画面を拡張する」を解除すると、



win7_2014_141.jpg



EDIUSの起動のスプラッシュ画面のプログレスバーが1/4ぐらいで止まって起動できませんでした。
おそらく、メインディスプレイはQuadro 2000から出力しているからだと思いますので、
メインディスプレイをマザーから出力している場合にはならないと思います。



win7_2014_144.jpg
EDIUSの起動途中でフリーズしたスプラッシュ画面





■便利な使い方
自分の場合は結構、頻繁に変更するのでマウスジェスチャー(かざぐるマウス)に登録して
マウスの右ドラッグしながら左右(←→)に動かすと「Windows + P」の設定画面が表示されるようにしてます。
これだとマウスのみで2アクションで設定できるのでなるべくキーボードを使いたくない人にはお勧めですね。



win7_2014_140.jpg
「Windows + P」で表示される設定画面



シングルディスプレイの環境でもグラボとオンボードの2系統から
ディスプレイに接続したらQSVによるエンコードとAEでのレイトレース3Dが使えるようになりました。
尚、このような接続がいいのか悪いのか良く分かりませんので真似される方は自己責任でお願いします。



(o^-^o)
スポンサーサイト



EDIUSの気付かなかった機能 ~カラーピッカー~

2013.06.05 (Wed)
今年の3月の中旬頃に体験版からスタートして、
もうすぐ3ヶ月も経とうとする昨日の夜に気付いた機能の紹介です。(・_・)エッ....?


その機能とはカラーピッカーというもので、
その名の通り色をピックアップ(拾って)使う機能で
プレーヤーやレコーダーの表示されている色を拾って
カラーマットやクイックタイトラー等で使用することができます。
素材クリップのある部分と同じ色を使いたい時などにとても重宝する機能で
個人的にはかなり気に入ってます~。ヽ(´▽`)/
(機能、機能って使いすぎですね~w)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


使い方はカラーバーかクイックタイトラーを開いて、
赤枠のカラーパレットをクリックして表示される色の設定画面で行います。


カラーマット1赤枠
<カラーマットのカラーパレット>


カラーマット2赤枠
<クイックタイトラーのカラーパレット>



その色の設定画面の右下にあるスポイトのマークをクリックしてから
カーソルをプレーヤーやレコーダーに移動させるとカーソルがあるところの色が設定画面に表示されます。
あとは使いたい色のところでクリックすると設定画面に取り込まれるのであとはOKボタンを押すだけです。



色の設定画面赤枠



この機能を知るまでは



EDIUSの「現在位置をフレームをビンへ追加」をクリックして画像として保存

その画像を画像編集ソフト(GIMP)に取り込み、スポイト機能を使って色の番号をコピー

EDIUSの色の設定画面で二桁の数値をRGBのところに入力して、同じ色を再現していました。




という感じの結構な手間の掛かる作業をしていたので
この機能のお蔭で作業効率がだいぶ上がりそうです。ヽ(´▽`)/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


余談ですが、
この「現在位置のフレームをビンへ追加」等のよく使うボタンは
ユーザー設定でタイムラインなどの配置すると便利ですよ。


タイムラインのボタンの入れ替え



やり方は、ユーザー設定→ユーザーインターフェイス→ボタン→タイムラインと選択していって
左側のリストから「現在位置のフレームをビンへ追加」を選択して、右側のリストに移動させます。
尚、移動は「>>ボタン」でもできますが、ドラックの方が並び順も変えられるのでおススメですね。
並び順は上にあるものからタイムラインの左から順に並びますので使いやすいところに配置するだけです。



EDIUSで回転する4画面を作ってみたの説明動画のタイムライン


上の画像はマイ・タイムラインのボタン配置で~す。
あまり使わない機能のボタンは潔く削ぎ落としたのでだいぶスッキリしました~w。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



EDIUSの覚えたての頃の大変お世話になった「パソコンでビデオ編集 初心者講座」という
ホームページと相互リンクを張らせ頂きました。

また、参考サイトとして紹介ページまで作ってもらいました~。ヽ(´▽`)/

こちらのホームページの管理者さんは、かなりの量のハウツー動画を作られていて、
その労力に感心させられたのと同時にとても分かりやすい動画で
今からEDIUSを覚えたい人には最高のサイトですので関心がある方は一度覗いてみて下さいね。


◆パソコンでビデオ編集 初心者講座
http://wakaru-navi.com/ediusneo/

◆紹介ページ
http://wakaru-navi.com/ediusneo/category27/entry147.html



Ediusのプレビュー再生とレンダリング時間 続報 ~QSVの効果など~

2013.06.03 (Mon)
昨日のエクスポート(出力)したレンダリング時間についての【続報】です。


昨日はQSVを有効のままレンダリングしてたんですが、QSVを無効にしてMP4で出力してみました。
具体的なやり方は出力画面の下部にある「ハードウェアエンコードを使用する」のところのチェックを外すだけですね。


QSV無効レンダリング



パン・パ・カ・パ~ンw、結果発表です。


 QSV無効のレンダリング時間 : 4:16(s)

 QSV有効のレンダリング時間 : 1:46(s)


こんな感じでQSVの効果はかなり大きいみたいです。ヽ(´▽`)/

ただ、その他の部分レンダリングなどでは全く効果はないようです~(泣)。

また、画質についてですが、ハッキリ言って違いが分かんないですね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この範囲をレンダリング】と【レンダリングして貼り付け】をした時に出力されるファイルの保存場所を調べてみたんですがちょっとビックリです。(+_+)

まず【この範囲をレンダリング】についてですが、この方法でレンダリングした場合には、コーデックがGrass Valley HQのAVIファイルが76個も出力されていました。しかも、0~7秒(7秒で200MBです)の短い動画だけで76個の合計の容量が1.02GBです。モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

因みに最高画質でMP4の出力したファイルサイズは300MBをちょっと超えるくらいでした。


あと、
【この範囲をレンダリング】の場合はタイムライン上のクリップを一時的に非表示にしただけでも
部分レンダリングが無効になってしまいますのでご注意を!


この範囲をレンダリングしてできたファイル2



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

因みに下記の画像が作成されたあるファイルのプロパティの画像です。

実は、この時に気づいたんですが、
フレームサイズと書いてある横にあるバーを動かすと動画のサムネイルを変えられるんですね。

これは地味に便利ですよね。

出力する動画の冒頭は黒い画面からフェードインすることが多いので
サムネイルも真っ暗なことが多かったんですが、これを弄れば確認しやすくなりますね。( ̄ー ̄)ニヤリ

2ヶ月以上使っているのに、このようにEDIUSにはまだ知らない機能がたくさんあります。
それだけ遊び甲斐があるってもんですねw。(o^-^o)



この範囲をレンダリングしてできたファイルのプロパティ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



続いて【レンダリングして貼り付け】についてですが、
こちらは先程のものより小さめの606MBのAVIファイルがひとつだけ出力されてました。
尚、このファイルが出力されると同時に先の出力していた【この範囲をレンダリング】の
ファイルはひっそりとどこかに消えてしまっていました。



レンダリングして貼り付けで作成されたファイル



これについてはシステム設定→レンダリング→無効なレンダリングの削除→
「レンダリングが無効になったとき(元に戻す時に復元不可)のところにチェックを入れてるからだと思ったので、
「プロジェクトを閉じるとき(元に戻す時に復元可)」の方にチェックを入れてテストしてみましたが、
思った通りに消えなかったです。また、記載通りにソフトを再起動したら消えてました。

1つ疑問なのが元に戻す時に復元可の意味がまったく分からないですね~。うむっ~?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ビンに登録しているファイルを一括変換できるというので
タイムラインに登録しているクリップをすべて非圧縮AVIに変換して置き換えてみました。
何故、そのようなことをしたかというとプレビュー再生が改善するかもと僅かながらに思ったからですw。

尚、画像は上からファイルの容量が大きい順で一番下にあるのが元ファイルです。


変換ファイルサイズ


結果から言うと、まったく変わんなかったです。
というか逆に重くなってフリーズする始末でした~w(泣)。
オマケに変換したファイルの容量は20GB(元は100MBにも満たないのに…)を超える膨大なものに…。
当然、すぐに削除しました~w。


 | HOME | 
トップに戻る