Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

【PC】 Quadro 2000導入 ~ 分解編 ~

2014.06.12 (Thu)
前回の予告通り、
Quadro 2000を分解できるところまで分解してみました。
あと、ELSA Quadro 2000 EQ2000-1GERの分解画像が公開されてましたので比較してみました。



■前回までの記事
Quadro 2000導入 ~ グラボ選別 & 購入編 ~
Quadro 2000導入 ~ 画像 & 情報編 ~



■動画による分解風景


Quadro 2000 分解動画



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■画像による分解風景
ファンとヒートシンクの部分は裏のバネ付きのネジを4本を外すと簡単に取り外せます。
余談ですがネジ穴の中心から中心までの間隔は約 45~46 mmでした。
後日、ネジ間隔(ピッチ)をネジ穴の端から端までの距離で計測し直したら、約 43 mm でした。

DEEPCOOLER V200のネジピッチが43 mmと記載されて試しに買ってみましたが
取り付け不可でした。ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

ネジピッチがネジ穴の中心からの中心までの距離か、(おそらくこちらだ正解…)
または、ネジ穴の端から端までの距離か分からなかったので博打のつもりで買ったんですが、
見事に外してしまいましたね~w。
ただ、固定部分のパーツを自作すればできそうなのでチャレンジするつもりです。
[2016/6/20 追記(赤文字)]




Quadro 2000



3本目のネジを外すと”ぼとっ”とヒートシンクが剥がれ落ちましたw。



Quadro 2000



グリスは柔らかかったです。



Quadro 2000



メモリ SAMSUNG K4G10325FG-HC04 (Size : 14 mm x 12 mm)



Quadro 2000 メモリチップ



GPUは台湾製 GF106-875-KA-A1



Quadro 2000



コアの周りにある部分の高さは約2mm



Quadro 2000



続いてファンとヒートシンクの分解です。
黒いカバーは4つのツメで固定されているだけなので
どちらか一方にある二つのツメを外せばあとのふたつは自然と外れます。



Quadro 2000



ヒートシンクの裏にはS字型のヒートパイプの形が浮き出てますね。
左のほうにある黒いポッチはゴム足みたいです。



Quadro 2000



カバー



Quadro 2000



ファンの直径:約55mm、厚み:約7mm



Quadro 2000



ファン音は他のファンの音に掻き消されてまったく気にならないレベルでした。



Quadro 2000



ファンはProtechnic製 MGT6012YF-W15 12V 0.37A



MGT6012YF-W15




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■EQ2000-1GERとの違い
外観がシルバーのELSA Quadro 2000 EQ2000-1GERの 分解画像 とその関連情報を
公開されてますのでその画像と比較して違いを比較してみました。
尚、あくまでもリンク先の画像や情報とを単純に比較しただけです。


外観や基板上の造りも異なりますが、ファン、ヒートシンクの形状、メモリチップの型番、
チップの冷却方法など多岐にわたり異なっているところがあるみたいです。

まず、ヒートシンクの形状がかなり異なっていますね。
ヒートパイプの形もU字型なのがS字型になっていて、
EQ2000-1GERではメモリに熱伝導シートらしきものが貼られていて、
そのシートを通してヒートシンクに放熱されるような仕組みになってますが、
自分のヤツはなにも付着してませんし、ヒートシンクとも接触もしてませんでした。
それだけ発熱がしなくなったということなんでしょうかね。

あと、ファンの型番も異なっていますね。
型番から推測すると70mmファンだったのが60mmのファンになったんでしょうか。
それから、アンペア数が倍近い値になってたり、
GPU-Z情報ではPixel Fillrateの数値が半減してたりしてますね。
ただ、この辺のことはまったく分かりませんw。


 自分のQuadro 2000(HP製) ELSA EQ2000-1GER
 ファン MGT6012YF-W15 [12V 0.37A] MGT7012MB-W20 [12V 0.19A]
 メモリチップ SAMSUNG K4G10325FG-HC04 Samsung K4G10325FE-HC05
 Pixel Fillrate 5.0 GPixel/s 10.0 GPixel/s









分解ついでにグリスをThermaltake TG-2 (CL-O0028-A)で塗り替えてみたんですが、
コア温度はほとんど変化無しでした~。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




画像を追加しました。
2014/06/16



Quadro 2000
ネジピッチ 約 43 mm ※ネジ穴の端から端までの距離



Quadro 2000
対角線のネジピッチ 約 60 mm ※ネジ穴の端から端までの距離



Quadro 2000
ネジを通す穴径 約 3 mm



Quadro 2000
ネジサイズ M2



Quadro 2000
バネ付きネジ外観



Quadro 2000
コンデンサの高さ(小サイズ) 約 9 mm



Quadro 2000
コンデンサの高さ(大サイズ) 約 12 mm



Quadro 2000
コアの位置(縦)



Quadro 2000
コアの位置(横)



Quadro 2000
ヒートシンクの位置(縦)



Quadro 2000
ヒートシンクの位置(横)



Quadro 2000
総重量 約 218 g



Quadro 2000
ヒートシンク部(ファンも含む)の重さ 約 97 g



■ネジの取り付け順
ヒートシンクの取り付ける場合は下図のように配置して取り付ける訳なんですが、
この時、画像左側より右側の方が構造上わずかに浮き上がります。
なのでネジの締め付け順としては対角線の順に取り付けていくより、
画像のように左側のふたつのネジを取り付けてから右側のネジを取り付けたほうが
空気の抜けがよりグリスに気泡が入りにくいように思います。
尚、完全の個人的な考えなので同感される方のみ実行してくださいw。



Quadro 2000



(o^-^o)
スポンサーサイト



【PC】 Quadro 2000導入 ~ グラボ選別 & 購入編 ~

2014.06.10 (Tue)
今までオンボードでAfter Effects CS6を使ってましたが、
2DであればCore i5-2500K&メモリ8GBでもそこそこ使えるレベルでした。
しかし、3Dに関しては劇的に遅くとても使う気にならないほどでした~。( ´゚д゚`)アチャー
実際、使い方を覚えてからはあまり使ってませんでしたw。

⇒ PCスペックの詳細

ゲームもやんないし、EDIUSでもグラボの必要性をあまり感じなかったですが
After Effects CS6でソコソコ快適な作業環境を整えるべく、
人生初のグラフックボード購入を決意しました~。ヽ(´▽`)/



■どれにしようか?
After Effects CS6はグラフィックボードのサポートリストにあるグラボじゃないと
高速ドラフトなどの機能の恩恵を受けられないみたいなんでそのリストからの選択になります。
尚、リストに載ってなくてもraytracer_supported_cards.txtを書き換える裏技もあるみたいですが、
ゲームをしない自分にとってもしできなかったら完全にゴミになるのでこの方法はスルーしました。
あと、消費電力と発熱も重要なポイントです。尚、ほかにも出費が嵩みそうなので中古狙いです。


下記が raytracer_supported_cards.txt に記載されたグラボのサポートリスト(windows)で、
ソフトのアップデート後にはGeForce GTX 670、680、690が新たに追加されていました。
(バージョン 11.0.4.2)



raytracer_supported_cards.txt アップデート後



このリスト内から費用対効果などでリストアップしたのが以下の4つです。

GTX570
GTX670
Quadro 2000 [DVI、DisplayPort x2]
Quadro 2000D [DVI x2]


GTXは、
○ 性能的には問題なさそうだが持て余しそう…
× 消費電力が高い(GTX570:219W, GTX670:190W)
× GTXの静音性が気になる
× 発熱、またそれに対応できそうか…
× 2スロット占有
○ HDCP対応


Quadro 2000は、
○ 低消費電力(62W)
× 中古でも2万円前後
× Quadro 4000は爆熱(80℃は当たり前?)みたいだが、果たして2000はどうなのか…
○ 1スロット占有
○ HDCP対応


GTXは消費電力がでか過ぎて電源まで交換しないといけないかもしれないということや、
中古相場などを考えて消費電力が低いQuadro 2000に決めました。



■入荷!
初めてのグラボということで初期不良保証のある、
中古販売店のじゃんぱら(保証1週間)やソフマップ(保証30日)等で買うことはほぼ決めていたんですが、
なかなかお目当てのQuadro 2000の入荷がないのでEDIUSをイジったりしてのんびり過ごしてました…。

そんなある日、ようやく入荷が…。



じゃんぱら NVIDIA Quadro 2000 商品説明




ヤフオクの落札価格でも最安価格の部類に値する価格だったので即ポッチったんですが、
翌日の取引過程で公開された実物の商品画像を見たら思っていたものとは違うものが…。(・_・)エッ....?
(まだ、仮注文状態です)



Quadro 2000
実物の画像



01_img02_2000.jpg
思っていたもの (ELDA EQ2000-1GER)



調べてもよく分からないかったんですがどうもリビジョン違いの後期モデルみたいですね。
正直、メーカー等も不明だったんでかなり迷ったんですが、
ドライバーはNVIDIAから落とせばいいし、最悪、
オークションで売っちぇばいいかぁ~という感じで正式注文しました。

続きは後日・・・



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る