Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

WMV、FLVなどのサムネイルが表示させるMedia Previewを使ってみた!

2016.08.22 (Mon)
筆者が取り扱っている動画ファイルはほとんどが「mp4」か「m2ts」なんですが、
AVI(一部)、WMV、FLVなども僅かながらあり、それらのサムネイルが表示されません。

コーデックパックを入れれば表示されるみたいですが、
あの手のファイルをインストールするのにはなんか抵抗があるんですよね。
ということで「Media Preview」というソフトをインストールしてみたんですが、
サムネイルを表示させたいファイル形式にチェックを入れて
「Apply」をクリックするだけでとても簡単に設定できました。ヽ(´▽`)/


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト


このソフトではサムネイルを表示させるだけでなく、
動画に表示されるサムネイルの位置を変更したりも出来ます。

「Setting」タブにある「Customize」にチェックを入れると細かく設定できるようになり、
「Position Seek」の値を変更して「Apply」をクリックするとサムネイルの位置を変更できます。


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト


「Position Seek」を設定してから「Testing and Cache」タブを開き、
Modeを「Cached vs. Generated」にチェックが入っていることを確認してから
「Target Zone」に動画ファイルをドロップします。


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト


すると新しいサムネイルの作成の要した時間が表示され、
新しい作成されたサムネイルは「Target Zone」の右側に表示されます。


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト


尚、「Video Formats」でチェックを入れているファイル形式だけ有効なようです。
ひとつのタブだけで作成できないのでちょっと面倒ですし、
細かいシーンを選択することが出来ないので
使い勝手は良くないですが取り敢えず変更できるのはいいですね。

その他の項目は以下のような感じです。


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト
「Audio Formats」


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト
「Image Formats」


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト
「Advanced」ではサムネイルの枠を設定したり出来ます。


AVI WMV FLV Media Preview サムネイル 表示されない フリーソフト
「About...」



Windows ブログランキングへ
スポンサーサイト



Media Centerを追加したらCOM Surrogateでトラブルッ~!?

2013.11.04 (Mon)
これはシステムのところに表示されているWindows のエディションです。
ご覧の通り、Windows 8.1 Proです。



WS000041.jpg



以前にWindows 8 ProでMedia Centerにアップグレードした時に
ネットに繋ぐだけではライセンス認証が通らずにオペレーターと電話した経験から
面倒なのでしばらくは放置する予定でしたが、
気が変わり「Windows 8.1 への新しい機能の追加」からアップグレードしてみました。
尚、Media Centerの機能を追加するには専用のプロダクトキーが必要で、
今回使用したものは2013年の1月に行なわれていたキャンペーンの時に無料で手に入れたものです。



お使いのPCがWindows 8.1 の場合にこの機能を追加するには、
Windows 8.1 Pro Pack (¥12,800) を購入する必要があるみたいですが、
既にWindows 8.1 Proを使用している場合は、
Windows 8.1 Media Center Pack (¥800) を購入すれば機能を追加できるみたいです。



詳細は ⇒ Windows 8.1 に機能を追加する [公式ページ]





[Windows 8.1 への機能の追加] をクリックし、「プロダクト キーは入手済みです」を選択して、
Media Center用のプロダクトキーを入力すると次のような画面が出てきて…



WS000039.jpg



ライセンス条項に同意して「機能の追記」をクリックすると…



WS000040.jpg



再起動するとセットアップが完了。
この間、わずか2分程度で、しかもライセンス認証も必要なかったです。
(前回のWin8の時の苦労は何だったんだぁ~! 詳細は コチラ)



WS000042.jpg



ご覧の通りにエディション名が変わり、
その下に記載されていた「Windows の新しいエディションで機能を増やす」の項目がなくって、
[Windows 8.1 への機能の追加] という項目も無くなってるみたいです。



WS000043.jpg



Media Centerを追加すると、テレビ放送の視聴や録画、写真のスライド ショーの作成、
音楽ライブラリに含まれている曲の再生、CD や DVD の再生を行うことができます。
ただ、PowerDVD 10 を持っているので自分には全く必要ない機能なんです。
では何故、機能を追加したのかというとm2tsファイルのサムネイル表示ができるというだけですねw。
タダで貰ってので使わないとモッタイナイじゃないですかぁ~w。
(※FLVのサムネイルは表示不可)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<エクスプローラーがおかしくなる~!>
Media Centerにアップグレードしてからm2tsのサムネイルを表示しようとすると、
読み込みのプログレスバーがゆっくりといつまでも伸びてサムネイルが表示されなくなりました。
このようになると下図のようになり他の正常に表示されていたサムネイルも表示されなくなります。



WS000047.jpg



最悪、PCの中は空っぽに~?! ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…



WS000048.jpg



原因が分からず、常駐プログラムを停止したりして色々と調べていたら
COM Surrogateというプロセスが高い負荷を示していて怪しい~。( ̄ー ̄)ニヤリ

もしかしてこのプログラムが悪さを…。
このCOM Surrogateというプロセスを動かしてるのが、
dllhost.exeというサムネイル表示など?をしているプログラムです。


WS000050.jpg



尚、dllhost.exeは同名の悪意のプログラムであることもあるらしいで注意が必要みたいです。

詳細は ⇒ 「dllhost エラーを修復する方法



さらに調べると、
このプログラムが破損しているのかというとそうではなく、
ある特定のm2tsのサムネイルを表示させようとすると起こる現象みたいです。

その理由はOSを起動してすぐに特定のm2tsファイル以外のサムネイルを表示させると普通に表示されるのに
特定のm2tsのサムネイルを表示させようとすると他のサムネイルが表示されなくなるからです。

そこで、その特定のm2tsファイルを削除してみると、
いままでのトラブルが嘘のように平穏なPCライフがぁ~。ε-(´∀`*)ホッ


このように壊れたファイルがあるとこのようになることがあるみたいです。



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る