Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PC】 H440のロゴLEDの光源をLEDイルミナシオンにしてみた!

2014.10.12 (Sun)
ノーベル賞受賞記念ということでH440のロゴLEDプレートを改造してみました。
以前の記事、「【PC】 H440のロゴLEDを修理しました!」の改良版という感じです。



H440



前回の記事を書いた後にH440に実際にパーツを組み込んでみて気付いたことなんですが、
ロゴLEDプレートは電源を取り付けるとネジが隠れてしまうので簡単には取り外せないですねw。
すぐに気付きそうなことみたいですが完全に盲点でした~www。

そこでパネルにマジックシートを貼り付けてその磁力のみで固定する方法に変えてみました。
ついでに既存のLED(3mm)もサイズの LEDイルミナシオン に変えてみました。
LEDイルミナシンオンに変えたらプレートを外すこともそうないとは思いますが、
メンテナンス性の向上と、ただ改造魂がメラメラしただけですね~w。
尚、元からあったLEDはケースの底面の光学ドライブ付近を照らそうと思ってます。





■作業開始~!
プレートを外すには電源を外さないとネジにアクセスできないのでまず電源を外します。
そしてプレートの裏側から3つのネジで固定されているのでそちらを外しますが、
そのネジを外すには電源の幅くらいの短めのドライバーが必要になります。
プレートを外すと透明なアクリルと白い樹脂製の板が4点で溶着されているので
溶着部分の上の部分をカッターなど削ぎ落とすとアクリル部分が分離できます。



H440



H440



H440



マジックシートを貼るところを平面にする必要があるので
ダイソーで買った発泡スチロールみたいなカラーボード(厚10mm)で凹みを埋めて、
あとはその上に同じくダイソーで買ったマジックシートを両面テープなどで貼り付けます。



H440



H440
LEDイルミナシンオンを最小単位にカットして白い板とアクリルのあいだに挟んで固定します。



H440



元からあったLED固定するための突起物が邪魔だったので取り外しました。
LEDイルミナシンオンのコネクタは厚みが6mmほどあるので取り付けた状態で
ちゃんと隙間なく取り付けられるかちょっと心配でしたがまったく問題なかったです。ヽ(´▽`)/
発光の具合が均一でないので改良の余地はありますね~w。




NZXT H440 + LED ILLUMINACION [SCYTHE]



あと、コントローラーの底面にもマジックシートを取り付けると壁面などでも固定できるのでオススメですね。
ただ、ケーブルにテンションが掛かっていると簡単に外れてしまうのでその辺の対処は必要になるかもです。



H440



(o^-^o)
スポンサーサイト

FST-MAG-BとLEDイルミナシオンを合体~!?

2013.09.08 (Sun)
マグネットタイプのファンステイ FST-MAG-BLEDイルミナシオン を取り付けて、
簡単に移動できる可動式のLED照明固定具を作ってみました。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]010



また、Z9 PlusのUSBケーブルを改造して延長ケーブルを作りました。(後述)



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]007



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<LEDイルミナシオンをカット>
LEDイルミナシオンをファンステイに取り付けるには長すぎるので
LED3個分の長さのところにあるカットラインでカット(ハサミでキレます)します。
尚、カット面には薄っすい銅線が2本通っていて、カットするとその部分が剥き出しになりますので
ケースなどでショートしないようにテープや熱収縮チューブなどで保護して下さい。
塗装してあるケースだとそんなにショートの危険性は少ないと思いがちですが、
自分は実際にLEDイルミナシオンのメスコネクタを光学ドライブの底面に当ててショートした経験があります。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]006



自分は7~8mmの熱収縮チューブで保護しました。
ただ、このような場所に熱収縮チューブをすると外れる恐れがあるので
下地に両面テープを貼ってから熱収縮チューブをすると外れにくくなります。



次に、LEDイルミナシオンの裏側にダイソーで買ってきたマジックシートをカットして貼り付けます。
この工程は両面テープでも全然いいんですが、
自分の場合は剥がした時の跡がベトベトと粘着剤が残るのが嫌なのと
いろんなところに設置しやすいのでこの方法で固定してます。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]011



あとはケーブルを接続して好きなところに設置して完了です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<延長ケーブルを作る>
LEDイルミナシオンのケーブルは短いので好きなところに設置できないかもしれません。
そんな時はケーブルを一から作っていいんですが、
余っているUSBケーブルを利用しれば比較的簡単に自作することもできます。
USBケーブルの中には4本のケーブルが入っていてLEDイルミナシオンと同じケーブル数なので
先端を切断して接続端子を付けるだけでそのまま使えるようになります。

自分はZ9 PlusのフロントパネルのUSBポートに
接続するUSBケーブルは4本(2本セット)あるのでそのうちの1本を分解して使いました。
因みにこのケーブルの長さは80cm以上あったのでミドルケースでは十分な長さでした。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]001
<Z9 PlusのUSBケーブル 改造前>



まず、ケーブルとコネクタを分離するんですが、
分離方法はピンが抜けないようにストッパーが寝ているような感じで止められているので
カッターや小さなマイナスドライバーでそのストッパーを起こしてやれば簡単に抜けます。

この作業にシングル丸ピンICソケット(2.54mmピッチ)や熱収縮チューブ(1mm、5~6mm)、
またハンダゴテ用具が必要です。
尚、これらのパーツは 秋月電子通商 などの電子部品販売店で売ってます。
ただ、この辺のパーツについてはそんなに詳しくないので
製造メーカーによってはサイズなどが違っていたりするかもしれません。
あと、ソケットは繋がってますが折ったり、カッターなどで分離できます。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]001
<シングル丸ピンICソケット>



あとは熱収縮チューブを通してハンダ付けするだけです。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]001



尚、端子の接続方向を間違わないようにワザと中の4本のケーブルが見えるようにしています。
また、端子のところまで熱収縮チューブをすると曲げにくくなったりして、
ケーブルの取り回しがやりにくくなるというのも理由のひとつです。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]005
<Z9 PlusのUSBケーブル 改造後>



また、延長ケーブルについては LEDイルミナシオンのレビュー でも書いてますのでそちらも参考にして下さい。

あと、このほかに「丸ピンIC連結ソケット(両端オスピン)」があると
接続ピンが不足したら時などに代用できますので便利です。
シングル丸ピンICソケット」の代わりに「丸ピンIC連結ソケット(両端オスピン)」を利用してもいいんですが、
通電中にショートする危険性があるのでできればメスコネクタタイプのものをおススメします。



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]002
<丸ピンIC連結ソケット(両端オスピン)>



[FST-MAG-B]+[LEDイルミナシオン]009



磁石が強力なのでHDDの近くに取り付けないなどの注意する必要があります。
また定番ですが、真似される方は自己責任でお願いします。




(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。