Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

E-Value ソケットアダプターセット ESA-3 藤原産業

2016.09.16 (Fri)
E-Value ソケットアダプターセット ESA-3 のレビューです。
この製品はインパクトドライバーなどの様々な先込み角のソケットを装着して、
ボルトやナットの締め外しができる先端工具とを繋げる変換パーツです。

普段は「SK11 ソケットセット SHS308M」 などを取り付けて使用していますが、
一番でっかい青いヤツは取り付けられる工具を持っていないので今のところは使ってませんし、
あったとしてもそんなでっかいボルトを取り外すこともないので一生使うこともないでしょうw。


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業 SHS308M


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業
パッケージ表


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業
パッケージ裏


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業
色でサイズが分かるようになっています。
このような感じで色でサイズを確認できるのはめちゃくちゃ助かるんですが、
この辺の規格として統一するといいですけどね。


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業 SHS308M
長さなどはカッターマットの升目(2センチ間隔)を参考にして下さい。


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業
表面はステンレスのような感触で気持ちいいです。
たぶん、メッキ加工されているだと思いますが詳細は不明です。


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業
色が付いている部分はアルミっぽいです。尚、取れません。


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業


E-Value ソケットアダプターセット 3本組 差込角 6.35(1/4)・9.5(3/8)・12.7(1/2)mm用 ESA-3 藤原産業



Windows ブログランキングへ





スポンサーサイト



E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業

2016.09.15 (Thu)
藤原産業のブランド E-Value の
小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP のレビューです。

この製品は軸が丸いドリルなどを六角軸ビットの差込がある
電動ドライバーなどで使えるようにする先端工具です。
尚、仕様などの詳細はパッケージ裏の画像を見て下さい。


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
ローレット(滑り止め加工の凹凸)を右の方向に廻すと締まり、左に廻すと緩みます。


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
パッケージ表


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
パッケージ裏


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
取付可能サイズは最大で 6.5 mm となっていますがほんとに 6.5 mm までしか無理でした。


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
最小の取付可能サイズは1.5 mm となっていますが、0.5mm 径のものも取付可能でした。
ただ、正常に使えるかは試していません。


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
取付例


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
ローレット部の直径は約 24 mm


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
先端の穴径は約 10 mm


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
分解1


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
分解2


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
分解3


E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
分解4


あったらいいなぁ~と思って購入しましたが、未だに活躍の場面はありませんw。
ただ、硬そうな金属で出来ているのでそれなりに耐久力もあるみたいですし、
軸が円のドリルはたくさんあるので常備しておくだけで満足な製品ですね。(o^-^o)

あと、木材を固定出来るようなパーツを作成してろくろ的な使い方も出来そうですし、
アイデア次第では別の用途でも使えそうです。((o(´∀`)o))ワクワク

ひとつ残念なところはネジ部に潤滑油のようなものが塗られているですが、
それが臭うところと製品に触れると油が手に付着することですね。

尚、この製品はチャックキー(下図)による締め付け方法ではないので
高トルクを必要とするものを取り付けて使うには不適当だそうです。


チャックキー E-Value 小型ドリルチャック 6.5mm用 EDCK-02BP 藤原産業
チャックキー



Windows ブログランキングへ



充電式インパクトドライバーってすげぇ~! SK11 SID-144V-13Li 藤原産業

2016.09.11 (Sun)
藤原産業の充電式インパクトドライバー「SID-144V-13Li」のレビューです。
まずはガンダムちっくな外観から紹介します。

マニュアル(PDF)


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
オモテ


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
ウラ


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
Made in Korea


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具


シルバーのところが金属製、バッテリーは樹脂製、
そのほかの白黒の部分はラバー(ゴム)製になっています。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具


左右に飛び出している赤いのが回転方向を切り替えるスイッチで
右に押し出すと正回転、左に押し出すと負回転します。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
先端


サイトによっては型番の最後の文字にWやSがつくことがあるみたいですが、
これは付属するバッテリーの数みたいでSがひとつ、Wがふたつのようです。
(※未確認情報)


■購入動機
今まではトルクが約3.0N.mのコード式の電動ドライバーで事足りてたんですが、
以前書いた「単管パイプとジャッキベースで安価に屋根をジャッキアップ!」の頃に
ちょうど近所のホームセンターのチラシに安売りしていて、
14.4Vでリチウムイオンの予備バッテリーまで付いて
九千円を切ってたので思わず買っちゃいましたw。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いは色々とありますが、
一番大きな違いはインパクトドライバーは回転方向に打撃が加えられるので
より強い力でネジを締め付けることが出来ることです。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
ケース


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
ケース内


ところで藤原産業というのはあまり馴染みがないと会社だと思いますが、
DIY関連の工具をたくさん販売している会社で、
「E-Value」や「SK11」というブランド名では知ってる方もいるんじゃないでしょうか。

「SK11」はスタンダードブランドで「E-Value」がベーシックブランドだそうです。
スタンダードとベーシックの違いはよく分かりませんが、
工具を見る限り「SK11」がより本格的なものが多いみたいです。

ホームセンターなどでも割と安値で販売されているんでたまに購入するんですが、
藤原産業の工具は2006年に「E-Value」ブランドのジグソー EJ-570SO(PDF)を買ってました。





藤原産業のジグソーは月に一度使うか使わないかの使用頻度ですが、
木材カットのほかに畳の裁断、庭木の伐採した枝を細かくしたりと
かなり酷使しながら10年近く使ってますが未だに普通に使えています。


■バッテリー
そんなメーカーのインパクトドライバーだから
そこそこの耐久性もあるだろうと安易な気持ちで買ったんですが、
本当の決め手はリチウムイオン電池&予備電池付きですね。

リチウムイオン二次電池はニカド電池やニッケル水素電池と比べ、重量が軽く、
メモリー効果(継ぎ足し充電をすると放電中に一時的な電圧降下を起こす現象)がほとんど無く、
また、自己放電による容量低下が少ないなどの特徴があるそうです。

この手の製品で予備バッテリーまで付いて一万円を切るような製品は
バッテリーがニカド電池だったりすることがありますが、
リチウムリオンバッテリーの場合は使いたい時に放電して使えないということが少なく、
継ぎ足し充電しても機能低下が起きにくいということですね。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
バッテリー残量表示


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
バッテリー SBP144-13LIC


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
着脱も簡単にできます。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
充電中


バッテリーの持ちもいいようで購入してもうすぐ一年ほど経ちますが
まだ2度ほどしか充電してません。


▼パワー
他のものを知らないのでなんとも言えませんが、
パワーはあり過ぎるほどでパワー不足を感じたことはまだ一度もありません。
尚、レバーの押し加減でスピードコントロールはできます。
下記の動画はツーバイフォー材に 75 mm のコーススレッドを打ち込でいる様子です。





▼火花に注意
動画の最後を見て頂くと分かる通り、火花が出ますが、
これはこの製品に限ったことではなく、この手の製品ではよくあることみたいです。

トリガー(引き金)を強く引いてパッと手を離すとブレーキを掛けたようにキュッと止まるんですが
その時にモーターの接点らしきところから必ず火花が出ます。
この火花が出る現象は他の製品でもよくあることみたいなで正常な反応みたいですが、
ガスなどの引火物があるところでの使用は気をつける必要があります。

この火花について調べたらカーボンブラシが原因のようです。
新品ほどカーボンブラシに当たりが出ていないため火花が出るそうです。
カーボンブラシは消耗品なので交換できるようになっているですが、
この製品には交換できるようなところもないですし、
ネジ自体が弄り防止の星型ネジ(トルクスネジ)で
分解して交換できるようにはなってないです。

というか、そもそもこの製品にカーボンブラシが付いているのかさえ分かりませんw。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具


▼音
打撃音がうるさいので夜は使えませんね。
ただ、打撃音はトルクが必要な時に掛かるような仕組みみたいなので
トルクがかかってない状態では単なるねじ回しとして使うこともできます。


▼LED
LEDは先端より少し下が照らされるので暗い中での作業する時はちょっと見辛いです。


■ウエストポーチ
ウエストポーチは使ったことないんですが、
おまけみたいな感じですね。


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
オモテ


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
ウラ


SID-144V-13Li 充電式 インパクトドライバー 藤原産業 SK11 E-Value 工具
装着



Windows ブログランキングへ


 | HOME | 
トップに戻る