Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック製スリム型ブルーレイドライブ UJ-240を軽く分解してみた!

2016.05.19 (Thu)
ネットでPS3のピックアップレンズの交換の記事を見かけたのをキッカケに
ピックアップレンズがあれば壊れて正常に動かなくなったUJ-240を修理できるかもしれないと言う、
淡い期待の元に型番を調べる為に軽~く分解してみました。
尚、故障の原因がピックアップレンズと言う根拠はまったくありませんw。

因みに光学ドライブはDVDレコーダーのものから5インチベイのものまで
3台ほど分解したことが有ったんですけどスリムタイプは初めてです。((o(´∀`)o))ワクワク


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
左からLEDライト、イジェクトボタン、非常用のトレイ開閉スイッチ


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
Slimeline SATAコネクタ


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
トップカバーにある3ヶ所のネジを外すとトップカバーは外れます。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
琥珀色のフラットケーブルは接着されています。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
トレイの左後部にあるデッパリが壁を蹴ってトレイを開けます。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
引っ掛かりを外すと底面カバーは外せます。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
B32 A9720VY


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
UNM095458


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
JMA240Y M9IAHG020095 KCM007358


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
JPFP0292ZA


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
中心付近にあるのがレンズ稼動用モーターみたいです


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
出力調整?はトレイを開けるだけでアクセス可能な位置に。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
slimeline SATAコネクタ側の基板


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
レーザー出力調整2?


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
ピックアップレンズの型番らしきものどこにも記載されておらず。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
トレイが閉まらなくなったので色々確認していたらテーブルにバネが落ちてた~w。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
分解前の画像で確認したらどうもこの辺らしい。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


取り付けたらちゃんと閉まるようになりました。ε- (´ー`*)フッ
型番を調べる為に軽く分解してみましたが
結果的には何の情報も得られず萌えポイントも余りありませんでした。(´・ω:;.:...





Windows ブログランキングへ







(o^-^o)
スポンサーサイト

【PC】 Fractal Design 「Node 804」のフロントパネルのアルミ板を逆向きに付けてみた!

2016.05.03 (Tue)
サブ機のPCケース Fractal Design 「Node 804」は
今は無き、coneco.net の体験レビューというレビューする代わりに
レビュー製品を無償提供して頂けるというとても有り難い企画で頂いたものです。







Node 804 の電源ボタン、光学ドライブ(スロットインタイプ)、
USBコネクタなどはすべて右側に集められています。

光学ドライブを使う場合は壁から12cm以上離す必要もありますし、
その上でアクリルパネルからケース内を見せるように配置しようと思うと
机の真ん中にでも置かないと解決しないようになります。

また、メンテナンス性(フィルター掃除)もいまひとつなんです。
例えばフロントパネルの中にファンフィルターが付いているんですが、
それを外すにはケースを持ち上げてファンフィルターを下に引き抜くか、
ケースのフロント部をテーブルの端から出るところまで移動させて下に引き抜くしかありません。

そんな感じでデザイン性を重視した故に残念な部分も多々あるケースなんですが、
兎に角、デザインはいいがメンテナンスや使い勝手が最悪のケースなんです。ヽ(`Д´)ノプンプン

そんなケースをいいものに出来ないかと
フロントパネルを外して眺めていたらフッと急にヘアライン加工されたアルミを
上下逆さまに取り付けたら操作パネルや光学ドライブを左側に
取り付けられるんじゃないかなぁ~ということでバラしちゃいました。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


アルミ板はフロントパネル内側から4点で固定されています。
尚、ヘアライン加工のアルミ板は傷付きやすいのでアルミ板を底にする時は
布などを敷いてから作業した方がいいです。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


ネジを外して上方向に引くとアルミ板は外れるんですが
このままだとスイッチ類のデッパリが邪魔で外せないのでそちらを先に外します。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


LED用の透明なパーツも外します。
勢いで外しましたが外さなくてもアルミ板は外せそうでしたw。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解
※画像は既にアルミ板を外したものです


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解
※画像は既にアルミ板を外したものです


図のような感じに電源スイッチが引っ掛かっているので押しながらアルミ板を引くんですけど
電源スイッチは溶着されているだけの脆い構造なので取り扱い注意です。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


アルミ板外した状態。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


アルミ板外した状態(内側から)。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


尚、アルミ板は取り外すと真っ平になります。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


スロットイン部分の裏側には不織布みたいなものが取り付けられています。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


逆さに取り付けてみたら思いのほか簡単に取り付けられました。
ロゴが逆向きになりますが小さいのでそれほど気にならない感じで悪くない。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解


ちょっとやる気になってスロットインタイプのブルーレイドライブを探してみたんですが
Panasonic UJ-265 と同じく Panasonic BDR-TS04 くらいしか出回ってないですね。
しかもあってもトレイタイプと比べると高過ぎるッ!
と言うことでサブ機のブルーレイドライブ取り付け計画はあっけなく頓挫ですw。


Fractal Design Node 804 フロントパネル 分解





▼関連リンク
これで全てが分かる。Fractal Design「Node 804」徹底解説


Windows ブログランキングへ







(o^-^o)

【PC】 そしてどれも認識されなくなった…!?

2015.11.08 (Sun)
前回の記事の冒頭でブルーレイドライブが次々に認識されなくなり
おかしなことになったと書きましたがブルーレイの購入履歴とともに時系列に説明します。


■ブルーレイ購入履歴

初代 アイオーデータ BRD-SH10B
2010年8月に12,800円でアイオープラザで購入、
ファンコンを接続した時に過電圧か、または過電流のどちらかで壊れた

二代目 パイオニア製品 BDR-206JBK
2012年2月に10,000円ほどでソフマップで購入
読取エラーが多発するようになり一軍より長期離脱

三代目 UJ-240
2012年11月に\3,000円ほどでヤフオクで購入(中古)、
読取エラーがたまに出るようになり一軍より長期離脱

四代目 バッファロー BRXL-PCW6U2-BK (PIONEER BDR-TD05)
2013年8月に5,000円ほどでアマゾンで購入

R0021974_R.jpg




■そしてどれも認識されなくなった…!?
BDR-TD05 も一週間ほど前から
ムーブした録画データの読み込みに異常に時間が掛かるようになり、
その後、まったく読み込みができなく廃棄処分相当の扱いなりました。Σ(゚д゚lll)ガーン

そこで三代目の UJ-240 に変えてみたら調子が良かったのでそのまま使ってたんですが、
数日後にこれも読み込みエラーが頻発するようになりご臨終…?

二代目 BDR-206JBK は認識には問題なかったので接続してみたら認識されているが動かず…。

すべてのドライブが認識されているが動かなったので最後にDVDドライブを接続してみると
こちらは読み込みはもちろん、MP4のデータの書き込みまで問題ありませんでした。


※ここ時点ではまだすべてのドライブはエクスローラーで認識されていました。


ふと Windows 10 でまさか動かなだろうなぁ~、
BRXL-PCW6U2-BKの中にUJ-240を入れてUSB経由で接続してみたが、
POST画面で「なんてろかんてろ・・・ any Key ・・・」だとか書かれてWin10も起動しない始末…、
USBで接続していたドライブの接続を解除すると難なく起動っ…。(´・ω`・)エッ?
そういや、サンワサプライ KB-USB-LINK3 のリンクケーブルを挿した時もそんなことがありました。

そんなことはさておき、ドライブにBDメディアを挿入すると、
すぐに認識して中身(mp4ファイル)も閲覧可能でした・・・。Σ( ゚∀)ゲッ!!

ドライブから「キュッ、キュッ」と聞き慣れない音もしてたので完全に
ドライブが壊れたと思ってましたが、もしかして Windows 7 の方がおかしいの?!


それから、Microsoft の診断ツール Fix it 、
CD や DVD ドライブが認識されない、読み取れない、書き込みできない問題」 を
ダウンロード(MicrosoftFixit.dvd.RNP.Run.exe)してテストしてみたんですが改善の見込みなし。


20151105013.jpg


また、こちらのページを参考にレジストリを弄ろうとしても
「4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318」が複数あり
「Upperfilters」や「Lowerfilters」も複数あってどれを弄っていいのかも分からずに断念…。


20151105042.jpg


この他にももうひとつ Fix it を試したりドライバを削除したりしてたらいつしか、
すべてのブルーレイドライブがエクスプローで表示されなくなり、
デバイスマネージャでも黄色い!マークがついてました~。(´・ω`・)エッ?




■五代目 BUFFALO BRXL-PC6VU2-WHC
もうどのドライブが正常に動くものさえも分からなくなったし、
取り敢えず、新しいブルーレイドライブを買って動作確認することに…。

どうせ1,2年で壊れるのでバルク品の東芝サムスン SN-506BB あたりでも良かったんですが、
Windows10 に BRXL-PCW6U2-BK の付属ソフト PowerDVD10 を接続した時に
ソフトのアップデートがうまくいかなくて市販のブルーレイが見れなかったので
Windows10 に公式に対応していると書かれているソフトが付属している
BUFFALO ポータブルブルーレイドライブ クリスタルホワイト BRXL-PC6VU2-WHC」 にしました。

この機種は四代目 バッファロー BRXL-PCW6U2-BK (PIONEER BDR-TD05)の後継機みたいで
ACアダプターが付属しないこと以外は概観や構造はまったく同じでみたいです。
分解方法もおそらく BRXL-PCW6U2-BK と同じだと思います。


BRXL-PC6VU2-WHC
オールホワイトで素敵ですw。


BRXL-PC6VU2-WHC
LEDのカラーは明るめのグリーンです。


BRXL-PC6VU2-WHC
箱 オモテ


BRXL-PC6VU2-WHC
箱 ウラ


BRXL-PC6VU2-WHC
ウラ


BRXL-PC6VU2-WHC
ACアダプター(別売 AC-DC5)は付属してませんがコネクタもあります。
BRXL-PCW6U2-BK のアダプター(画像)で代用可能だと思いますが
対応情報には記載されてませんでしたのでもし代用する場合は自己責任でお願いします。


BRXL-PC6VU2-WHC
LEDの色も BRXL-PCW6U2-BK と同じブルーです。
NZXT H440 に乗せると若干の違和感がぁ~w。ヽ(´▽`)/


BRXL-PC6VU2-WHC
ソフトです。


20151105009.jpg
中身は MATSUSHITA UJ260AF でファームウェア バージョンは 1.00 した。



■悪夢、ふたたび!
早速、繋いでmp4動画ファイルが入った BD-R を差し込むと、
10秒ほどでディスクタイトルが表示されて認識されました。ε-(´∀`*)ホッ
これで Windows7 がおかしかった訳じゃなかったということが証明されたので
他のブルーレイが壊れたことは残念ですが原因がはっきりしたのでホッとしてたんですが
しばらくするとエクスプローラーでまた表示されないようになり、
デバイスマネージャのプロパティには以下のようなメッセージが表示されるようになりました。

「このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。
ドライバーが壊れているか、ドライバーがないは可能性があります。(コード 39)」



20151105046.jpg


さらにはこんなメッセージも…!(・_・)エッ....?
「レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているため
このハードウェア デバイスを開始できません。(コード 19)」



20151105020.jpg



■Windows 7 再インストール(その前にWindows 10 アップグレート)
これで完全に Windows 7 がおかしいことが確定したので Windows7 を再インストールしました。
実はメモリを増設した後に一時的に Widows 10 アップグレードしてその経歴を残す予定でしたが、
このトラブルを解消しないとムーヴできない録画データが増大してHDDを圧迫していくので仕方ないですよね。
あとWindows10のライセンス認証は結構ゆるいところもあるみたいなのでそれに期待してますがぁ~w。


OSを再インストール後にすべてのドライブの動作確認したところ、
BRXL-PCW6U2-BK は認識するもののディスクを入れても
中身が見れないので本当に壊れてるみたいでした。

BDR-206JBK は調子いい時は読み込めたので以前と同じでした。

UJ240 はまったく壊れてませんでしたので購入した BRXL-PC6VU2-WHC は箱に戻して
もしものためのバックアップとして使わないで保存しておきます。

今回はなぜこんな状況に陥ったのかまったく理由が分からないんですが、
BRXL-PCW6U2-BK が壊れたのに起因してドライバ関係もおかしくなったのか、
変なウィルスに感染してたのか、それともまた別のことが原因かも…?

どっちにしても一年以上もクリーンインストールしてなかったので動作が少し速くなりましたし、
結果的に Windows10 にもアップグレードした履歴も残せたみたいなので良かったです。







( ^ω^ )
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。