Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データの断捨離を遂行中!~ Explzh for Windows ~

2016.09.10 (Sat)
3TB(WD30EZRZ)のHDDを買う前に書いた記事です。

WD HDD 3TB WD30EZRZ 購入時データ・メモ


--------------------


データ用HDDがひっ迫してきたので
パソコンに入っているデータの断捨離を敢行し、
HDD内をスッキリさせることにしました。

断捨離するデータの廃棄基準は一年以上開いていないデータで
どうしても削除できない動画以外のデータはDVD(BD)などに退避させ、
動画データはGoogle フォトにアップロードすることでHDDの空スペースを確保しました。
因みにDVDに退避させるデータは解凍(ZIP化)してDVDメディアに書き込みました。

こんな感じで整理する前には約 24 GB ほどあったドキュメントフォルダは、
DVD1枚に書き込めるサイズまで減らすことが出来ました。ヽ(´▽`)/


HDD SSD データ 断捨離 削除
整理前


HDD SSD データ 断捨離 削除 整理 ZIP 解凍
整理後





■圧縮に失敗
こんな感じで暇を見つけては地道にデータの振り分けをしているですが、
右メニューの「送る」 →「圧縮 (zip 形式) フォルダー」で問題が…。


HDD SSD データ 断捨離 削除


ファイル名に「~」など圧縮フォルダで使用できない文字が使われているとかで失敗したり…。


HDD SSD データ 断捨離 削除


「ファイルが見つからないか、読み取りのアクセス許可がありません。」でも失敗ッ…。


HDD SSD データ 断捨離 削除


こんな感じて結構な割合で失敗するんですよね。
使用できない文字の場合はその文字を修正するだけなんですが、
HTMLファイルはフォルダなどとリンクされているのでファイル名を修正すると表示が崩れたりしますし、
「ファイルが見つからないか、読み取りのアクセス許可がありません。」については
原因を探れなく作業を中断することも度々…。ε- (´ー`*)フッ

また、複数のフォルダを選択してフォルダ単位で一括解凍することも出来ないですし、
その都度原因を探っていたら埒が明かないので
その辺のことを自動でやってくれるフリーソフトを探してみることにしました。




■Explzh for Windows
そこで見つけたのが「Explzh」です。
最初は設定項目が多過ぎて訳が分からなくなって一旦削除してしてまったんですが、
そのほかにいいソフトが見つからなくてヘルプなどを見ながら
再チャレンジしてやって使えるようになりましたw。

Explzh for Windows

Explzh はPC のデフォルトのテキスト文字セットで表現できないファイル名が含まれる場合でも、
前述のようなエラーが出て解凍できないということが全く無くなりました。ヽ(´▽`)/

エラーの原因は文字コードが関係しているらしいですが、
文字コード自体が全く分からないですし、理解する気もないので
この辺の処理を自動でやってくれるのでとても助かります。

使い方は至って簡単で圧縮したいファイルを選択して
右メニューに「書庫作成」をクリックします。


HDD SSD データ 断捨離 削除 整理 ZIP 解凍 Explzh


すると設定画面が現れるので適時設定して「OK」ボタンをクリックするだけです。
あと、複数のファイルを選択してから設定画面を開くと、
「ファイル個別に書庫化」の項目が有効になって複数のファイル(フォルダ)を
一括で個別に圧縮することもできます。
この個別に一括で圧縮できる機能がとてもありがたいです。


HDD SSD データ 断捨離 削除 整理 ZIP 解凍 Explzh



Windows ブログランキングへ
スポンサーサイト

EDIUS 要らないタイトルの整理術

2014.03.16 (Sun)
2014/03/26追記 重要な発見!

クイックタイトラーに画像を取り込んで利用している場合に
下記の「プロジェクトフォルダに転送」しても画像までは転送されないので
リンク切れになりタイトルのサムネイルが下図のような画像になります。
クイックタイトラーはEDIUSとは別のソフトなのでEDIUSではその辺までは管理できないみたいですね。
クイックタイトラーを開いてリンクを修正すれば元に戻せそうですが数が多いと面倒なのでご注意を!




Image 431
タイトルがすべてこんな変なマークになります~w。


ここまでが追記です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クイックタイトラーで作るタイトルは保存する時に上書きで保存すると、
「元に戻す(Ctrl + Z)」操作では元に戻せなくなるので基本的に別名で保存しています。
しかし、このやり方はファイル数が増大するので映像が完成したら
タイムラインに参照されていないタイトルなどの素材を「ビンの検索」を使って削除しています。

ビンの検索 ⇒ 「EDIUS 別のプロジェクトのシーケンスを再現(再利用)するには…



■「登録の解除」と「ファイルの削除」

ただ、このビンの検索から使用してないタイトルを探し出して「登録の解除」をしても
実はプロジェクトファイルにあるTitleという名のフォルダの中には残っています。(・_・)エッ....?
登録の解除とは、ビン内から削除されるだけでファイルがそのものが削除されるわけではないですね。
ちゃんと削除するには「ファイルの削除」を実行する必要があります。

ファイルの削除は、プロジェクトフォルダにある時(ブルーの小さな点がある)のみ削除可能です。
また、シーケンスやカラーマット、カラーバーなどと一緒に複数選択していると
グレーアウトで選択できなくなっていますし、削除すると元に戻せないので注意が必要です。
尚、登録解除に関しては間違って削除してもタイムライン上に残っていればいつでもビンへ追加できます。



「ファイル削除」せずに「登録の解除」した場合には…

ファイル削除せずに登録の解除だけした場合には使用してないタイトルがTitleフォルダなどに残っています。
ファイル名をちゃんと付けていれば探すのも簡単なんですが、別名保存にしていると探すのが面倒ですよね。
そんな時に役立つのがファイルメニューにある「名前を変更して保存」です。

やり方は、まず、「名前を変更して保存」をクリックして適当な場所にプロジェクトフォルダを新設します。
そして、そのフォルダに名前を変更したプロジェクトファイルを保存します。
ここのまでの操作で要らないタイトルは、まだ元のプロジェクトフォルダに保存されている状態で
新しく作ったプロジェクトフォルダにはありません。このままでは
元のプロジェクトフォルダを削除するとリンク切れとなるので
ビン内にあるタイトルを選択して「プロジェクトフォルダに転送」をします。
無事に転送された場合はビンにあるタイトル(サムネイル表示)にブルーの小さな四角形がつきます。
因みにグリーンの四角形はタイムラインにあるクリップを意味しています。

あとは元プロジェクトフォルダごと削除すれば要らないタイトルの削除は完了です。
尚、元プロジェクトファイルを削除したら、一応、新しいプロジェクトファイルを起動させて
リンク切れのチェックだけはしておいた方がいい
と思います。
万が一、リンク切れになっていたら削除した元のプロジェクトフォルダを
元に戻すなりしてリンク切れを解消してください。

今回はタイトルに限って記載しましたが、
画像や動画などの素材もプロジェクトフォルダに転送できるので
それらもひとまとめに転送しておくとリング切れの心配がなくなるのでおススメです。
カラーマットやカラーバーはプロジェクトファイルに保存されているみたいなので
転送する必要はないみたいです。

尚、、素材を転送すると大元の素材をコピーして保存される形になりますので
当然、容量も2倍になりますのでHDDの容量にはご注意を!



( ^ω^ )
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。