Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

【EDIUS】 EDIUS Pro 8 買っちゃいましたぁ~!

2015.07.27 (Mon)
昨日でちょうどPro 8 の体験版の使用期限が切れたんですが、
イマイチ購入するまでの魅力を見出せなかったのでもう暫く様子見するつもりでした。
ところが楽天市場の「特価COM」というショップでポイント19倍(ダブルエントリーが必要)に釣られて
「EDIUS Pro 8」をカートに入れてポチッと購入ボタンを押しちゃいましたw。

購入したのは「Adobe Creative Suite 6 Production Premium 指定校学生・教職員向けライセンス版」を
持っていたので「EDIUS Pro 8 優待乗換版 EPR8-CGRJ」です。ヽ(´▽`)/



■コンソリデート
購入の決め手はポイントでしたが使ってみたい機能はいくつかありました。
Neo 3.5を使っていて一番欲しかった機能はコンソリデート機能ですね。

コンソリデートとはプロジェクトで使用している素材を収集し、保存することができたり、
編集終了時やプロジェクトのバックアップを行う際に便利な機能です。
Neoにもピン内のクリップを「プロジェクトフォルダーへ転送」で転送することはできましたが
コンソリデートではタイムラインで使用している部分のみを切り出して保存できます。
過去のプロジェクトファイルを整理したかったんですが、
300以上のプロジェクトファイルがあって手が付けられない状態だったのでこれはぜひとも使いたかったです。
尚、コンソリデート機能はPro7などに既に搭載されていた機能です。

コンソリデート



■トランスフォーム
更にいいなぁ~と思ったのがトランスフォームです。
トランスフォームと言ってもGPUトランジションにあるものじゃなくビデオフィルターにあるトランスフォームです。
この機能もPro 7などには既に追加されていた機能ですが機能的にはレイアウターとまったく同じです。

最初はこれの使い道に戸惑いましたが実はとても便利なビデオフィルターでした。
ポイントは、レイアウターはひとつのクリップにひとつしか設定できないのに対し、
トランスフォームはビデオフィルターなのでクリップにいくつでも適用できるというところにあります。

もう少し詳しく説明すると、
例えばトランスフォームでドロップシャドウだけを設定したプリセットを作成しますよね。
そのプリセットをクリップに適用するだけでドロップシャドウを追加できるようになります。
要はドロップシャドウと言う単独のビデオフィルターを作れるというと分かりやすいかと思います。
そんな感じでレイアウターにある設定項目を細分化して
プリセット化できるめちゃくちゃ便利なビデオフィルターです。



■H.264 ハードウェアアクセラレーションデコード
あと目玉のH.264 ハードウェアアクセラレーションデコードについての検証は
EDIUS専用サイトの方に記事にしてますが概ね2割程度の向上が見られました。

EDIUS Pro 8の新機能 ハードウェアデコードの効果検証



■その他
レイアウターのキーフレーム設定領域がNeo3.5だとある程度のところまでしか伸縮できなかったのが
Pro 8ではプレビュー画面が見えなくなるまで広げることが出来るようになってました。
また、ビン内のサムネイルのサイズをスライダーで自由なサイズに変更できたり、
アイコンが表示サイズ(大・中・小)でデザインが異なっていたりします。



スポンサーサイト

【EDIUS】 アルファカスタム 縦に4分割する

2014.11.29 (Sat)
EDIUS アルファカスタム サンプル動画」の縦に4分割されたところの作り方を
詳しく教えて欲しいというコメントを頂いたのでハウツー動画を作りました。
1080p視聴推奨動画です。




EDIUS アルファカスタム 縦に4分割する



(o^-^o)

EDIUS 存在しないオフラインクリップ?

2014.05.15 (Thu)

縁側の「Binに表示ないオフラインクリップについて」という質問を見て再現してみました。
実は自分もビンに存在しないのに何故かオフラインクリップが存在していて、
そのオフラインクリップをどうしても削除できないということがありました。
編集作業にはまったく支障の無いんですがなんかスッキリしないんですよね。
色々と調べた結果、この現象は下記の手順を行うと再現できました。


<再現手順>

① シーケンス1とシーケンス2を作ります。
② ビンに適当なクリップ(カラーマップやカラーバーは不可)をひとつ取り込み、
   シーケンス2に配置します。この時、先頭から少し間を空けて配置します。
③ ビンにて、クリップを右メニューにある「登録の解除」で削除します。
④ クリップの保存場所にて、クリップの名称の変更、または、移動させたりしてオフラインクリップにします。
⑤ タイムラインのシーケンス2にて、右メニュー(タブ)の「このシーケンスを閉じる」でシーケンス2を閉じます。





これでビンにもタイムラインにも無いオフラインクリップの出来上がりです。ヽ(´▽`)/
画像の赤枠のところがオフラインクリップがあることとその数を表示しています。
因みにここをダブルクリックすると「クリップの復元と転送」の画面が開きます。(最近、知りましたw)


オフラインクリップの再現



尚、シーケンス2に配置したクリップを先頭から少し間を空けて配置した理由は、
オフラインクリップがタイムラインの先頭にあるとシーケンスのサムネイルが下図のように白黒の格子模様になり、
オフラインクリップがあることが気付きやすいので、敢えて気付き難いように設定しました。



Image 021



■ビンにもタイムラインにも無いオフラインクリップの削除方法
理屈が分かれば解決方法(削除)も分かった方もいると思いますが、
オフラインクリップを削除するには、ビンにあるシーケンス2をダブルクリップ、
又は、右メニューにある「シーケンスを開く」から開いてタイムラインを表示させます。
するとシーケンス2のタイムラインにオフラインになったクリップが表れます。

あとはそのまま削除してもいいですし、このクリップを右メニューにある「ビンへ追加」から
ビンへ追加すると斜線の付いたオフラインクリップ(表示モードによる)になります。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようにビンにもタイムラインにも無いオフラインクリップがある場合には、
ビン内にあるけどタイムラインに表示されていないシーケンスを探してみるといいかもです。

ファイルが多くて探しにくい場合は、虫眼鏡のマークの「ビンの検索」で探すと簡単です。
項目を「クリップの種別」、種別を「TLシーケンス(タイムラインシーケンスの意)」に設定して、
追加ボタンを押せばシーケンスのみが一覧表示されます。



Image 024



尚、ビンの検索を使用する場合は、下図の青いフォルダマークの「フォルダの表示/非表示」でフォルダを
階層表示にして名称を変更しておくと、現在表示されているフォルダが何なのかがすぐ分かるのでオススメです。



Image 027



(o^-^o)

EDIUS 一瞬、白く光らせる動画を作ってみた!

2013.06.15 (Sat)

今回はスライドショーなどで使うとカッコいい、「一瞬、白く光る動画」を作り方を紹介します。


まずは動画をご覧ください。



※デフォルトで720pで再生されるようになっています。
[動画内の背景画像提供元:NHKクリエイティブライブラリー]



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■マスクを使った方法

キーフレームは3点のみで最初と最後のキーフレームの設定値は同じです。
あと、内側に単色のフィルターを適用して真ん中のキーフレームを強さ100%にして白光するようにしています。
キーフレームの間隔は3フレームで、他の方法も同じ間隔です。


マスク1


<最初と最後のキーフレームの設定値>
マスク2


<中央のキーフレームの設定値>
マスク3


<単色(白)の設定値>
マスク4



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■カラーマットを使った方法

クリップの下に白のカラーマットを配置し、
ミキサー(MIX)のラバーバンドを弄って下のカラーラットを透けさせるようにしてます。
画像のV時に凹んだところで下のカラーマットが透けて光ってるように見える仕組みですね。

カラーマット1-1



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■レイアウターを使った方法

まず、キーフレームはこんな感じです。


一瞬光るレイアウター_R


この方法が一番オーソドックスな感じで透明度と背景の不透明度を弄って作ってます。
動画を作った後に気付いたですが、
動画では背景の不透明度のキーフレームを3点追加して作ってますが、
背景の塗りつぶしカラーを白に設定して、0秒地点(100%)にひとつ設置した方が簡単ですね。(o^-^o)


<最初と最後のキーフレームの設定値>
一瞬光るレイアウター1

<中央のキーフレームの設定値>
一瞬光るレイアウター2



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今回、紹介した方法以外にもできると思いますが思い付いたものだけ紹介しました。
これらの設定をプリセットとして保存しておけば簡単に適用できるようになります。


EDIUS パーン&ズームとプリセットの保存方法 」という動画のラストの方にやり方の説明をしてます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



<今回の動画のタイムライン>
タイムライン01



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



下記の動画は以前、スリーブのレビュー動画として作ったものですが
トランジションの代わりとして、今回の方法を使用してます。
尚、音声はフリーのものを使ったんですがなぜか著作権の関係で一部無音にさせられてます。

<Bistpower Cable Sleeve White 1/16inch BP-CSD116D-WH >

※デフォルトで720pで再生されるようになっています。



EDIUSの気付かなかった機能 ~カラーピッカー~

2013.06.05 (Wed)
今年の3月の中旬頃に体験版からスタートして、
もうすぐ3ヶ月も経とうとする昨日の夜に気付いた機能の紹介です。(・_・)エッ....?


その機能とはカラーピッカーというもので、
その名の通り色をピックアップ(拾って)使う機能で
プレーヤーやレコーダーの表示されている色を拾って
カラーマットやクイックタイトラー等で使用することができます。
素材クリップのある部分と同じ色を使いたい時などにとても重宝する機能で
個人的にはかなり気に入ってます~。ヽ(´▽`)/
(機能、機能って使いすぎですね~w)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


使い方はカラーバーかクイックタイトラーを開いて、
赤枠のカラーパレットをクリックして表示される色の設定画面で行います。


カラーマット1赤枠
<カラーマットのカラーパレット>


カラーマット2赤枠
<クイックタイトラーのカラーパレット>



その色の設定画面の右下にあるスポイトのマークをクリックしてから
カーソルをプレーヤーやレコーダーに移動させるとカーソルがあるところの色が設定画面に表示されます。
あとは使いたい色のところでクリックすると設定画面に取り込まれるのであとはOKボタンを押すだけです。



色の設定画面赤枠



この機能を知るまでは



EDIUSの「現在位置をフレームをビンへ追加」をクリックして画像として保存

その画像を画像編集ソフト(GIMP)に取り込み、スポイト機能を使って色の番号をコピー

EDIUSの色の設定画面で二桁の数値をRGBのところに入力して、同じ色を再現していました。




という感じの結構な手間の掛かる作業をしていたので
この機能のお蔭で作業効率がだいぶ上がりそうです。ヽ(´▽`)/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


余談ですが、
この「現在位置のフレームをビンへ追加」等のよく使うボタンは
ユーザー設定でタイムラインなどの配置すると便利ですよ。


タイムラインのボタンの入れ替え



やり方は、ユーザー設定→ユーザーインターフェイス→ボタン→タイムラインと選択していって
左側のリストから「現在位置のフレームをビンへ追加」を選択して、右側のリストに移動させます。
尚、移動は「>>ボタン」でもできますが、ドラックの方が並び順も変えられるのでおススメですね。
並び順は上にあるものからタイムラインの左から順に並びますので使いやすいところに配置するだけです。



EDIUSで回転する4画面を作ってみたの説明動画のタイムライン


上の画像はマイ・タイムラインのボタン配置で~す。
あまり使わない機能のボタンは潔く削ぎ落としたのでだいぶスッキリしました~w。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



EDIUSの覚えたての頃の大変お世話になった「パソコンでビデオ編集 初心者講座」という
ホームページと相互リンクを張らせ頂きました。

また、参考サイトとして紹介ページまで作ってもらいました~。ヽ(´▽`)/

こちらのホームページの管理者さんは、かなりの量のハウツー動画を作られていて、
その労力に感心させられたのと同時にとても分かりやすい動画で
今からEDIUSを覚えたい人には最高のサイトですので関心がある方は一度覗いてみて下さいね。


◆パソコンでビデオ編集 初心者講座
http://wakaru-navi.com/ediusneo/

◆紹介ページ
http://wakaru-navi.com/ediusneo/category27/entry147.html



Ediusのプレビュー再生とレンダリング時間 続報 ~QSVの効果など~

2013.06.03 (Mon)
昨日のエクスポート(出力)したレンダリング時間についての【続報】です。


昨日はQSVを有効のままレンダリングしてたんですが、QSVを無効にしてMP4で出力してみました。
具体的なやり方は出力画面の下部にある「ハードウェアエンコードを使用する」のところのチェックを外すだけですね。


QSV無効レンダリング



パン・パ・カ・パ~ンw、結果発表です。


 QSV無効のレンダリング時間 : 4:16(s)

 QSV有効のレンダリング時間 : 1:46(s)


こんな感じでQSVの効果はかなり大きいみたいです。ヽ(´▽`)/

ただ、その他の部分レンダリングなどでは全く効果はないようです~(泣)。

また、画質についてですが、ハッキリ言って違いが分かんないですね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【この範囲をレンダリング】と【レンダリングして貼り付け】をした時に出力されるファイルの保存場所を調べてみたんですがちょっとビックリです。(+_+)

まず【この範囲をレンダリング】についてですが、この方法でレンダリングした場合には、コーデックがGrass Valley HQのAVIファイルが76個も出力されていました。しかも、0~7秒(7秒で200MBです)の短い動画だけで76個の合計の容量が1.02GBです。モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

因みに最高画質でMP4の出力したファイルサイズは300MBをちょっと超えるくらいでした。


あと、
【この範囲をレンダリング】の場合はタイムライン上のクリップを一時的に非表示にしただけでも
部分レンダリングが無効になってしまいますのでご注意を!


この範囲をレンダリングしてできたファイル2



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

因みに下記の画像が作成されたあるファイルのプロパティの画像です。

実は、この時に気づいたんですが、
フレームサイズと書いてある横にあるバーを動かすと動画のサムネイルを変えられるんですね。

これは地味に便利ですよね。

出力する動画の冒頭は黒い画面からフェードインすることが多いので
サムネイルも真っ暗なことが多かったんですが、これを弄れば確認しやすくなりますね。( ̄ー ̄)ニヤリ

2ヶ月以上使っているのに、このようにEDIUSにはまだ知らない機能がたくさんあります。
それだけ遊び甲斐があるってもんですねw。(o^-^o)



この範囲をレンダリングしてできたファイルのプロパティ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



続いて【レンダリングして貼り付け】についてですが、
こちらは先程のものより小さめの606MBのAVIファイルがひとつだけ出力されてました。
尚、このファイルが出力されると同時に先の出力していた【この範囲をレンダリング】の
ファイルはひっそりとどこかに消えてしまっていました。



レンダリングして貼り付けで作成されたファイル



これについてはシステム設定→レンダリング→無効なレンダリングの削除→
「レンダリングが無効になったとき(元に戻す時に復元不可)のところにチェックを入れてるからだと思ったので、
「プロジェクトを閉じるとき(元に戻す時に復元可)」の方にチェックを入れてテストしてみましたが、
思った通りに消えなかったです。また、記載通りにソフトを再起動したら消えてました。

1つ疑問なのが元に戻す時に復元可の意味がまったく分からないですね~。うむっ~?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ビンに登録しているファイルを一括変換できるというので
タイムラインに登録しているクリップをすべて非圧縮AVIに変換して置き換えてみました。
何故、そのようなことをしたかというとプレビュー再生が改善するかもと僅かながらに思ったからですw。

尚、画像は上からファイルの容量が大きい順で一番下にあるのが元ファイルです。


変換ファイルサイズ


結果から言うと、まったく変わんなかったです。
というか逆に重くなってフリーズする始末でした~w(泣)。
オマケに変換したファイルの容量は20GB(元は100MBにも満たないのに…)を超える膨大なものに…。
当然、すぐに削除しました~w。


Ediusのプレビュー再生とレンダリング時間

2013.06.02 (Sun)
インテル環境でのプレビューの再生具合とレンダリング時間についての動画を作ってみました。
前半がカクカク再生のプレビュー動画で、後半がレンダリング時間について調べた動画です。


テスト環境
CPU : Core i5-2500K (定格)
メモリ : 8GB
グラボ : なし (IntelHD3000)



⇒PC環境の詳細は上部のリンクよりご覧くだされ~。


下記がプレビューしたプロジェクトのタイムラインです。
25枚の動画クリップのすべてにトランジションのディゾブルを両サイドに適用し、25面というクリップはクイックタイトラーで作成した、黒い枠線で左上から徐々に現れるようにマスクフィルターを適用してます。

クリップが沢山重なった14(秒)位から、動画はカクカク(動画では分かりにくいかも…)と再生され、また、音声が途切れ途切れになってまともに再生できなくなりますが、止まることもなく最後まで再生できました。ただ、56(秒)のタイムラインの再生に2:16(秒)掛かりました。尚、重くて止まる場合はシステム設定の再生の項目にある「再生が間に合わない時は停止する」のチェックを外すと止まらなくなると思います。システム設定画像⇒システム設 再生


タイムラインの長さ : 56 (秒)
実際の再生時間 : 2:16 (秒)
CPU使用率 : 90%台をウロウロしてた~




25面タイムライン



レンダリングは下記の順で実行しました。

A.この範囲をレンダリング
  レンダリング時間 : 4:22 (秒)
  CPU使用率(レンダリング中) : 70~90%台をウロウロ~
  CPU使用率(レンダリング後) : 40%台



B.レンダリングして貼り付け
  レンダリング時間 : 2:14 (秒)
  CPU使用率(レンダリング中) : 90%台をウロウロ~



C.レンダリングして貼り付けが有効の状態でMP4の出力
  レンダリング時間 : 23 (秒)
  CPU使用率(レンダリング中) : 60%前後



D.レンダリングして貼り付けを無効にしてMP4に出力
  レンダリング時間 : 2:21 (秒)
  CPU使用率(レンダリング中) : 90%台をウロチョロ~




Cのレンダリング時間が極端に短いのは前にレンダリングした「レンダリングして貼り付け」のファイルを使用していると思ったのでDのテストをしてみたんですが、やっぱり無効にしただけでレンダリング時間が長くなったので思っている通りみたいです。あと、AとBのレンダリングの順番を逆にしてもレンダリング時間は変わりませんでした。


尚、自分の環境での話なので他の環境ではどうなるか分かりませんので悪しからず~。



説明するより見た方が分かりやすいと思いますので動画ご覧くだされ~w。








下記はプレビューに使用したタイムラインの元動画で、EDIUSのレビュー動画として作ったものです。







EDIUS 回転する4画面を作ってみた 【応用編】

2013.05.27 (Mon)
今回は、Edius Neo 3.5で回転する4画面を作ってみました。

前回の「EDIUSで4画面を作ってみた」より少し突っ込んだ内容で、
今回は4つのピクチャインピクチャ(動画内の動画)を回転させてみました。
回転はアンカーの位置を中心に回転するので前回のように無視することはできません。
詳しい内容は動画を見てね。

開設した日のブログにも記載してますが、
このブログの主な目的はハウツー動画や使い方などを発信することによって
自分自身のEdiusの習得を目論んでいる男のブログですw。

尚、間違っているところやもっと簡単にできるところ、
また、分からないところなどがありましたらお気軽に質問して下さい。

ただ、Ediusを使い始めて約2か月の、やっと初心者レベルを抜け出せたかも
というくらいレベルなので疑問を解決することができないかも知れませんので悪しからず~w。







■今日のタイムライン
今回アップしたハウツー動画のタイムラインです。
3Vが動画内の赤枠、2Vで主にテキスト、1Vがメイン動画など、1A&2AがBGMですね。
BGMが足らなかったので繋ぎましたw。

シーケンス1はハウツー動画を撮影するためのシーケンスです。
画面の撮影はVideoStudio Pro X5の画面の録画機能を使ってます。
シーケンス2は前回のハウツー動画を撮影するために使いました。
シーケンス3は動作確認等をするための実験シーケンスです。

EDIUSで回転する4画面を作ってみたの説明動画のタイムライン

EDIUS 4画面を作ってみた 【基礎編】

2013.05.25 (Sat)
今回は、4画面のマルチ(複数)画面のハウツー動画を作ってみました。


作り方は動画を見てもらえば分かると思いますので説明は省きますが、サブタイトルに"アンカー位置無視編"とある通りアンカーの位置は無視しています。

アンカーとは基準点のことで映像を回転させたり、ストレッチ(拡大・縮小)する場合の基準点になります。写真を画びょうで止めて回転させてるイメージをしてもらうと分かりやすいと思います。

今回のは基本編というか4画面で回転などをさせない時にだけ利用できる方法ですね。別に回転させてもいいんですがアンカーが四隅にあるので画面からはみ出しておかしな感じになります。


尚、このような簡単な4画面ならプリセットに保存しなくてもできますが、使い方が分かるよう使用してみました。







■おススメ動画
EDIUS Pro6.5 レイアウターの使い方

先日、ユーチューブユーザーのYoshihiroOhさんがレイアウターの使い方がよく分かる動画をアップされてるんですが、レイアウターの使い方がまだイマイチの方からもっとステップアップしたい方までとても参考になる動画だと思いますので興味がある方はご覧下さい。尚、タイトルにPro6.5とありますがNeoでも同じことができます。



EDIUS プロジェクト設定

2012.01.01 (Sun)

自分が使っているプロジェクト設定値です。
特に断りがない限り、下記のプロジェクトで動画作成しています。



プロジェクト設定 画面



※投稿日時は架空のものです。(o^-^o)



 | HOME | 
トップに戻る