Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッパリ棒を分解してみた!

2016.09.18 (Sun)
ダイソーではない百均でツッパリ棒を買ってきたんですが、
長すぎた場合は簡単に短く出来るのか調べるために分解したら
とても意外なものが出てきました。(・_・)エッ....?


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
株式会社マコト No.8675 伸縮ツッパリ棒 XL/白


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
細い径のキャップを外す


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
太い径のキャップを外すとバネが…。


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
太い径の方にあるバネは何故か棒に穴を開けてそのバリでバネが動かないようにされていました。
(固定されていた理由はのちほど分かります…)


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
ドリルで穴を削ってバネを取り出すと、バネは細い棒の中に…。


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
ただ、バネをくるくる回して取り出そうとしてもなかなか全容が見えず…。
やっとのことで取り出したら67センチの棒に58センチのバネが入っていました。


ツッパリ棒 分解 百均 バネ 仕組み
もう一方のバネの端末処理


さて、この棒の役割は何ぞやと考えたところ、
バネが広がってない部分と太い棒は固定されているので
おそらくこのバネがネジにあるねじ山と同じような役割を果たして
それで細い棒と太い棒をねじるとネジが締まって固定できると言った感じなんでしょう。

バネが太い径の棒に固定されていたのは固定されていないと
小さい径の棒と一緒に回ってしまってネジの役割を果たさないからだったんですね。

で本題のツッパリ棒を簡単に短く出来るかですが
この製品に関しては細径の棒とバネの長さに9センチほど違いがあるので
そのくらいなら細径のエンドキャップを外してカットするだけでもいけると思いますし、
力技でバネごとカットしてもいけると思います。

ただ、ちゃんとバネの長さより短くしようとするならば
一回全部バラしてバネと棒の両方を切断する必要があるのでちょっと面倒ですね。


Windows ブログランキングへ
スポンサーサイト

トランセンド MP3プレイヤー MP330 を分解してみた!

2016.09.04 (Sun)
本日は台風12号接近中ですが停電した時に使おうと
トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330の電源を入れようとしても入らないんでよね。
充電池が劣化してるみたいで暫く使わないとすぐに電池が空っぽになります。
ということで使いたい時にすぐに使えないのは困るので
充電池を交換できるか調べる為に分解しました。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


▼ MP330 レビュー
http://coneconet.web.fc2.com/review_127_transcend_mp330.html



USB端子付近にあるネジを外しますが
かなり細かいのでプラスドライバーの No.00 あたりが必要です。
あと、ネジは無くさないように密着袋などに入れておくといいと思います。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


図のようにマイナスドライバーをねじ込んで少しこじ開けます。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


開いたサイド部分にツメを差し込んでスライドさせたら
傷を付けずに開けられました。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


開封。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


引っ掛かりの部分が破損してましたw。(赤丸)


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
サイドスイッチを取り外した状態


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
基板裏


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
ディスプレイ部


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
リチウムポリマー電池? 3..7V


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
充電池 ハンダ接続部拡大


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
サイドスイッチ類


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V
充電池 裏面


分解はとても簡単だったんですがパーツが小さいので元に戻すがちょっと面倒でした。
あと、図にある奥の方にある白い部分がうまく嵌らなかったんですが
ドライバーで押してやったらと入りました。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


充電池のサイズは約 18 mm x 45 mm x 2 mm(厚み)、電圧は 3.7 V のヤツだったんですが、
簡単には入手出来なそうですし、充電池はヘタに弄ると危ないので止めました。
因みにちょっと前までは楽天のサイバースカイや上海問屋などで
MP330用充電バッテリーとして販売されていたみたいです。


トランセンド(Transcend)のMP3プレイヤー MP330 分解 充電池 交換 3.7V


Windows ブログランキングへ


パナソニック製スリム型ブルーレイドライブ UJ-240を軽く分解してみた!

2016.05.19 (Thu)
ネットでPS3のピックアップレンズの交換の記事を見かけたのをキッカケに
ピックアップレンズがあれば壊れて正常に動かなくなったUJ-240を修理できるかもしれないと言う、
淡い期待の元に型番を調べる為に軽~く分解してみました。
尚、故障の原因がピックアップレンズと言う根拠はまったくありませんw。

因みに光学ドライブはDVDレコーダーのものから5インチベイのものまで
3台ほど分解したことが有ったんですけどスリムタイプは初めてです。((o(´∀`)o))ワクワク


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
左からLEDライト、イジェクトボタン、非常用のトレイ開閉スイッチ


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
Slimeline SATAコネクタ


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
トップカバーにある3ヶ所のネジを外すとトップカバーは外れます。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
琥珀色のフラットケーブルは接着されています。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
トレイの左後部にあるデッパリが壁を蹴ってトレイを開けます。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
引っ掛かりを外すと底面カバーは外せます。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
B32 A9720VY


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
UNM095458


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
JMA240Y M9IAHG020095 KCM007358


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
JPFP0292ZA


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
中心付近にあるのがレンズ稼動用モーターみたいです


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
出力調整?はトレイを開けるだけでアクセス可能な位置に。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
slimeline SATAコネクタ側の基板


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
レーザー出力調整2?


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
ピックアップレンズの型番らしきものどこにも記載されておらず。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
トレイが閉まらなくなったので色々確認していたらテーブルにバネが落ちてた~w。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解
分解前の画像で確認したらどうもこの辺らしい。


UJ-240 UJ240 パナソニック Panasonic 分解


取り付けたらちゃんと閉まるようになりました。ε- (´ー`*)フッ
型番を調べる為に軽く分解してみましたが
結果的には何の情報も得られず萌えポイントも余りありませんでした。(´・ω:;.:...





Windows ブログランキングへ







(o^-^o)

【PC】外付BDドライブの基板を取り出してUJ-240を取り付けてみた!

2016.05.15 (Sun)
以前の記事、ブルーレイドライブ BRXL-PCW6U2-BKを分解してみた!の続編で
家主がいなくなったケースを分解し、ついでに基板を取り出して UJ-240 に取り付けてみました。
因みにこのドライブの中身はパイオニア BDR-TD05 で UJ-240 ではありません。

ケースは再利用するつもりで傷を付けたくないなかったので
マイナスドライバーで内側から攻めてみました。


BRXL-PCW6U2-BK 分解


図に記した10ヵ所のところに爪による固定箇所があって結構難儀しましたが
何とか爪のひとつも壊さずに壊さずに分解できました。ヽ(´▽`)/


BRXL-PCW6U2-BK 分解


ご開帳
BRXL-PCW6U2-BK 分解


BRXL-PCW6U2-BK 分解


BRXL-PCW6U2-BK 分解


上カバー
BRXL-PCW6U2-BK 分解


下カバー
BRXL-PCW6U2-BK 分解


下カバー爪 右
BRXL-PCW6U2-BK 分解


下カバー爪 左
BRXL-PCW6U2-BK 分解


基板
BRXL-PCW6U2-BK 分解


slimLine SATAタイプのSATAコネクタ
BRXL-PCW6U2-BK 分解


基板はUSBケーブルを繋いでパナソニックのスリムBDドライブ
UJ-240(読書不可の故障品)を接続してみたんですが
Windowsでもなんなく認識されて問題なく使えるみたいでした。

注意 CAUTION
尚、レーザーを直接見ると失明の可能性があるみたいなので
絶対にディスクを載せないままで電源を入れないで下さい。



BRXL-PCW6U2-BK 分解 UJ-240


動画





Windows ブログランキングへ



(o^-^o)

【PC】 バッファロー ブルーレイドライブ BRXL-PC6VU2を殻割りしてみた!

2016.02.08 (Mon)
現在メインで使っているBDドライブ、
パナソニック 内蔵スリムブルーレイドライブ UJ-240 が先月壊れました。Σ(゚д゚lll)ガーン
これは2012年11月頃に中古品として購入したのでよくもったほうだと思いますね。
症状としてはOSからは問題なく認識されていてDVDの読み込みまではできるんですが
ブルーレイディスクを挿入するとディスクをまったく認識できないという状況です。

昨年、「そしてどれも認識されなくなった…!?」という記事を書いたんですが、
その時は Windows の再インストールで改善したですが
今回はドライブ自体の認識に問題がなくてブロワーでホコリを除去したり、
レンズを拭いたりしても改善しないので恐らく機械的な故障ぽいです。

こんなの直せないので早々に見切りをつけて以前のトラブル時に購入して保存していた、
BUFFALO BRXL-PC6VU2-WHC」が早くも出番を迎えました。
出番といっても自分の場合はバラして中身だけを取り出して使うので
その方法を記録しておきます。


ブルーレイ BRXL-PC6VU2
BUFFALO BDXL対応 USB2.0用ポータブルBlu-rayドライブ BRXL-PC6VU2-WHC





■殻割
殻割といってもシリコン?見たいな防振材の下に隠されたネジを外し、
ケース内のコネクタで繋がっているのでそれを細い棒で差し込んで押し出すだけです。
USBケーブルが邪魔で外そうとしてもなかなか外せなかったんですが
マイナスドライバーでテコの原理でやると簡単に外せました。(´・ω`・)エッ?
詳しくは動画をご覧下さい。





以前、分解したBRXL-PCW6U2-BKを分解してみた!とまったく同じでした。
尚、押し出す時にまるで囲んだ部分に押すので画像のように傷が付きます。
動画内でコネクタの向きで押した方がいいかもなんて書いてますが
ドライブ本体はアルミ製で弱いので押すところを間違えると壊れるのでご注意下さい。


BRXL-PC6VU2



■Slimline SATA
余談ですがスリムドライブのコネクタは一般的な光学ドライブとは異なり、
データ用SATAケーブルはそのまま使えますが電源用SATAケーブルはそのまま使えないので
スリムタイプの光学ドライブをデスクトップPCで使用する場合は下記のような変換ケーブルが必要です。
SilverStone SST-CP10はH440の底面にスリムドライブを取り付けた時に使用したものです。

H440にスリムドライブを搭載する!
SilverStone スリム光学ドライブ用スリムSATAケーブル SST-CP10/A (公式サイト)
スリムSATAドライブ→SATA変換アダプター IF-SABR0006 (公式サイト)


スリムSATAドライブ→SATA変換アダプター IF-SABR0006
上が5インチベイに取り付ける一般的なドライブのコネクタ、下がSlimline SATAのコネクタ


スリムSATAドライブ→SATA変換アダプター IF-SABR0006


IF-SABR0006の電源コネクタにはFDD(フロッピーディスク)電源コネクタなどに
使用されていたコネクタが使われています。


スリムSATAドライブ→SATA変換アダプター IF-SABR0006
IF-SABR0006


スリムSATAドライブ→SATA変換アダプター IF-SABR0006
IF-SABR0006


スリムSATAドライブ→SATA変換アダプター IF-SABR0006
IF-SABR0006







(o^-^o)

【PC】 古いHDDを分解したついでにアクリル化にしてみた!

2016.01.09 (Sat)
以前からやってみたかった HDD の分解、
ついでにアクリルでカバーを作って観賞用のスケルトンなHDDに改造してみました。
分解したのは3号機のケースとして利用した FMV ME3/507 に載ってたHDDで
HDD型式 Maxtor 91536U3 、容量は15 GB、ジャンパーピンのIDE接続のヤツです。

コラム vol.007 ハードディスクの仕組み
http://www.logitec.co.jp/data_recovery/column/vol_007/


Maxtor 91536U3


分解にはサンワサプライ TK-002 (星型/T-8、T-9) というトルクスドライバーを使ったんですが、
T-8、T-9 のどちらサイズでも開けられました。


サンワサプライ TK-002 (星型/T-8、T-9)


サンワサプライ TK-002 (星型/T-8、T-9)
TK-002


hdd 分解 Maxtor 91536U3
隠しネジ


hdd 分解 Maxtor 91536U3
パッカーン


hdd 分解 Maxtor 91536U3
パッキンがへばり付いててちょっと開けにくかったです


hdd 分解 Maxtor 91536U3


hdd 分解 Maxtor 91536U3


ここで電源を繋いで動かしてみたんですが、
思いほかうるさくてパッキンされたカバーでだいぶ静音化されているだとわかりました。
尚、ヘッドの動きはおそらく壊れている動作だと思います。






プラッターに使われている材質はアルミのものとガラスのものなどがあるみたいですが
こちらは重量感と持った感触ではガラスみたいです。
プラッター表面はブルーレイディスクの記録面のような感じの色で
プラッターに写り込んだカメラ機を見ればお分かりのように鏡並みの反射です。


hdd 分解 Maxtor 91536U3


hdd 分解 Maxtor 91536U3


強力な磁力でくっ付いていてテコの原理でサポートしてあげないと
手だけで剥がすのが無理なくらいの協力に引っ付いてましたぁ~(汗)


hdd 分解 Maxtor 91536U3


hdd 分解 Maxtor 91536U3
強力磁石


磁力を確認しやすいように動画にしてみました。
磁力に弱いと言われるHDDの中にHDDを持ち上げるほどの磁石が入っていることにかなりビックリしました。






hdd 分解 Maxtor 91536U3
乾燥剤?それともフィルター?なのか良く分からない謎のパーツ


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明


hdd 分解 Maxtor 91536U3
バラバラに…


hdd 分解 Maxtor 91536U3





■アクリル化で透明なHDD
以前、どこかのサイトでカバーをアクリル板に変えて
中身の透けるHDDをオブジェ化されてたのをマネてみました。
百均で買ったアクリル板(200円)をアクリルカッターで切断し、
HDDに使われているネジはすべて2M規格の大きさだったので 1.5 mm 径の
ドリルで下穴を開けてから2.5 mm 径のドリルで本穴を開けました。

「スケルトンHDDの作り方」同人誌が販売中 動作も可?

hdd 分解 Maxtor 91536U3


モーター部が 2 mm ほど出っ張っていたので最初は2~3 mm 厚の
ゴムシートをアクリル板の下に挟み込んで密封と底上げを同時に解決しようと思ってたんですが
急激に買いに行くのが面倒臭くなったため安易にナットで底上げしましたw。
元ネジでは短くて取り付けられなくなったので長さ1cmほどの2Mサイズのネジに交換しました。


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明
アクリル板の保護シートはまだ剥がしてないのでくすんでます


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明
アクリル板の保護シートを剥がした状態


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明
LEDを仕込んでみました


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明


hdd 分解 Maxtor 91536U3 アクリル 透明
なんかイマイチw


一応、動かした状態で飾ってみたかったんですが、
密封してないカバーだとかなり煩いので実用的ではないですねw。
あと作ったはいいが実際に飾るところもないし、
何より飾るほどのクオリティもないのでどうしたものか思案中です…w。




[おまけ画像]
カバーを閉じる時に例の磁石にセットするパーツが粘着材でカバーに
付着(※)していたために本体とカバーのあいだに思いっ切り指を挟まれましたw。
肉が千切れるかとまじ焦りましたぁ。
※「パッカーン」と銘打ったカバー裏の画像参照


hdd 分解 Maxtor 91536U3



▼HDD修理 参考サイト
4. HDDのソフト故障
5. HDDのモーター回転不良
6. HDDの回路基板不良1
6. HDDの回路基板不良2







(o^-^o)
続きを読む »

【PC】 ロジクール・マスク G300rとG300sの比較とG300rの分解動画

2015.05.17 (Sun)
■ロジクールサポートの覚書
ロジクールのゲーミングマウス G300r(約2年間使用)がチャタリングという、
シングルクリックしてもダブルクリックするようになったので製品登録して
サポートに連絡したら代替品として最近発売されたばかりの「G300s」が送られてきました。

ロジクールのサポートは神対応とは聞いてましたが本当にそうでした。
尚、納品書などの購入を示すものをメールに添付などして証明する必要があります。

代替品のG300sの保証期間は保証を受けた製品の保証期間を引き継ぐ感じになるそうなので
あと1年ほど保証が残っているということみたいです。
因みに壊れたG300rは地域の法令に従って破棄/処分することのようですが、
地域や製品によっては返品が必要な場合もあるみたいです。





■G300sとの比較
G300rとG300sの外観の違いは底面のカバー色が水色になり、
左右のクリックするところがシルバーからブラックになりロゴの図柄も変わってました。
外観的にはG300sの方が格段に好みですね。



R0021115_R.jpg
左:G300r(シルバー) 右:G300s(ブラック)



R0021106_R.jpg
G300rのクリックするところは長く使っていると剥げてきます。



R0021107_R.jpg



R0021109_RR.jpg



R0021114_R.jpg
余談ですがサイドのラバー部分も2年も使っていると凹凸が無くなってきますw。



機能的な違いはボタン寿命が800万回クリックから1,000万回クリックに向上したことぐらいです。
G300rのクリックボタンのマイクロスイッチには「オムロン D2FC-F-7N(10M)」が搭載されてたので
別のマイクロスイッチに変わったのか、はたまた、4Gamer.net の記事を参考にすると
マイクロスイッチを実際に押す突起の先端にシリコンシートが貼られているのかも知れません。

追記
後日、G300sを分解してしたらシリコンシートなどは貼られてませんでした。




R0021146_R.jpg
G300rの左右のクリックボタン用マイクロスイッチ オムロン製 D2FC-F-7N(10M)



D2FC-F-7N(10M)
D2FC-F-7N(10M)をアマゾンで買ったので今度交換してみるつもりです。



あと実物を触った感じはスクロールホイールの感触がちょっと硬く感じましたが、
ただそれはG300rは2年ほど使っていたものなのであまり参考にならないですね。
それ以外のクリック感や触り心地などはほとんど変わらなかったです。

あと、G300rは保証期間が3年でしたがG300sは保証期間が2年に短縮されてますね。
外観など気にしないのであればG300rがまだ販売されているうちに購入しておくのもありかも…。







型番 G300r G300s
品番 910-003414 910-004350
保証情報 3年間無償保証 2年間無償保証
マウス本体サイズ
(幅x奥行x高さ)
72.2mm×112.7mm×39.9mm 72.2mm×112.7mm×39.9mm
ケーブル長 205cm 205cm
マウス重量 112g (ケーブル含む) 112g (ケーブル含む)
センサー方式 オプティカル オプティカル
解像度dpi 250-2,500dpi 250-2,500dpi
最大加速 20G 20G
USBデータフォーマット 16 bits/axis 16 bits/axis
USBレポートレート 1000レポート/秒 1000レポート/秒
動摩擦係数 -μ(K) 0.09 0.09
静止摩擦係数 -μ(S) 0.14 0.14
ボタン寿命 800万回クリック 1,000万回クリック
フィート 250km 250km
発売予定日 2013年4月19日 2015年3月6日

G300r 製品スペック
G300s 製品スペック





■ソフトウェア設定 バージョン 8.58.183
G300sを繋いだらオンボードメモリモードになっていたのでプロファイルを使用するモードに変更し、
プロファイルごとに変更していたLEDの色がすべて水色になっていたので変更しました。
そのほかはG300rの設定がそのまま引き継がれていたので設定は何もしなくても良かったです。

尚、ダウンロードページでは英語版(8.58.183)や古いバージョン(8.57.145)のものがありましたが、
最新版にはソフトウェアからアップデータしたら更新できました。
(2015.5.11現在)




■分解
壊れたものがあるがあると疼くのでやっちゃいました~w。
単に開くだけならツルツルと滑らせるためのマウスソールを剥がして4つのネジを外すだけですが、
クリックするところの分解にちょっと戸惑ったので動画にしました。
その前に画像もたくさん取ったのでちょっこっと紹介します。



R0021123_R.jpg
これだけごみやホコリが溜まっていました。



R0021122_R.jpg
ホイール部にも猫の毛や色々なものが巻きついてましたw。



R0021144_R.jpg
良く分かりませんがパチリっ!



R0021127_R.jpg



G4~G7までのボタンにはHiMAKE とロゴが打たれたマイクロスイッチが使われてました。
Himakeはスイッチに特化した台湾のエレクトロニクスメーカーらしいです。
メモ・・・ホイール用のタクトスイッチ(メーカー不明)の寸法は約 6.0x6.0x4.0 (mm)



R0021151_R.jpg
センサー? A3055



尚、ネジは軸の直径が約2.0ミリ(外装や基板の固定)と
約1.4ミリ(クリップ部のパーツの固定など)のネジがあるので
No.0サイズのプラスドライバー(百均などの精密ドライバーセット)があれば分解できます。



R0021162_R.jpg



R0021191_R.jpg



R0021228_R.jpg



R0021245_R.jpg



R0021206_R.jpg



R0021226_R.jpg


ホイールのギサギザになっているところに下の画像に写り込んでいるバネの先端が
引っ掛かってような仕組みになっているのでこのバネがホイールに当たる強さを緩くすれば
ホイールの感触が軽くなるし、逆に強くすればホイールが硬くなります。
また、思い切ってとってみると引っ掛かりがなくなるのでスルスルーッとした感じになります。


R0021227_R.jpg



R0021223_R.jpg



R0021130_R.jpg



R0021129_R.jpg



R0021143_R.jpg



R0021149_R.jpg



R0021148_R.jpg






Logicool マウス G300r 分解





■コネクタについて
ケーブルを接続するコネクタはPHコネクタというもので電子部品ショップなどで購入できます。
ケーブルの先に付いてるコネクタがPHハウジング 5極用で基板側に付いてるのが
PHベース付ポスト トップ型 5極用です。 (基板と垂直に挿す「サイド型」があります)
あと、詳しくないですがオス型をハウジングと呼び、メス型をポストと呼ぶみたいです。



PHハウジング05P (PHR-5)
PHベース付ポスト トップ型05P (B5B-PH-K-S)
PHコンタクトピン BPH-002T-P0.5S


ピンの圧着には「エンジニア 精密圧着ペンチ PA-21」などが使えます。








(o^-^o)

【PC】 H440の電源隠しを取り外す!?

2014.09.14 (Sun)
H440の電源隠しの部分を取り外そうと試みました・・・(;´д`)トホホ…


■リベット外し
H440の電源隠しの部分は、裏配線エリアで3点、底面エリアで3点、
リア部分で1点、合計7ヵ所を黒いリベットで固定されています。



R0019624r.jpg
裏配線 ※ケースは逆さまになってます



R0019626r.jpg
底面 ※ 真ん中のリベットは既に取り外してネジを取り付けてます



R0019625r.jpg
背面



そのリベットをネジに取り替えて電源隠しを自由に取り外しできるように改造することにしました。
リベットの下穴の大きさは 3 mm ぐらいだったので 3 mm のドリルで外したらビンゴでしたね。
数ヶ所のリベットが空回りして苦労しましたが初めてにしてはうまく取り外せた思います。
ただ、リベットが挿さっていた部分の塗装剥げはどうしても防げませんでしたw。



R0019628.jpg



R0019610.jpg
下穴径は約 3 mm



R0019627.jpg
リベットの残骸



最後に3.5インチベイの支柱と電源隠しがネジで固定されているので
あとはそれを外して取り外すだけとワクワクしていたらとんでもない事実がぁ~!?



■外せない~!?
いざ取り外そうとしてもなかなか外せないので色々と調べてみたら
電源隠しの鉄板が3.5インチベイの支柱と接触する部分で
支柱の裏側に入っているので外せな~い。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!



R0019635.jpg



電源隠しはあとから取り付けられたものだと思ってましたが、
電源隠し → 支柱の順でリベットされて組み立てられたものみたいで、
支柱を外せないと電源隠しは外せないみたいです。

本気で取り外すつもりならスチールを曲げれば取り外すことが出来ると思いますが、
興味本位の分解なので今回はここまでで中断し、リベットを外したところはM3のネジで固定しました。
尚、電源隠しはケースの支柱の一部と化しているので外すと強度が確実に落ちると思います。



(o^-^o)

【PC】 H440のロゴLEDを修理しました!

2014.09.12 (Fri)
購入した H440 はロゴLED点灯しないアウトレット品だったので動作確認を行ったところ、
やっぱり点灯しなかったので分解して確認してみました。

ロゴLEDの部分は電源隠しの下で3個のネジで固定されているだけなので簡単に外せますが、
電源隠しの幅が約16cmほどしかないので短いドライバーが必須です。



H440
百均の4連LEDめちゃ便利ですw



前回の記事にも書きましたが、
このケースは最初から組み込まれているケーブルについては所々にケーブルフックが付いていて便利です。
画像だとちょっと分かりにくいですがケーブルが折れ曲がってるところがフックで止められています。



H440



ケーブルは2pinのコネクタで中継させているので簡単に分離できます。
このコネクタSMコネクタというもので電子部品ショップなどで購入できます。
抜き差しが異常にしやすくて好きなコネクタのひとつですw。
そう言えばZ9 PLUSのフロントパネルにも使用されてましたね。



SMコネクター



ネジを外すとこんな感じです。



H440


H440



ロゴの部分のアクリルは白く見えますが透明です。



H440



3mm LED がふたつ横向きにホットボンド(グルーガン)で取り付けられて、
両サイドからロゴを発光させるみたいです。



H440



H440



透明のアクリル板に白い板が被せられているので
横からLEDの光を当てると文字が光って見えるという仕組みですね。
以前、自分が作ってた、
アクリル板LED ~PC電源のホコリ堆積軽減&落下物防止~」と同じ感じですね。



H440



LEDを取り外して新しいLEDに交換する前に、
LEDを交換しやすいように丸ピンICソケット(2.54mmピッチ)を取り付けました。
これでLEDが壊れたり、気分転換に色を変えたい時にはすぐに交換できます。ヽ(´▽`)/



H440



赤バージョン



H440



H440



青バージョン



H440



H440



LEDをふたつ繋ぐと何故かどちらか一方だけしか点灯しないので
片方を取り外し余分なケーブルも削除してハンダで繋ぎ直してヒートシュリンクでカバーしました。
光量は今ひとつですが逆にグラデーションが掛かっていて悪くないというか、良い感じになりました。

尚、当初はロゴLEDの部分を取り外すつもりでしたが、
外すとダサいし、代替案が浮かばないので暫くはこの状態で使うつもりです。

あとこの記事を書いてる途中で思ったんですが、
このLEDとバックパネル照明のスイッチは連動しているので途中にスイッチ入れるのもいいですね。



R0019513.jpg



H440
一応ケース内もパチリっ(゚д゚)!



H440 スイッチ
因みにスイッチは背面の左上に付いてます



尚、真似されて不具合があっても責任取れませんので自己責任でお願いしますね。



【次回の予告】
「電源隠しを取り外す!?」の巻です。




(o^-^o)

【PC】 Quadro 2000導入 ~ 画像 & 情報編 ~

2014.06.11 (Wed)
前回の「【AE】 Quadro 2000導入 ~ グラボ選別 & 購入編 ~」の続きです。

じゃんぱらで購入したものが無事に届きました。
初グラボということで初期不良保証のあるショップで購入したんですが、
ドライバーを入れたら問題なく動いてるみたいです~。ε- (´ー`*)フッ

ドライバのダウンロード



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は外観や基本情報がメインの記事になります。
公式なスペックは ⇒ こちら



Quadro 2000



ファンは4pinです。



Quadro 2000



ファンの製造年月日は、2011/12/22 と表記されていたので
この製品自体も製造されてからまだ3年も経ってないということでしょうね。



Quadro 2000



温泉マーク?(シール)は”熱いので触るな!”ということですかねw。



Quadro 2000



左から DisplayPort、DisplayPort、DVI です。
コネクタは3つありますが2画面出力までしか対応していません。
尚、KeplerのK2000だと3画面まで対応していて、更に、
デイジーチェーン接続なるものを行うと単体でも4画面出力までできるみたいです。(・_・)エッ....?
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/quadro_k2000/index.html



Quadro 2000



ファンの上下の吸気口から吸い込んだ空気がカバーの内を通り抜けて冷却する仕組みみたいですね。



Quadro 2000



吸気された空気が格子状のヒートシンクを抜けて排気されます。
ただ、熱い排気が直接、コンデンサ等に当たってるのがちょっと気になりますね。



Quadro 2000



取り付けたらこんな感じです。



Quadro 2000



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■GPU-Z

Quadro 2000 GPU-Z
※PhysXのドライバは入れてません



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■SPECCY

Quadro 2000 speccy



SPECCYの情報によると、
負荷により3段階のパフォーマンスレベルに変化するみたいです。
アイドル時やWeb閲覧程度ならレベル1でコア温度も40℃前後を推移してますが、
デュアルディスプレイにするだけでレベル3になりその時のコア温度は60℃前後を示しています。
※ 室温27℃前後



▼ Level 1 - "Dedault"
   GPU クロック      50MHz
   メモリークロック    135MHz
   シェーダークロック  101MHz


▼ Level 2 - "2D Desktop"
   GPU クロック     405MHz
   メモリークロック    324MHz
   シェーダークロック  810MHz


▼ Level 3 - "3D Applications"
   GPU クロック      625MHz
   メモリークロック    1304MHz
   シェーダークロック  1251MHz



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■エクスペリエンス インデックス

まず、Quadro 2000を取り付ける前のエクスペリエンス インデックスです。



Intel Graphincs HD 3000 エクスペリエンス・インデックス



こちらがQuadro 2000を取り付け後のエクスペリエンス インデックスです。



Quadro 2000 エクスペリエンス・インデックス




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■どこの製品なの?
型番などが一切記載されてなかったのでどこの製品かよく分からない買ったんですが、
たぶん、同じ画像だったPNYの VCQ2000-PB だと思だろうと思ってましたが、
GPU-Zの情報だとHP(103C)とあるのでヒューレット・パッカード製パソコンに付属していたものみたいですね。
とこかでHP製のものは専用ドライバがないと動かないという情報を見かけましたが今のところ問題なく動いてます。
ただ、型番については未だに分かりませんw。

あと、前回の記事 でリビジョン違いの後期モデルみたいなことを書きましたが、
GPU-Z(0.7.8)ではリビジョンA1、SPECCY(v1.26.698)ではリビジョンA2となっていました。

コア温度や消費電力など情報は後日また記事にする予定ですが次回は分解しま~す。



(o^-^o)
 | HOME |  Next »
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。