Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データドライブを入れ替えてみた!

2016.09.02 (Fri)
久しく新品のHDDを買っていないので3TBのHDD(WD30EZRZ)を2個買いました。
それで古い2TBのHDD(WD20EARX)と入れ替えたんですが、
普通に入れ替えるとドライブ文字が変わってリンクが切れたりして
不具合が出てくるのでドライブ文字を同じにする方法でやりました。
※古いHDDを「旧HDD」、新しいHDDを「新HDD」と記載


HDD 換装 ドライブ文字 変更 データ 入れ替え WesternDigital WD30EZRZ


旧HDDのデータ(約1.5TB)を新HDDに6時間ほど掛けてコピーしたら、
PCの電源を落として旧HDDの接続をSATA、電源共に外します。
PCを起動させると旧HDDとリンクさせていたプログラムなどがエラーを吐いたり、
タスクバーのアイコンが無くなったりします。


HDD 換装 ドライブ文字 変更 データ 入れ替え WesternDigital


これらを無視してディスク管理からドライブ文字を旧HDDと同じ文字(Gなど)に変更して再起動します。
これだけでエクスプローラーのお気に入りフォルダ等へリンクなどほとんど不具合なく使えるようになりましたが、
OneDriveだけ再設定の必要がありましたのでサインインして場所を設定し直しました。


HDD 換装 ドライブ文字 変更 データ 入れ替え WesternDigital


あと完全に個人的な問題なんですが、
データをコピーした為にサムネイルも新しくキャッシュさせる必要がありました。
ただ、サムネイルキャッシュが削除されないように設定していたので試しに
キャッシュを削除しようとしたらアクセス権がないとかでやっぱり削除できませんでした。

サムネイルキャッシュを削除させない設定メモ


HDD 換装 ドライブ文字 変更 データ 入れ替え WesternDigital


なので古いキャッシュをディスククリーンナップで削除してから
サムネイルを寝ている間にキャッシュさせる方法」で半自動的に新たにキャッシュしました。
こんな感じで旧HDDから新HDDへの移行は割と簡単にできました。


HDD 換装 ドライブ文字 変更 データ 入れ替え WesternDigital



Windows ブログランキングへ



スポンサーサイト

EDIUS マスクのパスをレイアウターで制御

2014.02.15 (Sat)
自分も数ヶ月前、「EDIUS Pro7でマスクの作り方」という動画を見て知ったことなんですが、
マスクで作ったパスはレイアウターで制御、即ち、動かすことができちゃいます。

やりかたは下図のようにインフォメーションの並びの順番をレイアウターより下に配置するだけです。
(※配置の入れ替えはドラッグ&ドロップでできます)
これだけで制御したいパス(マスク)をレイアウターで動かすことが出来ます。



Image 254



下の動画は縦に落下する動きをマスクで作って、横の動きをレイアウターで制御しています。
制御と言っても20個のクリップをそれぞれズラして配置し、あとは設定で位置Xの値だけ変更したものです。
マスクでは3D的な動きは付けられませんが、このテクニックを使えば可能ですし、
兎に角、ベーシックなパスだけ作っておいて、あとはレイアウターで制御すれば
下のような動画も比較的簡単にできます。




EDIUS マスクパスのレイアウター制御 ~スライムの雨~

この動画のタイムラインは ⇒ コチラ



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。