Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

ビットの収納にはタップフォルダが便利!

2016.09.22 (Thu)
以前、M2 ~ M4のネジきりタップの収納に牧野工業の6ミリ用の
ねじ切りタップケース TPK06(TPK-06)を使用していたんですがちょっと大き過ぎてたんですよね。


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm
左から M4 ,M3, M2, M3, M3


なのでいつか別のサイズを試してみようと思ってたんですが、
ちょうどヨドバシ.comの買い物中に3ミリ用のTPK03(TPK-03)があったので買ってみました。
因みに価格は税込み 66 円でした。


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


早速、収納してみたらちょうどいい感じです。(o^-^o)
ただ、当然と言えば当然ですがM4のタップは直径が4ミリあるので入りません。Σ(゚д゚lll)ガーン


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


ふたつを比較するとこんな感じです。


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


m4のタップはTPK06に収納するとしても
ほかに入れるものがないのでスカスカで寂しい感じだったんですが、
フッと6.35ミリの六角軸の先端ビットを収めてみたらジャストフィット!(・_・)エッ....?


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


普段は、ビットフォルダーに収納しているんですが
このまま引き出しに入れているので収まりが悪かったですよね。


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


それがこのケースに入れることでめちゃすっきり収納することが出来ました。ヽ(´▽`)/
色付きのビットは他のパーツと接触することがないので塗装剥げの心配もないですし、
ビットの方が収納スペースの幅(6ミリ)より 0.35 ミリ程大きいのでいい感じに固定されます。


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


極小の六角レンチを収納したりして…


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


TPK-06 は70ミリまでのものを収納できますが、
詳しくは下記のタップケース仕様一覧や公式サイトをみて下さい。
タップケースのほかにドリルケース等もあるみたいなので
機会があればまた試してみたいと思います。


公式サイト


牧野工業 ねじ切りタップケース TPK06 TPK-06 TPK03 TPK-03 先端ビット 六角軸 6.35mm


Windows ブログランキングへ


スポンサーサイト



アネックス(ANEX) フレキシブルシャフト 190mm No.350

2016.09.13 (Tue)
昨日に続き、兼古製作所こと
アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 のレビューです。

フレキシブルシャフトとは手持ちの対辺 6.35 mm の六角軸の先端ビットでは
届かないような角・際などのコーナー部のねじ締めを補助するツールで、
製品ページに記載されている仕様は以下のような感じです。


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
シルバーの部分は空転し、黒い部分が回転します。


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
パッケージ表


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
パッケージ裏


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
付属のドライバービット プラス#2 マイナス6 (マイナス部の長さ 6 mm )


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
ライナー(シャフト)


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
対辺 6.35 mm の六角軸にはビットを保持する溝が彫られていませんので
すぐにスルッと落ちるので使い勝手はあまり良くないです。


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
ビットフォルダー


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
ビットの外れないように金属製の玉が付いています。


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット
外側はラバー製で取り外しできます。


シャフトは一応、このくらいまで曲がりますが
曲げれば曲げるほど力が伝わりにくくなる感じなので
実用角度はこの半分程度じゃないでしょうかね。
そんな感じなのでトルクが掛かるようなネジの締め付けには向いていません。


アネックス(ANEX)のフレキシブルシャフト 190mm No.350 兼古製作所 先端ビット


あと、買うまで分からない買ったんですが電動ドライバーでの使用はNGということです。
トルクが小さくてあまり曲げなければ一応使うことはできますが、
ドライバーに変な方向に負荷が掛かるのでドライバーの方を痛める可能性を感じました。

また、ビットフォルダーのビットの保持力が強くて取り外しに苦労しましたし、
インパクトドライバーならまだしも今どき、電動ドライバーで使えないとか
あり得ないので個人的には買って後悔してます。



Windows ブログランキングへ


 | HOME | 
トップに戻る