Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PC】 iTunes をアップデートしたらコンテンツや何やらがすべて消えていた!

2016.05.17 (Tue)
iTunes のアップデート(ver.12.4.0.119)が来ていたので
何の気なしにいつも通りにアップデートしました。


iTunes アップデート データ 消失 復元 Shiftキーを押しながら起動


そして再起動したあとに音楽でも聴こうかとiTubeを起動すると
音楽やPVなどのコンテンツがすべて消えてなくなってました。Σ(゚д゚lll)ガーン


iTunes アップデート データ 消失 復元 Shiftキーを押しながら起動


設定が初期設定に戻ったのかよっ、面倒くせえなぁ~とか思いながらも
設定を弄っても元に戻せない!(・_・)エッ....?
アレッ、おかしいなぁと思っていたら思い出しました。(・_・)エッ....?

以前に変更していたすべてのユーザーフォルダの場所を
数日前に既定の場所に戻してたんでした。

iTunesの既定フォルダは「C:\Users\%username%\Music」になっているですが
ユーザーフォルダ(ミュージック)の場所を変更すると変更した場所がiTunesのデフォルトフォルダになるので
Windowsの再インストールした時にユーザーフォルダの場所を変更するだけで
データは勿論ですが再生回数やプレイリスト、スマートプレイリストなどのデータを
簡単に引き継げるのでそうやってたんです。

ところが、数日前にユーザーフォルダの場所を変更したのを忘れて
アップデートしたもんだからデフォルトフォルダが変わっておかしなことになっちゃった訳ですね。

話がちょっと前に戻りますが
OSを再インストールする前のiTunesのバージョンと再インストール後のiTunesのバージョンが
異なるとうまく移行できなかったことがあるのでOSの再インストール前にバージョンの確認と
同バージョンのソフトをダウンロードして準備していた方がいいと思います。

iTunesのダウンロードリンク





■ライブラリーの変更
再生回数などのデータが消えるのは嫌なので調べたら
簡単に分かったんですが備忘録として記録しておきます。

iTunesを起動する時にshiftキーを押しながら起動すると下図のような
ライブラリーを選択するウィンドウが出るので「ライブラリーを選択」をクリックします。


iTunes アップデート データ 消失 復元 Shiftキーを押しながら起動


前々からあったiTunesフォルダにある「iTunes Library.itl」と言うライブラリーファイルを選択します。


iTunes アップデート データ 消失 復元 Shiftキーを押しながら起動


起動すると無事に戻ってました。ヽ(´▽`)/


iTunes アップデート データ 消失 復元 Shiftキーを押しながら起動


最後に「iTunes Media」フォルダの場所を既定の場所からデータのあるフォルダに変更します。


iTunes アップデート データ 消失 復元 Shiftキーを押しながら起動



今回はiTunesのバージョンの違うライブラリーファイルで問題なく設定を引き継げましたが
より安全に行うならアップデートする前のバージョンに戻してそちらで
ライブラリーの変更を行って改めてアップデートした方がいいかも知れません。

尚、この記事を参考にライブラリーを変更し、
おかしなことになっても責任取れませんので自己責任で行ってください。




Windows ブログランキングへ



(o^-^o)
スポンサーサイト

【PC】 ユーザー フォルダが行方不明になった!?

2014.11.22 (Sat)
ユーザー フォルダとは、マイドキュメントやマイピクチャなどの特殊なフォルダのことです。



win7_2014_091.jpg



このフォルダは右クリックから簡単に削除できる割には復元するのが分かりにくいですよね。
そのユーザーフォルダのひとつのダウンロードフォルダが行方不明になりました。
ということで今回のネタは、Windows 7 で行方不明になったユーザー フォルダの復活の記録ですw。



win7_2014_089.jpg
「場所」という項目があるものが他のフォルダとは異なるところです



■症状
具体的に症状は、Windows 7 で「ダウンロード フォルダ」が行方不明になったので、
下記に記したリンク先の情報を参考に、「ファイル名を指定して実行(Win + R)」を呼び出して、
regsvr32 /i:U shell32.dll”を実行して再起動しました。
しかし、復活できなかったという状況です。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


Windows 7 で削除した個人用フォルダーを復活させる方法
ユーザーフォルダ内の特殊フォルダの削除と復元




■ユーザー フォルダの初期値がヒントに!
そこで、「windows7の特殊フォルダを無くしちゃったので復旧させた件」というページの関連リンクにあった、
Windows 7 のユーザー フォルダ(User Shell Folders)の初期値」という
データがあったので自分のものと見比べてみました。


Windows 7 ユーザーフォルダの初期値のデータの場所

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Explorer\User Shell Folders





win7_2014_087.jpg
ユーザー フォルダ(User Shell Folders)の初期値



管理者権限でレジストリーを開いてユーザー フォルダのデータ値を確認すると、
ユーザー フォルダをすべて Fドライブ に移動させた筈なのにダウンロードだけ Eドライブ になっていました。
実在するので復活できなかったということみたいですね。



win7_2014_053.jpg



理由が分かればあとは簡単なのだぁ~w、と該当ドライブを開こうとしたら
Eドライブはすでにドライブ文字を変更してありませんでした~。Σ(・∀・|||)ゲッ!!?
なので、「E:ダウンロード」を初期値の「%USERPROFILE%\Downloads」に変更してみました。



win7_2014_058.jpg



win7_2014_059.jpg



しかし、それでも標準の場所に復元されてなかったので
レジストリーでもう一度確認するとちゃんと変更されているのにおかしいなぁ~と思ってたら
あっ、変更後は再起動させる必要があるんだったということを思い出し、
Windowsを再起動したら標準の場所に復活してましたw。ヽ(´▽`)/
最後にも場所をFドライブに移動させて完了。ε- (´ー`*)フッ



win7_2014_088.jpg



-----------------------------------------------



どこでどう間違ったか分かりませんが、
今回のように”regsvr32 /i:U shell32.dll”を実行しても復元できない場合は
実は削除されてなくて行方不明になっているだけという可能性もあるので
レジストリーでユーザーフォルダの場所を調べてみては如何ですか。
場所が分かればおのずと解決策が見つかると思います。
尚、レジストリーを弄るとシステムに重大な不具合が起こる可能性がありますのでご注意ください。



( ^ω^ )
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。