Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PC】 H440にファンコンを取り付けてみた!

2014.09.26 (Fri)
H440 にファンコントローラー SIX EYES ブラック (RFC-01BK)
下から二段目のHDDトレーにアクリルから見える向きで取り付けみました。
ボタンを収納できるタイプのものだったのでなんとか取り付けられましたが、ε- (´ー`*)フッ
ピッタリすぎてファンケーブルの始末にはちょっと手を焼きましたぁ~w。



H440



固定方法はファンコンの上部にアルミで作ったコの字型の取付金具を作り、
HDDトレイのネジ穴に合うようにネジ切りタップでM3サイズのネジ山を切って固定しました。



H440



最下段のトレーにはSSDを載せるスペースくらいの隙間はあったんですが、
トレイとフロントファンとのあいだにファンケーブルを通すスペースはほぼ無いので外してます。



H440



H440
フロントファンを外して撮影



H440
ファンを付けて横から撮影



H440
ファンケーブルと羽が接触しそう!ヮ(゚д゚)ォ!





■プチ改造
ファンコンにケーブルを取り付けるとファンに接触しそうだったのでファンガードを付けようと思ったんですが、
前述どおりファンとHDDトレイの隙間はファンケーブル一本も通せないほどの隙間しかありません。
そこで最下段のフロントファンを取り外そうかとも思いましたが、
ファンコンの熱対策としても取り付けておきたかったので改造することにしました。



まず、基板の位置を前に詰めれそうだったので既存の黒いスペーサーの代わりに
新規にスペーサーを詰められるギリギリの位置に設置しました。
M3サイズのネジなら2.5mm のドリルで下穴を開けるだけでも固定できますが、
がっちり固定したかったので裏側からナットで固定しました。



H440



次にファンケーブルがファンに接触しないようにケーブルを下にナビゲートするガイドを作り、
あと下記の画像では確認しにくいですが、プラスチック部分を1センチほど削りました。



H440
両端をネジ一本で固定しているだけなので可動させられます



H440
スリーブ化されたケーブルでも下に誘導できます



あと、ファンコン内部に入った空気の出口が少なくて熱が篭りそうだったんで
ファンコンの底部に穴を開けてみました。手をかざすと良い感じに風が通り抜けていたので
レギュレーターの冷却には一定の効果があるみたいです。ヽ(´▽`)/



H440



H440



ひとつ難点はこのファンコンは正面から見ないと設定した色が正常に見えないことですねw。
下の画像では白に設定しているんですが、どう見ても白にも見えませんよねw。
取り敢えずファンコンで取り付けられるかどうかを試すために作ってみただけなので見た目はもうひとつですねw。
KM06-BK (風マスターフラット) などのフラットで見た目がシンプルなファンコンなら似合いそう。( ^ω^)ワクワク



H440



(o^-^o)
スポンサーサイト

温度センサーケーブルが断線したので修理しました~!?

2013.08.31 (Sat)
台風の影響(雷&停電)で早寝したのでへんな時間に更新ですw。


下記の画像は自分のテレビ兼モニターの付近の画像です。
自分はパソコンを可動式のテレビ台のテレビのウラに載せていていて、
テーブルに座ってパソコンしたり、ベッドのそばで移動させて、ベッドサイドPCとして使っています。

そんな使い方をしているとドライブなどへのアクセスが面倒なので
テレビ台に5インチベイを3つ取り付けられるように改造した棚が取り付けています。
左からブルーレイドライブ(BRD-SH10B)、ファンコン(RFC-01BK)、Z9 Plusのフロント部品です。
その下にあるのもブルーレイドライブ(UJ-240)です。



R0014795_R.jpg
<※この画像は以前に撮影したものです>



本題ですが、
中央にある青く光ってるファンコンの温度表示が点いたり消えたりと調子が悪いので調べてみました。
下記の画像はファンコントローラー(Scythe SIX EYES Black RFC-01BK)の温度センサーケーブルです。
(※元はピンクと白のケーブルだったのをスリーブ化してます)



R0016233_R.jpg



温度センサーケーブルの先端をよ~く見ると
なんか折れて断線しているっぽいので保護テープを剥がしてみました。



R0016215_R.jpg



保護テープを剥がす前に、
熱収縮チューブをはさみ(鼻毛切りのはさみが先端が細くておススメです)などで切り取ります。
保護テープは折り畳んで貼り付けられていて、その間にセンサーを挟んでいるので
そのテープをカッターで削ぐようにして剥がしたら簡単に取れました。



R0016219_R.jpg



やっぱり、断線してました~。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!!!!!!



R0016222_R.jpg



半田付けすると保護テープが溶けるのですべて剥がしました。



R0016225_R.jpg



半田付けの下準備です。
アルミの小さなペンチみたいなのは太洋電機産業(goot)のヒートクリップ H-2SLというもので
半田付けする際の熱を放熱するためにクリップです。
これをしていると半田付けする部品を熱から保護するのは勿論ですが、
ビニールの被覆部分が熱で溶けたりするのを防ぐことができます。
尚、ピンセットやペンチなどでも代用できるかもしれませんが、
お安いので一つ買っておいても良いかもです…。(o^-^o)



R0016229_R.jpg



R0016230_R.jpg



半田付けは一瞬で終わりましたw。
あとは熱収縮チューブ(3mm)を被せてライターで炙って終わりです。



R0016231_R.jpg



使用した半田ごてはgootのKS-30Rという30Wのもので1000円程度のものです。



R0016227_R.jpg



半田には盛る量が少ないのでSD-61という線径0.8mmの細いものを使用しました。



R0016228_R.jpg







パソコンに取り付ける際には先ほどのものの反対側の線も切れて、
また半田付けしたことはまだだれも知らない~w。(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。