Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.I.Y 洗濯機から水漏れがぁ~!

2013.12.03 (Tue)
日曜の朝、洗濯機の前に水溜りが出来てました~。(・_・)エッ....?
ということなのでイレギュラーな内容ですが、今回は洗濯機の水漏れ修理日記で~すw。



R0017405jj_R.jpg



<水漏れヵ所の確認>
水漏れした洗濯機は、縦型の全自動洗濯機(ES-C60S)です。
まず、傷が付かないようにタオルなどを引いて洗濯機を背面を下に倒しにします。
この時、ゆっくり倒さないと機械部に故障をきたす恐れがあるのでご注意を!
尚、搬送する時に横倒しにするのは良くないみたいです。



R0017442_R.jpg



本体と排水ホースの接続部分付近が濡れていたのでその辺が原因だと思いましたが、
念のためにホースクリップをズラして排水ホースを取り外してみました。
下の画像にある金属のクリップがホースクリップで本体のホースとの接続ヵ所になってます。



R0017424_R.jpg



本体との接続に接着剤などを使われなかったので簡単に外せたのは良かったんですが、
ゴムのパッキンらしきものが劣化してドロドロになってました~。キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



R0017456_R.jpg



R0017457_R.jpg



排水ホースを両端を繋げたので輪のようにひとつに繋ぎ、
中に水を入れて調べたら、やはり、本体との取り付け部分からポタポタと水滴が…。
動画の水漏れは排水ホースの両端を輪にして繋いだ部分の映像でホース内には水を一杯に入れてます。




洗濯機の排水ホースの水漏れ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<修理>
10年以上も前の製品なので修理部品も売ってないだろうし、
もしあっても結構高くつくので、自力で修理することにしました。
この手の修理や水道の水漏れ、水道管の延長などの水周りのことはお手のものなんですw。
(自慢しちゃったぁ~w)

まず、ドロドロになったパッキンは役に立たないのですべて取り除きました。
ホースの固定方法は、ホースクリップでの固定では心許なかったので
接着剤を塗ったうえでホースバンド(25mm)で固定することにしました。
一応、25mmのホースバンドでも固定できたんですが、
ギリギリだったのでもう少し長い方が作業しやすいと思います。
因みにホースバンドはホームセンターで200円程度で売ってました。



R0017460_R.jpg



今回初めて洗濯機の中身を見たんですが、
排水ホースは左右どちらからも出せるようになっていたり、
選択槽を回すのに車のファンベルトのようなものが付いていたり、
新しい発見でワクワクもんでした~w。


排水ホースの取り出しかた(全自動洗濯機)




(o^-^o)
スポンサーサイト

EDIUS Neo 3.5で「既定値として保存」でリサンプリング法を設定する!

2013.10.25 (Fri)
前々回ぐらいの記事、レイアウターのリサンプリング法の続きです。
Neo 3.5では既定のリサンプリング法は面積平均法(高速・シャープ)になってるんですが、
それを別のリサンプリング法に設定する項目がないので
(※EDIUS Pro 6.5などではどうなってるかは知りません)
クリップごとにいちいち設定しないといけないので面倒だなぁ~と思っていたんですが、
よく考えたら、レイアウターで「既定値として保存」として設定していれば、
クリップをタイムラインに配置しただけで自動で適用されるじゃな~いw。ヽ(´▽`)/
(頭悪いので気付くの遅いですよね~w)
※レイアウターはクリップをタイムラインに配置すると自動で適用されます。


先日の記事は ⇒ 「EDIUS レイアウターのリサンプリング法の違いによる画質比較



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<「既定値として保存」する方法>
既定値として保存」するには、
好きな設定にして、左下にある「既定値として保存」ボタンを押すだけです。
その横にある「初期化」ボタンは、設定を色々弄ってものを既定値として保存したものに戻すボタンなので、
インストールした当初の設定に戻すという意味ではなく、
既定値として保存した設定に戻すという意味合いですのでお間違いのないように。



WS000209.jpg



EDIUSをインストールした時の状態に戻すには、右上の方にあるプリセットタブを開き、
一番上にある「デフォルト」のボタンを押して「適用」を押すか、ダブルクリックして、
最後に、「既定値として保存」のボタンを押すと、インストールした当初の状態に戻ります。



WS000211.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リサンプリング法の変更のススメ!
冒頭にも記載しましたが、
Neo 3.5の既定のリサンプリング法は面積平均法(高速・シャープ)になっています。
このリサンプリング法で拡大すると、エイリアシング?が大きくなるのでEDIUSでも薦めていません
尚、リサンプリング法によって計算速度も異なるみたいなので、
画像品質と処理速度のバランスをみながら選択するといいんじゃないでしょうか。
因みに、自分は文字を使うことが多いので拡大してもシャープになるように
リサンプリング法を「Lanczos 3 - シャープ」にして、
ついでにストレットを幅フィットになるように「既定値として保存」してます。


ただ、このネタを書いてる途中でテストしてたら、
違うファイルだと適用されたりされなかったりします。
また、適用されないものにもう一度設定し直して「既定値として保存」すると
今度からは適用されたりします。
ブログに書く以上、適当なこともあまり書けないので色々と検証してたんですが、
それでも良く分かりません~。( ゚д゚)ポカーン


EDIUS NeoのバージョンはVer.3.55なんですが不具合なんでしょうかねぇ~、
それとも、自分の方法がなんか間違ってるでしょうか?
マニュアルを読んでも詳しくは書かれてないので分からないよーーーーーーーーーーーーっ。


このように曖昧なままに記事にしてしまったことに申し訳なく思ってますが、
公開したらいろんな方から知恵を授かることもあるでしょうから公開しました。



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。