Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

簡易水冷クーラーAPSALUS3 120から空冷のKABUTOに戻してみた!

2016.07.13 (Wed)
先月ぐらいからアイドル時でもCPUのコア温度が
平均で50度超える数値を示すようになってきたので
SCYTHEの簡易水冷クーラーAPSALUS3 120から同じく、
SCYTHEのCPUクーラーKABUTO(兜) SCKBT-1000に交換してみました。


交換ににてこずった話は↓↓↓

簡易水冷クーラーの取り外しに手を焼いた話!




APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE


設置。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)


KABUTOはヒートパイプの先端が上向きにするのが一番冷却効果があるそうです。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)


ピンの取り付け異常なし。
両面テープの跡のことは「簡易水冷クーラーの取り外しに手を焼いた話!」に書いています。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)


メモリとの間隔。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)


ファンの取り付け。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)


Quadro 2000との間隔が数ミリに!(・_・)エッ....?


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)


どちらかをちょっと揺らすと接触しそうな感じだったのでないとは思いますが、
万が一のためにQuadro 2000の基板上に先日記事を書いたポリイミドテープを置いておきました。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000) ポリミイドテープ


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000) ポリミイドテープ


肝心の冷却効果の比較なんですが、
CoreTempには計測データを記録(CSV形式)しておく機能があるのでそのデータをグラフ化しました。
青が簡易水冷、ピンクが空冷のKABUTOなんですが約5度ほどの冷却効果が上がりました。
簡易水冷がKABUTOより冷却効果が低いと言うのも腑に落ちないので
やっぱり、簡易水冷の冷却能力が劣化していでしょうかね。
ただ、この程度の温度差はグリスの塗り方や気温、ヒートシンクとの密着具合などでも
変化があるので正確なところは分かりません。


交換 APSALUS3 120 取り外し 簡易水冷 サイズ SCYTHE KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)




Windows ブログランキングへ



スポンサーサイト



【PC】 CPUクーラーを掃除し出したらエスカレートして道具まで作っちゃったw!

2016.06.15 (Wed)
サイズの簡易水冷クーラー APSALUS3 120 がラジエターやファンを掃除しても
一向に冷却効果が良くならないのでどうもヘタってたみたいです。ε- (´ー`*)フッ

2013年8月購入したものなので”安心の2年間保証”もとっくに切れてますし、
製品本体の平均故障時間 MTTF(Mean Time To Failure)は5万時間ということですが
この時間はあくまでも稼働を開始してから故障するまでの平均稼働時間のことで
冷却性能の保証期間じゃないんですね。

APSALUS3 120 製品寿命
製品本体・・・5万時間(MTTF)
付属ファン・・・3万時間(MTBF)


性能が落ちるだけならまだしも水漏れなんかしたら目も当てられないので
新しいクーラー(空冷を予定)を買うにしても本当にCPUクーラーがヘタってきたのか
サイズのCPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) に取り替えて確認してみことにしました。
ただ、箱から出したら思いのほか汚いッ。Σ(・∀・|||)ゲッ!!


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


ヒートパイプの色もクスんであの時の輝きを完全に失ってますw。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


磨きたい欲望が沸々と沸いてきたので
「日本磨料工業 乳化性液状金属磨き ピカール液」で磨くことにしました。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


写真を見れば分かるとおり、KABUTOのフィン部分は一方向からの
ヒートパイプでしか支えられてないので強く押すと曲がってしまいます。
なので作業の前にアルミニウム製放熱フィンとヒートシンクの間に当て木をしてやります。
これである程度の負荷を掛けてもパイプが曲がる心配はないです。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


あとは足で挟んでひたすら磨くだけです。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


すぐに真っ黒になります。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


ピカールで磨いたあとはきれいな布で乾拭きしてやるとピカピカになります。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


磨いていくうちにアルミニウム製放熱フィン(0.4 mm 厚)の隙間も気になったので
1ミリ厚の定規に布を巻きつけてやろうとしたんですが
1ミリ厚の定規に布を巻いて通すにはかなりキツキツだったので
ちょうど0.5 ミリ厚のアルミ板があったのでハサミとカッターで切り落とし、
エッジをヤスリで磨いて自作のフィン掃除用具を作りました。ヽ(´▽`)/


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


幅はヒートパイプの間隔を通せるくらいにします。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


タオルの薄い部分がちょうどいい感じの厚みで
ボアボアしたところは厚すぎて無理です。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


布を付けてもスルりと通りますし、
0.5ミリ厚のアルミ板なので柔軟性と硬さがあるのでいい感じです。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


あとは家庭用洗剤(マジックリン)などをつけて抜いていくだけです。
因みに使用したアルミ板は「光 アルミ0.5×100×300mm HA0513」で
薄くて柔らかいのでハサミでもカットできます。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


簡単に終わらせるつもりがエスカレートして道具まで作っちゃたんですが
この道具はきれい好きでまめに掃除するひつにはおススメです。

あと、KABUTOは以前に水洗いして食器乾燥機で水滴が残ったまま乾かしたら
水滴が合ったところに白く跡が残ったのでそのような時に水滴を拭うのにも使えます。
因みにエアダスターで水滴を飛ばすのも効果的です。

後日談、
ダイソーやアマゾンでも0.5ミリ厚のステンレス製の定規(15cm)が売ってました。Σ(゚д゚lll)ガーン
これなら自作しなくてもいい感じですがステンレスなので傷が付かないかちょっと気になりますね。


サイズ CPUクーラー KABUTO(SCKBT-1000) フィン 掃除


▼関連記事
エルミタージュ秋葉原 サイズ「KABUTO 3」検証




Windows ブログランキングへ









(o^-^o)

【工具】 単管パイプとジャッキベースで安価に屋根をジャッキアップ!

2015.10.21 (Wed)
先月、軒先を支える丸太柱の根元が経年劣化で腐ってきて、
軒先が10センチほど下がって崩落の恐れが出てきたので、急遽、
新しい柱を立てるための補助と傾いた軒先をジャッキアップするために
単管パイプ(2m)とジャッキベース(380mm)を購入しました。
尚、ご近所さんにバレると嫌なので軒先の画像はなしですw…。


単管パイプとジャッキベース


ジャッキベースのハンドルの寸法などが書かれたページを
見つけられなかったのでそれらの情報をメインにレビューしたいと思います。
尚、瓦50枚ほどが乗った屋根のジャッキアップ方法なのにパイプの耐加重なども
調べずに何とかなるだろうと気楽にはじめた作業ですので全く参考にしないで下さいw。

因みにコメリの実店舗で購入したのでKOMERI.COMで売られているものと
同じ信和株式会社の製品だと思いますが確証はないです。



■単管パイプ(48.6φ)
単管パイプとは建築現場の足場用資材によく使われている鉄パイプ(厚み 1.8 mm )のことで
直径はJIS G 3444規格によって 48.6 mm と規定されているそうです。
厚みが自分が購入した 1.8 mm の硬質パイプの他に 2.4 mm の軟質パイプなどもあるそうです。
今回、2本購入(1本800円位)しました。

単管パイプについてはコメリの単管パイプ特集等をご覧下さい。


■垂木止め自在クランプ
単管パイプ同士はクランプと呼ばれる金具で接続し、17 mm の六角ボルトナットで固定します。
クランプには直交クランプ、自在クランプ、垂木止め直交クランプ、垂木止め自在クランプなどがありますが、
今回は垂木止め自在クランプを2個(1個 200円位)買ったんですが結果的に使いませんでしたw。


垂木止めクランプ
新品でもサビつきw。


垂木止めクランプ
ネジ部が長く飛び出ているのでソケットレンチはロングタイプのじゃないと使えないみたいです。


垂木止めクランプ
L字になってる部分にある大きな穴を軸にくるくる回ります。



■ジャッキベース(380 mm)
ジャッキベースは単管パイプを垂直(縦)に立てる際のベースに使用されるもので
ハンドルを回すことで高さを調整することが出来るので傾斜地などで足場を立てる際に使用されるものです。
長さが 600 mm のものや角度を付けられる自在ジャッキベースなどがあるみたいです。
今回は(380 mm のジャッキベース2本購入(1本800円位)しました。


単管パイプとジャッキベース
支柱の直径は約 33 ミリです。
全く分からないですが枠組み足場(42.7φ)というものにも使用できるみたいです。


単管パイプとジャッキベース
ベースは 14 cm 角、底板の厚みは 6 mm、ベースに開けられた穴径は 12 mm ほど。


単管パイプとジャッキベース
ハンドルの長さは約 6 cm でハンドルの下側には軽量化のためか溝がありました。


単管パイプとジャッキベース
ジャッキペースのトップから 12 cm 程のところでねじ山が潰されていて、
安全のためにそれ以上は上げられないようになっています。
よって高さを変えられる稼動範囲は 23 cm ほどになります。


単管パイプとジャッキベース
ハンドルの直径は約 18 mm ほどあり、
今回の作業では加重が掛かった状態でハンドルを回すにかなり抵抗があったので
直径 30 mm くらいのパイプをハンドルに挿して回しました。



そんでもって今回、単管パイプのことを調べているうちに初めて知ったんですが、
単管パイプを使ったユニークなD.I.Y作品がたくさんあるんですね。
「単管パイプ DIY」や「単管パイプ 作品」などで検索するといろいろと面白い作品が見れると思いますよ。

以上、単管パイプとジャッキベースのレビューでしたw。



備忘録メモ
束・・・床組みで根太を支える垂直な柱で現在は乾燥・収縮による床鳴りを防ぐ為、
高さ調整が簡単にできる既製のプラ束、鋼製束が多く使われている。
鋼製束はジャッキベース同様にジャッキ的な使い方もできるのでメモとして記録しておく。


足場の高さが10m以上で組立から解体までが60日以上の場合は、設置工事開始のの30日前までに所轄の労働基準監督署長に届けなければならない。

※Wikiより






(o^-^o)

【PC】 システムストレージの容量表示がおかしくなっちゃた~?!

2014.11.13 (Thu)
現在のストレージ構成は、
2012年1月にソフマップで購入したシステム用SSD Crucial SSD M4 (64GB)、
データ用HDDは、4TB + 2TB(バックアップ用)のハイブリットな構成にしているんですが、
今年の4月にAfter EffectsやPhotoshop、Ilustratorなどのソフトらを入れてからは
SSDの使用量が一気に7GBほど増加し、頻繁に真っ赤になるようになりました。



win7_147.jpg



また、CrystalDiskInfoによる健康状態が 90 になったりしたので
M4を購入してからもうすぐ3年経つし、保証も切れそうなので”そろそろ買い時かなぁ~”と思ったので
評判が良さそうな CFD CSSD-S6T128NHG6Q を買っちゃいました。



win7_2014_110.jpg
M4の健康状態



記録して CrystalDiskInfo と CrystalDiskMark の値の載せておきます。
尚、CSSD-S6T128NHG6QはCrystalDiskInfoではTHNSNJ128GCSUと表示されるみたいです。
※ データはすべて Windows 7 でCrystalDiskMarkはランダムでの計測です。



win7_2014_033.jpg
CSSD-S6T128NHG6Q



win7_2014_035.jpg
4K QD32の値はもっと出るみたい?!



win7_188.jpg
こちらはM4の最近の値です



-----------------------------------------------



そんなこんなで Windows 7 [64bit] も約1年ぶりに再インストールしたんですが、
CSSD-S6T128NHG6Q 導入後、Cドライブの容量がおかしくなりました。(・_・)エッ....?
その解決策がネットでは見つけられなかったので記事にしました。



<症状>
Cドライブの容量は 76.6 GB と表示されているのに
実際にCドライブ内のファイルを選択して表示される容量は 34.1GB となる。




win7_2014_028r.jpg
(左)エクスプローラーでの容量 (右)Cドライブ内のファイルを全選択時の容量



隠しファイルである休止ファイルのHiberfil.sysやページングファイルの存在は知ってましたし、
ハイブリットスリープは使用しないので休止ファイルは「Fix it で解決する」で削除し、
ページングファイルも別のパーティションに移動させているのに容量が明らかにおかしいですよね。

ディスクのエラーチェック、最適化、クリーンアップなどの思いついたことはやって見たんですが
結果的に分からずに数日間そのまま放置してました~。
そんなある日、復元ポイントの容量を変更しようとふと設定画面を開くと、
SSD容量の50%もの容量が復元ポイントに割り当てられていました。(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?



win7_2014_036.jpg



M4の時はこんなことなかったのでまさか、
これが原因でだったなんて思いもしませんでしたね。
取り敢えず、もしものためにSSDの容量の10%(11.91 GB)を割り当てて
復元ポイントを作成したら 236.58 MB の容量が使用されていました。
単純計算で50個ほど復元ポイントが作れるということなんでしょうかねぇ~。( ゚д゚)


SSD換装による体感での違いは感じられませんでしたね。Σ(゚д゚lll)ニブイノカナァ~?!
ただ、CrsytalDiskInfo でSSDの温度が表示されるようになったのは良かったです。
下記の画像は必要なソフトを70個ほど入れた状態で 36 GB ほどになりました。
M4のときと変わらないソフトを入れたんですが、ずいぶんとスリム化できたようです。
理由はよく分かりませんが復元ポイントを含む、色々なゴミがたくさん溜まっていたんでしょうねw。



win7_2014_108.jpg







( ^ω^ )

サイズの簡易水冷CPUクーラー APSALUS3 120のファンからオイルがぁ~!?

2013.09.14 (Sat)
先月購入した、サイズの簡易水冷クーラー APSALUS3 120
ファンからオイルらしきものが噴出してました~。(・_・)エッ....?


噴出場所は回転軸にある長方形の小さな隙間からです。



APSALUS3 120 2



オイルは羽根に沿ってフレームまで伸びていってました。



APSALUS3 120 3



羽根の裏側にもオイルの跡が・・・!



APSALUS3 120 1



ということで画像を添付してメールしたら
すぐに代替品のファンだけ送られてきました。

サイズの製品で今までに3度の初期不良対応(欠品も含む)をしてもらいましたが、
いずれも迅速で気持ちいい対応でした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<メンテナンスフリーでは無かった?!>
換装の際にファンを取り外したんですが、
取り付けて半月で既にラジエターにはホコリがタップリと付着してました。(・_・)エッ....?
ラジエターの空気が抜ける間隔が小さいのでファンフィルターの役割を果たしているみたいですw。
半月でこれなので少なくとも2ケ月に一回は掃除が必須みたいです。
メンテナンスフリーと思いきや、結構手間が掛かりそうですw。



APSALUS3 120 4



(o^-^o)
 | HOME | 
トップに戻る