Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EDIUS】 EDIUS Pro 8 買っちゃいましたぁ~!

2015.07.27 (Mon)
昨日でちょうどPro 8 の体験版の使用期限が切れたんですが、
イマイチ購入するまでの魅力を見出せなかったのでもう暫く様子見するつもりでした。
ところが楽天市場の「特価COM」というショップでポイント19倍(ダブルエントリーが必要)に釣られて
「EDIUS Pro 8」をカートに入れてポチッと購入ボタンを押しちゃいましたw。

購入したのは「Adobe Creative Suite 6 Production Premium 指定校学生・教職員向けライセンス版」を
持っていたので「EDIUS Pro 8 優待乗換版 EPR8-CGRJ」です。ヽ(´▽`)/



■コンソリデート
購入の決め手はポイントでしたが使ってみたい機能はいくつかありました。
Neo 3.5を使っていて一番欲しかった機能はコンソリデート機能ですね。

コンソリデートとはプロジェクトで使用している素材を収集し、保存することができたり、
編集終了時やプロジェクトのバックアップを行う際に便利な機能です。
Neoにもピン内のクリップを「プロジェクトフォルダーへ転送」で転送することはできましたが
コンソリデートではタイムラインで使用している部分のみを切り出して保存できます。
過去のプロジェクトファイルを整理したかったんですが、
300以上のプロジェクトファイルがあって手が付けられない状態だったのでこれはぜひとも使いたかったです。
尚、コンソリデート機能はPro7などに既に搭載されていた機能です。

コンソリデート



■トランスフォーム
更にいいなぁ~と思ったのがトランスフォームです。
トランスフォームと言ってもGPUトランジションにあるものじゃなくビデオフィルターにあるトランスフォームです。
この機能もPro 7などには既に追加されていた機能ですが機能的にはレイアウターとまったく同じです。

最初はこれの使い道に戸惑いましたが実はとても便利なビデオフィルターでした。
ポイントは、レイアウターはひとつのクリップにひとつしか設定できないのに対し、
トランスフォームはビデオフィルターなのでクリップにいくつでも適用できるというところにあります。

もう少し詳しく説明すると、
例えばトランスフォームでドロップシャドウだけを設定したプリセットを作成しますよね。
そのプリセットをクリップに適用するだけでドロップシャドウを追加できるようになります。
要はドロップシャドウと言う単独のビデオフィルターを作れるというと分かりやすいかと思います。
そんな感じでレイアウターにある設定項目を細分化して
プリセット化できるめちゃくちゃ便利なビデオフィルターです。



■H.264 ハードウェアアクセラレーションデコード
あと目玉のH.264 ハードウェアアクセラレーションデコードについての検証は
EDIUS専用サイトの方に記事にしてますが概ね2割程度の向上が見られました。

EDIUS Pro 8の新機能 ハードウェアデコードの効果検証



■その他
レイアウターのキーフレーム設定領域がNeo3.5だとある程度のところまでしか伸縮できなかったのが
Pro 8ではプレビュー画面が見えなくなるまで広げることが出来るようになってました。
また、ビン内のサムネイルのサイズをスライダーで自由なサイズに変更できたり、
アイコンが表示サイズ(大・中・小)でデザインが異なっていたりします。



スポンサーサイト

【EDIUS】 拡大鏡を作ろう!

2014.10.04 (Sat)
拡大鏡のハウツー動画を作りました。
拡大鏡とは、よくハウツービデオなどで丸く囲ったりした一部分を拡大するヤツですね。
ユーチューブには8月にアップしていたんですが、色々と忙しくて忘れてましたぁ~w。

やり方はまずまったく同じクリップを同じ時間軸に上下に配置します。
上位トラックに配置しているクリップに適当な形のマスク(内側不透明度0%)を作り、
そのマスクパスの部分だけが透過するようにします。
あとは、そこに映す映像を下位トラックに配置して拡大表示するといった感じですね。

ポイントとしては、
拡大表示して動かすとその動きの移動量とマスクの動きの移動量とが異なるので
レイアウターで動きがリンクするように調整する必要があります。




edius Techniques... 拡大鏡を作る


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あと、随分前ですが
クイックタイトラーのハウツー動画も追加してますのでそちらも良ければご覧下さい。

⇒ 「24.アナログ時計を作るnew !

⇒ 「25.テキストの均等割付new !

⇒ 「26.長文の改行new !

クイックタイトラーのハウツー動画の再生リスト一覧



(o^-^o)

【EDIUS】 クイックタイトラーのハウツー動画 まとめ

2014.08.16 (Sat)




以前にクイックタイトラーのハウツー動画を途中まで作ってたんですが、
最近になってやっと最後まで仕上げることができました。ヽ(´▽`)/
1本の動画にするつもりだったんですが、結構長くなったのでセクションごとに分類しました。
下記の動画は再生リストの埋め込み動画です。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■クイックタイトラーの使いかた
ユーチューブへのリンクです

クイックタイトラーの使いかたの再生リスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「1.画面操作

「2.選択と移動

「3.切り取り・コピー・貼り付け

「4.拡大・縮小・反転

「5.変形

「6.回転

「7.整列

「8.均等整列

「9.スタイル登録

「10.テキストプロパティ

「11.イメージプロパティ

「12.線の回転・連続直線(図形プロパティ)

「13.ロール/クロール設定 [タイトル詳細設定]

「14.エクスポート

「15.外部ファイルの取り込み
※長文を改行するには「長文の改行」を参照

「16.テキストの一部の色を変える

「17.破線で線路を作る

「18.複数の図形を組み合わせても枠線をひとつにする方法

「19.円形の点線①

「20.円形の点線②

「21.小さな図形を円形に並べる

「22.極小オブジェクトの移動

「23.消えたタイトルの探し方

「24.アナログ時計を作るnew !

「25.均等割付new !

「26.長文の改行new !




EDIUS タイトル詳細設定 【ロール/クロール設定】

2014.06.04 (Wed)


先月、気付いた機能で「ロール/クロール設定」のハウツー動画を作りました。
普段エンドロールを作成する時はレイアウターやマスクで行っていたので知らなかったんですが、
EDIUS クイックタイトラーの限界?!」の記事の検証をしている時に初めて知りましたねw。

「ロール/クロール設定」とは、ロール(上下の動き)/クロール(横の動き)を開始する位置や
ロール/クロール後に止まっている時間(フレーム単位)などを設定できます。



Image 137



尚、動画内でも説明してますが、
この「ロール/クロール設定」の項目は、クイックタイトラーの背景プロパティにある
タイトル種類を静止以外のロール(下から)等の設定にしていないと、
下のような画面に「ロール/クロール設定」の項目は表示されません。



Image 138



それでは動画で~す。




EDIUS タイトル詳細設定 【ロール/クロール設定】



(o^-^o)

EDIUS クイックタイトラーの限界?!

2014.06.01 (Sun)
縁側での質問、「タイトルについて」の内容が面白そうだったので色々と調べてみました。
質問内容を掻い摘んで説明すると、800行にも及ぶタイトルをロールした際に
最後の部分がプレビュー画面に反映されないというものです。



■取り込める容量
まず、取り込めるテキスト(メモ帳)ファイルの容量については調べてみましたが、
こちらのついては取り込み方法により取り込める容量に制限がありますね。

メニュー→挿入→ファイルからの取り込み、、又は、ファイルを直接ドラッグ&ドロップで行う取り込みの場合は、
容量オーバーのファイルを取り込もうとすると「ファイルサイズが大きすぎます。」とメッセージが表示されて、
テキストの先頭から容量が約5KBになるところまで取り込まれて残りの部分は取り込まれなかったです。



Image 074



メモ帳を開き、テキスト部分のみをコピー&ペーストで行う取り込み方法では容量の制限が無いみたいです。
※テキスト入力モードにしておかないとペーストできないです。

関連情報 ⇒ クイックタイトラーでテキストファイルが読み込めない (Grass Valley ヘルプ)



■ページ数の限界
限界値を調べるためにエクセルのオートフィル機能で作った、
3000行ほどの行番号をナンバリングしたテキストをタイトラーに取り込んでみました。
するとウィンドウ下部のステータスバーに100/100(現在のページ/総ページ数)と表示されてました。
尚、ステータスバーが表示されていない場合はメニュー→表示から表示できます。



Image 082



とりあえずこの状態のままでタイトルを保存しようとすると、
制限を越えた位置にオブジェクトが存在します。保存しますか?」というメッセージがでて、



Image 078



「はい」を押せば保存はされますが、1ページ目の上辺、または、100ページ目にあるページ境界線を
ちょっとでも超えたタイトルは下図のように切られてプレビュー画面には反映されませんでした。



Image 080
※クリックすると拡大します



■限界まで調べてみた!
限界値を知るために新たに行数だけのテキストを作って調べたところ、
設定値をフォント MS UI Gothic、フォントサイズ 32、行間隔 0で作ったタイトルの限界値は2531行でした。
尚、ページ数はフォント、フォントサイズ、行間隔、変形の高さなどの設定値で異なります。

下の画像は1ページ目の画像です。
タイトル文字が上辺のギリギリまで来てますが超えていないのでカットされることも無いですし、
エラーメッセージが出ることもありませんでした。



Image 100
※クリックすると拡大します



下の画像は100ページ目の画像で白い点線がページの境界線です。
この白い点線を越えた部分のテキストはカットされてプレビューの反映されません。



Image 101
※クリックすると拡大します



また、下図のように文字が無くても改行してこの境界線を越えていたらエラーメッセージが出ます。
尚、テキスト全体の高さが100ページ内に収まるサイズの場合は、移動させたりして
境界線を越えた部分はカットされますが保存時のエラーメッセージは出なかったです。
余談ですが、、境界線はグリッドやタイトルセーフエリアの表示を無効にしておいた方が見えやすいです。



Image 090
※クリックすると拡大します



表示されない部分が僅かな行数なら行間隔やフォント、フォントサイズ、
或いは変形の高さなどを調整して100ページを超えないようにすれば表示されるようになると思いますが、
大幅に表示されない部分がある場合は分割して作るしかないでしょうね。

因みにPhotoshopでも同じような大きさ(1080x108000pixel)のものを作って取り込んでみましたが、
エラーで取り込むことさえできませんでした。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

また、限界近くまでページ数を増やしたタイトルはかなり重たくなったので
タイトルを選択して「選択クリップのレンダリング」をしておくといいと思います。



(o^-^o)

EDIUS 動きのあるタイトル

2013.10.27 (Sun)
本日のEDIUSネタは、先日、コネコにレビューした、Windows 8.1 Pro のレビュー動画に使用した、
サイドから出てきて数秒後に引っ込む動的なタイトルのネタバラシです。

こちらがその時のレビュー動画です。

Windows 8.1 Proのレビューは ⇒ コチラ




ウィンドウズ 8.1 Pro ~Windows 8.1 Pro~ フォトアプリが使えるぞ!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<角が丸い四角形の作り方>
実は角が丸い四角形が作れることは数週間前に気付いたんですw。
マニュアルをちゃんと読んでいれば記載されていたんで分かってた筈なんですが、
流石にあの膨大なマニュアル(512P)を隅々まで読む気力もないですよね。
マニュアルの382ページにも記載されてますが、
要は、右下に小さな三角マークがあるものボタンは、
長押ししているとサイドメニューが出てくるんです。
そんな使い方はマニュアルを読まないとまず気付かないですよね。



WS000224.jpg



一応、タイトルバックの設定値は下図のような感じです。
具体的な数値は拡大してご覧ください。
工夫したところはエッジをソフトにした上で50%のボカシを入れて、
境界を発光しているようにしているところですかね。
あとは文字タイトルを作って、別々に中央に配置すればキレイに中央で重なります。
この重ねたものを中央以外の場所でもキレイに重ねる方法は、
EDIUS タイトルのキレイな重ね方と吹き出しの向きの変え方」という
記事に動画で説明してますのでそちらをご覧ください。



WS000223.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<レイアウター設定値>
今回の動きを簡単に説明すると、
クイックタイトラーで表示する文字とタイトルバックとなる角が丸い四角形を同じタイトルで作り、
レイアウターの位置Xの値だけを調整して動かしています。


ちょっとだけ工夫したところとは、タイトルを表示する位置でタイトルを作るのではなく、
クイックタイトラーでは中央に配置しておいて、レイアウターで位置調整するところですね。
こうすることでXの値にマイナスを付けるだけで逆サイドからの動きに改変しやすいです。
また、位置Yの値はキーフレームを設定してもいいんですが、
設定するとキーフレームまで設定しないといけなくなるんですが、
設定しなければY値を変更するだけで表示する高さを変えられるで楽です。



設定値は下図のような感じの4点にキーフレームを設定していて、
キーフレームの補間方法はペジエ曲線でペジェハンドルは既定のままです。
[00:00:00;00][00:00:07;00]は同じ設定値で
[00:00:00;00]のキーフレームをコピーしただけのものです。
また、[00:00:06;15]も、同じように[00:00:00;15]をコピーしたものです。


[00:00:00;00]
WS000219.jpg



[00:00:00;15]
WS000220.jpg



[00:00:06;15]
WS000221.jpg


[00:00:07;00]
WS000222.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<プリセットとして登録>
頻繁に利用する場合はプリセットとして保存すると格段に作業効率が上がりますが、
プリセットとして登録する時に注意点がひとつあります。

プリセットとして登録したプリセットはタイムライン上の他のクリップに
ドラッグ&ドロップで簡単に設定できるんですが、
適用しようしたクリップの長さがプリセットの長さが今回のように7秒よりも長い時は、
うしろからふたつのキーフレームを後ろにズラすだけでいいんですが、
プリセット(7秒)より短い場合には適用使用するクリップの長さに応じて、
キーフレームも消滅しますので正常な動きになりません。

なのでプリセットとして登録する場合は、
できるだけ最短の時間で設定しておくと修正しやすくなるので使い勝手は良くなります。
尚、キーフレームを複数選択する時は選択したい範囲をドラッグすれば選択できます。


(2013/10/29追記)
書き忘れてましたが、プリセットとして保存したものは
あくまでもレイアウターでの動きだけなのでタイトルも分かりやすい名前で、
プロジェクトフォルダではなく専用フォルダを作って保存しておくと
のちのちアクセスしやすく使いやすいです。



(o^-^o)

EDIUS 5度刻みに角度を変えた直線で円を作ってみた!

2013.10.16 (Wed)
クイックタイトラーで正確な角度の線を引けないかなぁと、
試行錯誤していたら見つけました~。ヽ(´▽`)/
すでに知ってた方も多数いると思いますが、
恥ずかしながらEDIUSを使い始めて約七ヶ月でようやく発見したので
ここで報告したいと思います~w。(ヘルプにも記載無かったと思います)

クイックタイトラーでは図形の角っこにある操作ハンドルをCtrlキーを押しながら操作すると回転できたり、
辺の中央にある操作ハンドルを操作すると辺の水平移動(辺のスライド)ができたりしますよね。
因みに、回転時にAltキーを押しながらだと対角の操作ハンドルを中心に回転しますし、
Ctrl + Shift + Alt の同時押しで対角の操作ハンドルを中心に15度ずつ回転できたりもします。
スライド時にも同じように使えますのでいろいろと試してみると面白いですよ。

話を元に戻しますが、
回転させる角度は細かく指定できないと思っていましたが、
回転させている時にウィンドウの一番下に「A:5」と表示されていて、
その数値は回転させた角度だったんですよ。



クイックタイトラー角度調整_R



ほんと、数日前まで気付きませんでした。(・_・)エッ....?
左回りで正(+)の回転で右回りが負(-)の回転になっていますし、
辺の移動については「S:34%」とかでパーセントで表示されていましたね。
「A」は多分、ANGLEの略だと思いますが、「S」はSLIDEのSかなぁ~w?



今回、発見した機能で「5度刻みに角度を変えた直線で円」の作り方動画を作ってみました。
オープニングの動きは結構、複雑そうな動きで作るのに時間が掛かりそうに見えますが、
コピペしてレイアウターでそれぞれに動きを付けただけですのでとても簡単にできます。




EDIUS 5度刻みに角度を変えた直線で円を作ってみた!




(o^-^o)

EDIUS 鏡面反射 タイトル編

2013.10.04 (Fri)

前回の「EDIUS 鏡面反射 映像クリップ編」の続きで、
今回はクイックタイトラーのみで作るタイトルの鏡面反射のやり方です。



鏡面反射タイトル



やり方はとても簡単で鏡面反射させたいタイトルをコピー&貼り付けして
塗りつぶしの色数を増やしてグラデーションを付けるだけです。
詳しくは動画をご覧下さい。




EDIUS 鏡面反射 タイトルクリップ編



動画では分かりやすいように1つのタイトルの中に反射する方のタイトルまで作ってますが、
別々のタイトルにすれば色んな効果や動きを付けられるのでこれとは違った表現が出来ると思いますし、
また、グラデーションも色数を増やしたりして工夫すればもっと面白くなると思います。

あと、同じようなことが前回の「EDIUS 鏡面反射 映像クリップ編」でもできるので
使い分けについて考えてたんですがよく分からないですねw。
好みに合わせて使い分けてください。



(o^-^o)

EDIUS クイックタイトラーでアルファカスタムのビットマップ素材を作る

2013.07.31 (Wed)
先日の記事で、
アルファカスタムで使えるビットマップ素材はGIMPやPhotoshopで作れるとか書いてましたが、
よく考えたらクイックタイトラーでもグラデーションのあるタイトルとか図形を作れるではないか、
ということで今回は、アルファカスタムで使えるアルファビットマップを
クイックタイトラーで簡単に作っちゃおうという内容ですね。
動画の通りに作ると作り方を覚えられるという形で作ってみましたw。


実は、クイックタイトラーで作ったタイトルや図形などを
ファイルメニューにあるエクスポートという機能を使うと、
Windowsビットマップ(*.bmp)、JPEG形式(*.jpeg)、GIF形式(*.gif)、PNG形式(*.png)、
TIFF形式(*.tiff,*.tif)、Photoshop Files(*.psd)、Targa Files(*.tga,*,targa,*.vda,*.icb,*.vst)
などに変換して出力できます。


詳しくはないので間違っているかも知れませんが、
デフォルトで用意されているアルファビットマップ素材は白黒のグラデーションのものばかりなので
同じように白黒(できればグラデーションもあったほうがより効果的)のビットマップを作れば
アルファカスタムで利用できるアルファビットマップ素材が作れます。
試しに赤と緑のグラデーションのものを作ってアルファカスタムに取り込んで試してみましたが、
効果があるのかさっぱり分からなくて、やっぱり白黒じゃないと使えないみたいです。



アルファビットマップ 一覧



背景プロパティで背景設定する場合
背景プロパティで背景を設定すると簡単に背景を設定できます。
ビデオ、白、黒、静止画のいずれかを設定できて、
背景をビデオにしてBMPでエクスポートすると黒になるみたいです。
また、静止画は画像編集ソフトなどで作ったものを取り込めます。
尚、背景プロパティはタイトルや図形などをなにも選択してない時に表示されます。



クイックタイトラーでBMP 背景プロパティ2



四角形(図形プロパティ)で背景を作る場合
背景プロパティで背景を設定するとグラデーションは付けられませんが、
四角形で作れば複雑なグラデションも作れます。
HDサイズで1920×1080、X座標,Y座標=(0,0)がぴったりサイズです。
尚、エッジを付けていたのを外したりするとサイズが変わりしますのでご注意を。

背景を設定したあとは、自由にデザインしてください。



クイックタイトラーでBMP 四角形で背景 サイズ



クイックタイトラーでは7色というか、7分割のグラデションが作れますし、
今回のように図形にグラデーションを付けるだけじゃなくて、
文字タイトルにもグラデションが付けれらるので
アイデア次第では面白いデュレーションが作れると思います。



クイックタイトラーでBMP 塗りつぶし



動画には書き忘れてましたが、塗りつぶしの透明度は50%で作ってます。
100%以外ならなんでもいいと思いますが、
あまり100%に近くするとグラデーションが付きにくいみたいです。




<EDIUS クイックタイトラーでアルファカスタムのビットマップ素材を作る>



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CeVIO_Creative_Studio_FREE
尚、ナレーションを付けようと努力しましたが、
超・面倒になったのでタイトル読みだけで止めちゃいました~w。
使用ソフトはCeVIO_Creative_Studio_FREEというフリーのもので
聞き取りやすさや使い勝手はかなりいい感じのソフトでした。
ただ、タイトルを付けた上にナレーションも付けるとなると手間が面倒、
且つ、長い台詞とタイトルの長さが合わずに
それらの調整が面倒になったので止めただけで
ソフトが使いにくかったというわけではないです。

CeVIO_Creative_Studio_FREE



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

EDIUSのタイトル作成ソフトの”クイックタイトラー”って単独で起動できるって知ってました?
プログラムの本体をダブルクリックするとEDIUSが起動してなくても起動出来ちゃいます。
C:\Program Files (x86)\Grass Valley\EDIUS 6.5\QuickTitler.exe
クイックタイトラーのどうでもいい話でしたw。

EDIUS Windows 8のプログレスバーを作ってみた!

2013.06.07 (Fri)

今回はEDIUS Neo 3.5のみの機能で下記のようなWindows8のプログレスバー(進捗バー)を作ってみました。


プログレスバーwin8※この画像は本物です。



作ろうとと思ったきっかけは先日、
Iron Flat(動画の師匠です)さんの作った玄人志向 RH7850-E2GHD/DP
レビュー動画の冒頭にシーンにグラサン男がキラリーンと光るシーンがあるんですが、
そのシーンに使われていたGPUトランジションのひとつであるトランスフォームのライトムーブという機能を
使ったことが無かったので練習がてらに何かに使おうと思っていた時に、ちょうど、
Windows8のプログレスバーがキラリーンと光っているのを見て"これだ!"と思い立ち製作を開始しました。


外観はすべてクイックタイトラーで作り、
色の再現は先日の紹介したカラーピッカーで行いました。


プロジェクトの内容は3つのシーケンスで出来ています。
それでれを説明すると以下のようになります。


<シーケンス3>

パーセンテージの数字表示のみのシーケンスでタイトラーで100個のタイトルを作って
元動画となるべく同じになるようにタイミングを合わせました。
2Vはテキストの色がブラックのために見えないので見えるようにしたカラーマットで
1Vはパーセンテージの動きを確認するためのオリジナルのプログレスバーの動画です。

100個もタイトル作ると大変そうみたいですが、
コピペで数字のみを書き直しただけなので1時間程度の作業でした。

裏話を言うと、
先日購入したばかりのゲーミングマウス Logicool G300rのお蔭が大きかったですね~w。
このマウスはカスタマイズ可能なボタンが9個も付いているのでEDIUSで編集しやすいように設定しました。
実は、これの機能を試してみたくてこのような煩雑な作業を敢えて行ったというところもありましたw。


プログレスバーシーケンス3




<シーケンス2>

シーケンス3を取り込んでプログレスバーを作成したシーケンスです。
シーケンス3を2か所に配置し、4Vの白のカラーマットは緑のプログレスバーの上に配置している白いラインで、
マスクフィルターで動いていてるように見せています。

最初はマスクのアンカーは中心に置いて作っていたんですが、
両サイドから縮まってきて、うまい具合に片方だけに進行しているようにできなかったので
アンカーを右端に移動させたらうまい具合にできるようになりました。


プログレスバーシーケンス2


3Vは緑のプログレスバーでトランスフォームのライトムーブを設定してます。
キーフレームはたくさんありますが、実は3種類しかありません。
始点[00:00:00.00]、2秒地点[00:00:02.00]、2秒1フレーム地点[00:00:02.01]のみを作成します。

左から右に光のラインが何度も流れるようにするには
2秒で左から右に動いたライトの動きを[00:00:02.01]の1フレームで元の位置に戻すように設定します。
この時、2秒の所のハイライトのキーフレームを固定に設定して、
数値を0にして右から左に移動するライトが光らないようにします。
あとは、この2点のキーフレームを一緒の選択してコピーして2秒間隔で貼り付けます。
尚、2Vトラックにあるプログレスバーウィンドウはタイトラーで作ったウィンドウの外観で1Vはサンプル動画です。


プログレスバー始点の設定値
プログレスバー始点キーフレーム


プログレスバー2秒の地点の設定値
プログレスバー2の倍数地点のキーフレーム


プログレスバー2秒1フレーム地点の設定値
プログレスバー2-1秒地点のキーフレーム


上の画像のタイムラインバーがあるところを拡大するとこんな感じになってます。
この2点のキーフレームをコピーして貼り付けました。

プログレスバーキーフレーム詳細




<シーケンス1>


最終的に動画として公開するためにまとめたシーケンスなので
プログレスバーを作るには必要のないパーツですが一応記載しておきます。

3Vから6Vトラックまではすべてタイトルで、
一番下のプログレスバーはオリジナルのプログレスバーの動画です。


プログレスバーシーケンス1



下記が完成した動画になります。






 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。