Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

【PC】 VideoStudio Pro X5 で音声付で「画面の録画」をする方法 2

2016.02.25 (Thu)
以前、VideoStudio Pro X5 で音声付で「画面の録画」をする方法の記事を書いたんですが
いちいちヘッドフォンを接続するのも面倒なのでどうにかならないか試行錯誤した結果、
テレビ AQUOS LC-26GH5(PDF)のリモコンで設定をチョロッと弄るだけで良くなったので
その方法のめちゃくちゃ個人的なメモです。


■いちいちヘッドフォンを接続しなくて音声付で「画面の録画」ができる設定
パソコンのヘッドフォン端子とAQUOSの音声入力端子を
両端オスオスのステレオミニプラグケーブルで接続する。


R0023510tR.jpg
メイン機はグラボ(DVI-HDMIケーブル)から出力


テレビの設定をリモコンで [メニュー] → [機能切換] → [PC音声選択] の項目で
[入力7 (PC)] から [入力2 (HDMI)] に変更する。
尚、画像にもあるようにHDMIなら [入力 2]、
またはRGB接続なら [入力 7] に接続しておく必要があるみたいです。


R0023445R.jpg


PCの設定は以前書いた、
VideoStudio Pro X5 で音声付で「画面の録画」をする方法のように
「録音」タブでステレオミキサーを有効にし、


20160224017.jpg


「再生」タブでもスピーカーを有効にします。
尚、HDMIは無効にしなくても「画面の録画」には支障はなかったです。


20160224018.jpg


このようにするとHDMIで接続しているけど音声はステレオミニプラグケーブル経由で
TVのスピーカーから出るようになり、イチイチスピーカーを接続してやる必要がなくなりました。ヽ(´▽`)/

ただ、1つ難点なのはアクオスには1ビットオーディオなんてろなるものが付いていて
以前の [入力7 (PC)] のHDMIで接続していた時よりも音量の出力レベルがかなり落ち込みました。
例えると、PCの音量 20 でよかったのが 40 にしないといけないくらいですね。

HDMI接続で音声もHDMIで出力していた時には
ヘッドフォンで聴く時もPCの端子に接続するより
アクオスのヘッドフォン端子に接続した方がはるかに出力も高く良い音だったので
ヘッドフォンアンプを買う必要もなかったですが
今回のような接続方法にするとヘッドフォンアンプが必要になるかもです。



(o^-^o)
スポンサーサイト



【PC】 VideoStudio Pro X5 で音声付で「画面の録画」をする方法

2016.01.07 (Thu)
コーレルの動画編集ソフト VideoStudio Pro X5 には
「画面の録画」というデスクトップ上を録画する機能があるんですが、
EDIUSのハウツー動画などではほとんど音声を載せてないのでたまに音声付で画面の録画をすると
やり方をすぐに忘れてしまい、最近も無駄に時間を費やしたので備忘録としての記録ですw。

尚、ここに書いているのはHDMIケーブルで音声と映像を出力している場合の操作方法なので
PC環境によって同じようにはならないかもしれません。




■Windowsでのサウンド設定
まず、PCにスピーカーを接続するか、またはヘッドフォンを接続します。
次にWindowsのサウンドを常駐プログラムの白いスピーカーを右クリックし「再生デバイス」を開きます。
または「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「サウンド」などから開けます。
HDMIが有効になっていたら必ず無効にしてスピーカーを有効にして
スピーカーまたはヘッドフォンから音が出ていることを確認します。

[追記]
HDMIは無効にしてなくてもスピーカーまたはヘッドフォンから音が出ていれば録音できるみたいです。



VideoStudio Pro X5 画面の録画


「録音」タブを開き、「ステレオミキサー」を有効にします。
これを有効にしないと VideoStudio Pro X5 の設定にある「システム音声」を有効にできません。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


「ステレオミキサー」の項目が無い場合は右メニュから「無効なデバイスの表示」、
「切断されているデバイスの表示」にチェックを入れてみます。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


それでも表示されない場合はオーディオドライバーが入っていないのでどこからか探してきます。
自作PCの場合はマザーボードの付属ディスクに必ず入っていると思います。

因みに自分の場合は Realteck のドライバー(常駐ソフトにある赤いスピーカー)を入れたら
ステレオミキサーが使えるようになりました。
Windows7を再インストールする際に入れ忘れてたんですが、
今回はこのせいで一時間ほどイラついてましたw。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


VideoStudio Pro X5 画面の録画


▼参考サイト
Windows7で、ステレオミキサーを使う方法
Windows 7のサウンドコントロール
Vista 7 向けのステレオミキサー確認&使い方講座(動画)




■VideoStudio Pro X5での設定
VideoStudio Pro X5を起動し、「取り込み」タブを開きます。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


「画面の録画」をクリック。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


歯車のアイコンをクリックして詳細設定を開く。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


「オーディオ設定」にある「システム音声」を左側の有効にすれば
デスクトップの映像と共にPCで鳴っている音声も録音できる筈です。


VideoStudio Pro X5 画面の録画


前述しましたがWindowsで「ステレオミキサー」を有効にしてないと
ここを下記のようなエラーメッセージが表示されます。


VideoStudio Pro X5 画面の録画



この方法は以前に coneco.net で MSquad さんからアドバイスを受けて
HDMIを無効にすることで解決できたんですがその内容も記録として残しておきます。

オンボードサウンドを使っていることを前提に解説します。
まず、VideoStudioをふくめ、音に関係するソフトは閉じて(起動しないで)下さい。

 ●コントロールパネル→ハードウエアとサウンド→オーディオデバイスの管理→録音タブを開き
  ステレオミキサー(Input Mixなどと言う場合もある)が表示されているか確認。
  表示されていなかったら何もないところで右クリックし、無効なデバイスの表示をクリック。

  ステレオミキサーを右クリックして、有効、既定のデバイスになっていることを確認する。

 ●ステレオミキサーを右クリック、プロパティをクリックして開き、
  「レベル」タブで、バーを右にずらして音量を上げる。
  「詳細」タブで、[16ビット、48KHz(DVDの音質)]を選ぶ。

 ●Realtek(またはASUS)のサウンド関連ソフトを起動し、
  コントロールパネルで行った通りに設定されているか確認する。


この後は、録音できない原因になる可能性があることを推測してみた項目です。

 ●録音する時、サウンドデバイスは一つだけにする。
   例えば、USBスピーカーやDAC、MP3プレーヤーなどをPCにつないでいたら外す。

 ●タスクマネージャーを開き、地デジ関連のプロセスを終了してみる
   日本の地デジ規制は異常なので、PCに地デジソフトをインストールしただけで、
   どんな不具合が起きても不思議はないです。

 ●HDMIで音声出力していたら、録音する時だけHDMI音声を無効にしてみる









(o^-^o)

【PC】 ASRock AM1B-ITX レビュー [CPU : AMD Athlon 5150]

2016.01.05 (Tue)
ASRock AM1B-ITX レビューです。
まずは外観と付属品。


AM1B-ITX


AM1B-ITX
付属品


AM1B-ITX
バックパネルの色は黒っぽく見えますが一般的なステンレス色のシルバーです。
HIMI端子の両サイドにはスポンジ入りの変な突起が付いてたんですが
マザーボードを取り付ける時にちゃんと位置を合わせて取り付けないと
この部分が潰れてしまいますのでご注意を…。


AM1B-ITX
ページ数こそ120ページくらいありますが多言語マニュアルが故に
日本語の表記は9ページほどでUEFI(BIOS)に関する内容の記載はないです


AM1B-ITX
マスターシードは太っ腹の2年保証~


AM1B-ITX
SATAケーブルはL型とストレート型が付属


AM1B-ITX
基板 オモテ


AM1B-ITX


AM1B-ITX


AM1B-ITX


AM1B-ITX


AM1B-ITX
自立しますw


AM1B-ITX
基板 裏





■ビープスピーカーが取り付けられない(泣)
CPU、メモリ、電源の最小構成パーツを取り付けて、
バックパネルにはロジクールの無線のマウス(M185RD)とキーボード(K270)のレシーバーを接続し、
モニターもD-Subケーブルを接続したところで漸くスイッチがないことに気付くw。

探したら電源スイッチとビープスピーカーがあったので取り敢えず
電源スイッチを取り付けてビープスピーカーを取り付けようとしたら取り付けるピンがない。(´・ω`・)エッ?
ビープスピーカーは常に接続しているのでこれは残念なポイントでしたね。


AM1B-ITX


組み込んで分かったんですがラッチ付きのSATAコネクタをメモリ側に取り付けると
ラッチがメモリ側に来るのでメモリを付けたままだとめちゃくちゃ外しにくいですね。
あと、LEDなどのヒカリモノなし一切ないみたいです。





■UEFI(旧BIOS)起動
アスロックのマザーボードは初めなのでUEFI(旧BIOS)の入り方を調べたら
ブート画面に「F1」もしくは「Delete」キーで入れると書かれていた。
BIOSTAR TZ77XE4もデリートキーで入れたので同じなのは有難いですね。





■UEFI(旧BIOS)設定
UEFIの設定について以前にも少し書きましたが
日本語フォントが気に入らないので基本的に英語にして
分からない時だけ日本語にして確認する感じですね。

設定は時間が完全に異なっていたので修正し、
CPUファンが4pin接続になっていたのを3pinにしてファンスピードをサイレンスモードにし、
ブート順を少し弄って設定を保存したぐらいです。





■UEFI(旧BIOS)のキャプチャ
ASUSのマザーにはUEFI画面をキャプチャする機能(F12)があったんですが
このマザーのUEFI画面にはそのようなことが書かれてなかったのでないのかと思ってたんですが、
USBメモリを挿してF12キーを押すと保存画面が現れて保存できました。゚(∀) ゚ エッ?

ただ、BMP形式での保存なのでファイル容量がちょっと大きめなのとカーソルもキャプチャされますw。
あと、ファイル名は「160103233736.bmp」のように保存時の日時(秒まで)になるみたいですが
順番にナンバリングされていないので画像を整理する時にちょっと分かりづらかったです。

それとこれは完全にバグだと思いますが
日本語表記の時にキャプチャ(F12)しようとしても「決定(OK)ボタン」が表示されませんでした。
ただ、ボタンが表示される付近でカーソルを動かすとスクラッチくじを
コインで削る時のように決定ボタンが現れてきましたw。
まぁ~、ボタンが見えなくてもエンターキーで保存できるので別に良いんですがねぇ~。


AM1B-ITX


この機種のことではないと思いますがUSBメモリのフォーマット?によっては
UEFI(旧BIOS)のキャプチャができないことがあるみたいです。
http://awgsfoundry.com/blog-entry-41.html





■UEFI(旧BIOS)の初期設定の画像一覧
UEFI(旧BIOS)の初期設定値のキャプチャ画像を記録として残しておきます。
尚、BOOTの項目など環境によって異なる項目があるかもしれません。


AM1B-ITX UEFI BIOS
Main

AM1B-ITX UEFI BIOS
OC Tweaker

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced CPU Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced Chipset Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced Strage Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced Super IO Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced ACPI Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
Advanced USB Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
Tool

AM1B-ITX UEFI BIOS
Tool Network Configuration

AM1B-ITX UEFI BIOS
H/M Monitor

AM1B-ITX UEFI BIOS
Boot

AM1B-ITX UEFI BIOS
Boot CSM (Compatibility Support Module)

AM1B-ITX UEFI BIOS
Boot CSM (Compatibility Support Module)

AM1B-ITX UEFI BIOS
Security

AM1B-ITX UEFI BIOS
Exit







(o^-^o)

【PC】 1クリックでキャプチャして保存まで行う方法 ~ PicPick ~

2014.07.16 (Wed)
お気に入りのスクリーンキャプチャーソフト PicPick (ver.3.2.6 フリー版) の紹介と
そのソフトを使って1クリックでスクリーンキャプチャして保存するまでの方法で~す。
スクリーンキャプチャーソフトは色々とありますが個人的なこだわりは以下のような感じですね。


① キャプチャ後に自動的に保存する機能があること
② ホットキーが簡単に設定できること
③ デュアルモニターに対応していること
④ カーソルをキャプチャするか、しないかを設定できることなど…



それらの条件を満たしたスクリーンキャプチャーソフトが PicPick (ピクピック) で、
PicPick にはキャプチャした画像を自動的に保存する機能があるので、その機能とホットキー、
そして、マウス(G300r)を組み合わせれば1クリックでキャプチャから保存までできるようになります。

尚、3.2.6以降のバージョンは有償になってますので使ってみたい方はフリー版を自力で探すか、
有償版(体験版あり)を購入して使って下さい。

追記 2017.01/10※青字が追記
いつのまにか無料版の配布が再開されていたみたいですが、
こちらのバージョンは広告が表示されるみたいです。

PicPick
http://ngwin.com/picpick



あと、このソフトは先日、ウィルス感染してニュース(詳しくはこちら)になった、
GOM PlayerのGRETECH製のソフトなのでセキュリティが気になる方は使用しないで下さい。
尚、定番ですがこのソフトを使用して起こった不具合等の責任持てませんので自己責任でお願いします。





■1クリックでキャプチャから保存まで行う方法
具体的な方法は、まず、PicPick を起動し、プログラムオプション(設定画面)を開きます。



Image 391



キャプチャの設定メニューにある出力方法のプルダウンメニューから「画像ファイルに保存」を選択します。
尚、画像編集ソフトの「PicPickエディター(Windows付属のペイントみたいなソフト)」にしたり、
「外部プログラムに送る」にしてPhotoshopなどの画像編集ソフトを指定しておけば
キャプチャ後に指定したソフトを自動起動させたりもできます。



Image 424



自動保存の設定メニューにある「画像の自動保存」にチェックを入れて保存先を指定します。



Image 393



アクティブウィンドウをキャプチャするホットキー(Ctrl + Shift F9)と
選択領域をキャプチャするホットキー(Ctrl + Alt + F9)を適当に設定します。
※ 選択領域のキャプチャは選択する手順があるので1クリックでは保存までできません。



Image 397



あとは Logicool ゲーミングソフトウェア (ver.8.51) の設定画面を開き、
設定したいボタンに PicPick で設定したホットキーをキーストロークとして設定します。
因みに自分の場合はスクロールボタンをクリックするとアクティブウィンドウをキャプチャして保存し、
左下のボタン(G4)をクリックすると選択範囲をキャプチャできるように設定しています。

尚、デュアルモニターに対応しなくてもいいなら WinShot でも1クリック保存は出来ていました。
また、今回はロジクールのマウスとソフトを使ってやりましたが、
フリーのホットキーを設定できるマウスジェスチャーなどと組み合わせれば、多分…出来ると思います。



Image 402



Image 417



最後に PicPick をスタートアップ登録しておけば、
すぐに1クリックでキャプチャから保存まで行うことができます。



Image 399



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■その他の機能
このソフトの一番気に入っているポイントは、
矩形選択でキャプチャする時に選択範囲を指定するんですが、
その際に選択範囲を始点と終点の部分が拡大されるので正確な切り取りができることですね。


また、キャプチャ以外の機能も凄くて、角度を計測できる分度器や
画面上の色を拾えるカラーピッカー機能、アイコンなどの大きさを測れるピクセル定規、
画面上で落書きできて保存できるホワイトボード、そのほかにも拡大鏡、クロスエアーなどあります。


あと、まだ使ったことないですが画面をスクロールしてキャプチャする機能などあるみたいです。
ここから下の画像は紹介しきれなかったその他の設定メニューです。



Image 392



Image 395



Image 394



Image 396





※ FC2アフィリエイトプログラム

 | HOME | 
トップに戻る