Edius...and more

ブログを移転しました。記事タイトルから新しいブログに転送できます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PC】 Windows7 再インストール時に行う個人的なメモ

2016.01.08 (Fri)
よく使用するソフトは設定をかなり弄っているのでOSの再インストールを行うと
アップデートを含めると元の状態に戻すだけでも半日以上掛かります。

なので今回の記事はその作業をスムーズに行えるように再インストール前にやること、
そして再インストール後にやることを記載した非常に個人的な記録です。
尚、思い出しながら書いたので書き忘れがかなりあると思いますw。


アドレスについて
記載しているアドレスの「%username%」は環境変数というもので
「ユーザー名」を表しているのでWindows7(XPも可能?)ならそのままエクスプローラーの
アドレスバーに貼り付けてEnterキーを押せば誰でもファイルの場所に移動できる筈です(たぶん)。
アドレスバーの空白部分をクリックするとフルパスが表示されます。





--------------------------------------------------------------------------------------
設定及びデータのバックアック
--------------------------------------------------------------------------------------

全データのバックアップするのは勿論だが各ソフトの設定値のデータもバックアップする。


▼ユーザー辞書
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP10
上記アドレスの「imjp10u.dic」をバックアップ。
復元は同アドレスに元に戻すだけ。


IMJP10をデータドライブの「G:\Backup - [IME]」に保存するようにしたので
データ用HDDを接続してIMEでアドレスを指定する。

20151123027.jpg


▼Microsoft Expresstion Web 4
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Microsoft\Expression\Web 4\mySnippets
上記アドレスのmySnippetsフォルダのスニペットファイル(HTMLコードのテンプレート)をバックアップ。
復元は同アドレスに戻すだけ。

20151123030.jpg


▼ロジクールマウス(G300r) プロファイル
設定画面からプロファイルをエクスポートしておく。
復元もエクスポート同様に設定画面からインポートする。

20151123028.jpg
ポインタ設定値


▼EDIUS設定ファイル(プリセットも含む)
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Grass Valley
Grass ValleyフォルダにあるEDIUS、QuickTitlerフォルダをバックアップ。
復元は既存のフォルダを削除して元の場所に戻すだけ。


▼GOM Player
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\GRETECH\GomPlayer
上記アドレスのフォルダにある「CustomKey.ini」と
環境設定バックアップ機能で設定をレジストリーファイルとして出力できるのでバックアップ。
復元はレジストリーファイルをダブルクリックして復元し、
「CustomKey.ini」も上記アドレスに戻す。


▼PicPick (ver.3.26)
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\picpick
上記アドレスのフォルダ内にある picpick.ini をバックアップ。
復元は同ファイルに上書き保存で行い、ファイルの保存場所と画像ファイルの名前付け設定。
1クリックでキャプチャして保存まで行う方法 ~ PicPick ~


▼CoreTemp
タスクスケジューラーのタスクをエクスポート。
復元はタスクスケジューラーにインポートするだけ。
Windows 7 上でのCoreTempのスタートアップ登録などのメモ

20151123033.jpg


▼mAgicTV Digital (GV-MVP/HS2、GV-MVP/HX2 地デジチューナー)
録画データの入っているHDDのドライブ文字を同じにすると
再インストールしても録画番組を再生できるのでドライブ文字を記録しておく。
あと、保存する番組で誤って削除されたくないものは事前にムーヴしておく。
また、予約一覧のキャプチャ画像も保存しておくと便利。

20151123029.jpg


▼Windows Live メール 2012
C:\Users\%username%\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail\Storage Folders
「Storage Folders」に保存されたメールのバックアップ、
およびアカウントのエクスポート(拡張子 xxxxxx.iaf)をしておく。

メールの復元は表示メニューの「保存フォルダー」を表示してから
ソフトのインポート機能から保存場所を指定してインポートする。
アカウントはインポートメニューからする。

Thunderbirdに変更したのでそちらでエクスポート&インポートする。

20160108005t.jpg


▼Photoshop CS6
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CS6\Adobe Photoshop CS6 Settings


▼AfterEffects CS6
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Adobe\After Effects\11.0
※最後の数字はバージョンで異なるみたい


▼Illustrator CS6
C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator CS6 Settings\ja_JP\x64





--------------------------------------------------------------------------------------
ソフトやドライバーの準備
--------------------------------------------------------------------------------------

Intel Chipset Device Software (INF Update Utility)
Intel HD Graphics Driver for Windows 7
Quadro2000
4Gamer.net (最新ドライバーリンク)

Google Chrome
Avast
iTunes
QuickTime

iTunes は以前に再インストールの前後で iTunes のバージョンが異って再生回数が
リセットされたことがあるので必ず使っているバージョンのものを準備しておく。
その他のソフトでオフラインでインストールするものも事前にダウンロードして準備する。





--------------------------------------------------------------------------------------
ライセンスの解除
--------------------------------------------------------------------------------------

・EDIUS Pro8 及び Neo3.5 のライセンスを GV License Manager で認証解除
・Adobeライセンスを解除 ※ソフトごとに認証解除の必要なし





--------------------------------------------------------------------------------------
Windows7をインストール後に行うこと ~ネット接続前~
--------------------------------------------------------------------------------------

下記の優先順位でインストールする。


▼必須ドライバーインストール
Intel Chipset Device Software (INF Update Utility)
Intel HD Graphics Driver (オンボードグラフィックス)
Quadro2000


▼Windows設定
解像度を1360 x 768 に変更
マイドキュメント等の既定フォルダの場所をCドライブからGドライブに変更
ユーザー辞書の復元
Windows Defender を無効にする
IME設定で日本語入力をかな入力、スペースを半角スペースに変更
フォント一括インストール
リモートアクセスを不可
デスクトップのゴミ箱を非表示
システム構成よりスタートアップのプログラムの厳選
Fix it Windows で休止状態 (hiberfil.sys) を無効
Windows の機能の有効化無効化 [設定値]


▼必須ソフトウェア インストール
Logicool ゲーミングソフトウェア ※プロファイルのインポートとポインタ設定
かざぐるマウス
PicPick (ver.3.26)
GOM Player
PwOffTimer ※互換性を Vista SP2 にする
KeySwap
サイドバーガジェット(htSlip.gadget [設定値]、htCalendar.gadget)
地デジチューナー(GV-MVP/HX2GV-MVP/HS2)
アバスト
On-Board Audio
Windows Live メール (Windows Essentials)
Microsoft Expresstion Web 4
EDIUS ※EDIUS Pro8 , Neo3.5 の順でインストール
QuickTime


その他のソフトは使う時にぼちぼち入れていく。
プリンタ ドライバー (EP-703A)
EPSON Print CD
スキャナードライバー



▼システム監視用の常駐ソフト
CrystalDiskInfo
CoreTemp のタスク インポート
Speccy





--------------------------------------------------------------------------------------
Windows7をインストール後に行うこと ~ネット接続後~
--------------------------------------------------------------------------------------

ネットに繋げてもいい環境が整ったら On-Board LAN をインストールする。


▼Google Chrome
Google Chromeはログインでパスワードも含む
すべての設定を同期できるでバックアップの必要はないが、
念のためにそれぞれのブラウザでブックマークをエクスポートしておく。

アドオン
Google Analytics オプトアウト アドオン ※ Chromeでアクセスすること。
Awesome Screenshot
Page Analytics (by Google)
PhishWall
Shiplun


▼Firefox
Firefoxもsyncでパスワードも含む
すべての設定を同期できるでバックアップの必要はないが、
念のためにそれぞれのブラウザでブックマークをエクスポートしておく。

アドオン
ScrapBook
Google Analytics オプトアウト アドオン ※ Firefoxでアクセスすること。


▼IE
IEはお気に入りフォルダはデータとしてバックアップしているのでなにもしなくていいが、
購読しているフィードは AppData の以下のフォルダ内に保存されているのでバックアップを取っておく。
元に戻すときも必要ファイルだけを下記のフォルダにコピペするだけでOKだが、
初回だけフィードの更新が無効になっていたので適当なフィードを開き、
購読する必要があるかも…。
C:\Users\%username%\AppData\Local\Microsoft\Feeds

アドオン
Google Analytics オプトアウト アドオン ※ IEでアクセスすること。



▼FC2ブログ
アクセスカウンターで自分のアクセス数をカウントしないように設定





---------------------------------------------------------------------------
これ以下は各ソフトの詳細設定のキャプチャによるメモで必要に応じて追加していく予定です。

▼TMPGEnc Video Mastering Works 5 環境設定値
[フォルダ設定]
出力ファイル → G:\Video\TMPGEnc\TVMW5
一時ファイル → G:\Video\TMPGEnc\一時ファイル

TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)

[出力時のフォルダ/ファイル]
クリップ毎に出力の場合 → クリップ名のみとする

TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)

[クリップ編集設定] →[クリップの標準設定]
「カット範囲にキーフレームが見つかると警告を表示する」 → チェック解除

TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)

[クリップ編集設定]→[クリップの標準設定]→[テンプレート]
G:\マイ ドキュメント\TMPGEnc Video Mastering Works 5\Template\Filter\基本2013.tvmw5f

TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)

[MPEGエンコーダー設定]
2PASS → 1PASS

TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)

[編集用プロキシ設定]→[作成先フォルダ]
編集用プロキシファイル作成先フォルダ → G:\Video\TMPGEnc\TVMW5_Proxy

TMPGEnc Video Mastering Works 5(以下 TVMW5)







(o^-^o)
スポンサーサイト

【PC】 Windows Live メール の文字化けを解消する個人的メモ

2015.12.11 (Fri)
メールソフトはMicrosoft のWindows Live メール 2012 をずっと使っているんですが、
非常に稀に文字化けしたメールがきます。
その宛名はほとんどがアマゾンに投稿したレビューに関するメールなんですが、
忘れっぽいので文字化けを解消する個人的なメモとして記しておきます。
尚、個人的なメモなので同じような文字化けが解消するかどうかは分かりませんのであしからずw。

Windows Live メールのダウンロード


Windows Live メール





■文字化けの解消方法
リボンを最小化していたら解消し、上図の赤枠部分の
「エンコード」の項目をクリックして下図のようなメニューを表示。


Windows Live メール


「その他」の項目の右にある小さな三角形をクリックしてサブメニューを表示。
その中にある「日本語 (JIS 1 バイト カタカタ可)」をクリックすると正常に日本語表示になる。
日本語にならなかったら「日本語 (シフト JIS)」「日本語 (EUC)」の項目もクリックしてみる。


Windows Live メール


尚、このエンコード変更は本文のようにメールを開いて行うとそのメールだけエンコード方法を変更され、
Windows Live メール本体のエンコードから行うとすべてのメールのエンコードが変更されるみたいです。





■既定のエンコードの確認方法
既定のエンコードが「日本語 (自動選択)」になっているかを確認するには、
赤枠のところからサブメニューを表示して、
「オプション(O)」 → 「メール(M)...」から設定画面を開く。


Windows Live メール


フォントの項目にある「エンコードの設定」画面を開く。


Windows Live メール


図のように既定のエンコードが表示される。


Windows Live メール



( ^ω^ )

【PC】 アイオーデータの地デジチューナーがWindows 10 に対応!

2015.12.09 (Wed)
2015年12月8日(火)に知ったんですが、ようやく、
i.o dataの一部の地デジチューナーでWindows 10 に対応したアップデーターを公開されました。


20151209002.jpg


アップデータが公開されたのは、GV-MVP/FZ2、GV-MVP/XS3、GV-MVP/XS2W、
GV-MVP/XZ2、GV-MVP/XS3、GV-MVP/XS3W、GV-MVP/XZ3 の7製品でした。
因みにソフトウェアの掲載日は12月7日になっていました。


GV-MVP/FZ2 Windows 10アップデーター Ver.6.14
GV-MVP/XS3 Windows 10アップデーター Ver6.14
GV-MVP/XS2W Windows 10アップデーター Ver6.14
GV-MVP/XZ2 Windows 10アップデーター Ver6.14
GV-MVP/XS3 Windows 10アップデーター Ver.6.14
GV-MVP/XS3W Windows 10アップデーター Ver.6.14
GV-MVP/XZ3 Windows 10アップデーター Ver.6.14


このニュースはホントに喜ばしいネタなんですが、
自分が持ってるGV-MVP/HX2GV-MVP/HS2 はやっぱり対応してくれませんでした。Σ(゚д゚lll)ガーン
まぁ~、こちら のページにも記載されてなかったのであまり期待してなかったんですが
それでも淡い期待を持ってましたので残念です~。(;´д`)トホホ…


それでもWindows 10 のアップグレードへのハードルが一つ減ったのはありがたいですね。
すぐに買うかどうかは分かりませんがGV-MVP/XS3、GV-MVP/XS3W、
GV-MVP/XS3、GV-MVP/XS3Wのどれかをその内手に入れるかも知れません。
これらの4製品はいずれもAACSキーの期限は2019年5月末の予定です。




■中古でアイオー製の地デジチューナーを手に入れる際の注意点
このままではネタが短いので中古でアイオーデータの地デジチューナーを
手に入れる際の注意点を書き留めておきます。

まず、ダビング(コピー/ムーブ)するつもりなら、
必ずインストールメディアが付属したものを選ぶ必要があります。

インストールメディア(CD-ROM)にはダビング(コピー/ムーブ)するために
必要なデータがあるためにこのメディアがないとダビング(コピー/ムーブ)できません。
GV-MVP/XS3のマニュアルにも下記のような文言があったのでこの仕様は変わってないです。
因みにこの情報は「画面で見るマニュアル for mAgicTV Digital GT」のエクスポートの項目の
ダビング(コピー/ムーブ)できない」のところに記載されています。


GV-MVP


あと下記はアップデーターをダウンロードする画面なんですが、
シリアルナンバーを入力しないとダウンロードできない仕組みになっています。


GV-MVP


通常は基板に貼られているシールに記載されていますのでちゃんと貼られているか要確認です。


GV-MVP シリアルナンバー


まとめるとインストールメディアしかない場合はWindows10 に対応してないのでWindows10で使えない、
また、アップデーターだけでは視聴・録画はできてもダビング(コピー/ムーブ)ということです。


補足情報ですがB-CASカードの所有権は常にB-CAS社にありますので、
インターネットオークション等で販売することは禁止されているそうです。
B-CASカードの再発行手数料は1枚 2,050円(送料・消費税込)だそうです。





■寒さに弱い地デジチューナー
余談ですがUSB接続の地デジチューナー GV-MVP/HZ2W は寒い(室温が10℃以下の時に頻発)と
USB機器を認識しないという、特異な性質を持っていましたw。


GV-MVP/HZ2W


原因は低温病なのか?USB1.1病なのかは分かりませんが、
ドライヤーの暖かい風をB-CASカードの差込口から風を当てると1分ほどで認識するようになりますw。
ただ、GV-MVP/XZ2やGV-MVP/XZ3でも同じような状況になるかはまったく不明です。
因みに下の動画はconeco.netにレビューした時に作成した動画です。











( ^ω^ )

【PC】 「Windows 10 を入手する」の常駐プログラムを解除してみた!

2015.12.06 (Sun)
Windows 7 の常駐プログラムに 「Windows 10 を入手する」というものが表示されているのは
ほとんどの人が知っていると思いますが、たまにでっかいウィンドウで表示されるくらいで
それほど気になるものではなかったので今まで放置してました。


20151202004.jpg


20151202030t.jpg


ただ、地デジチューナーなどの一部のソフトの互換性により
当分は Windows 10 にアップグレードする可能性が少なくなったので、
極力、不必要なソフトの起動は避けたいので非表示にすることにしました。

その前にタスクスケジューラーで探したら
Microsoft → Windows → Setupの項目に「gwx」と「GWXTriggers」いうものがありました。
こちらのタスクを弄ってもスタートアップは中止にできるかも知れませんが
今回は一般的に広まっているやり方でやりました。
因みに「gwx」とは「Get Windows X」の略みたいです。


20151202016.jpg



やり方はネットに腐るほどの記事が書かれているのでわざわざ書く必要も無いんですが
自分がやった方法をメモとして記録しておきます。


「Windows 10 を入手する」の実行プログラムである
「GWX.exe」をタスクマネージャから終了させてから作業を行わないと
「GWX.exe」の保存フォルダ「GWX」(C:\Windows\System32\GWX)を
削除できないという事例が載っていたのでプロセスを終了させて行いました。


20151202028.jpg


「インストールした更新プログラムを表示」から更新プログラム「KB3035583」をアンインストール。


20151202034.jpg


ここで再起動を促されることがあるみたいですが自分の場合は無かったので手動で再起動して
常駐プログラムを確認すると「Windows 10 を入手する」のアイコンは無事に表示されなくなってました。
また、C:\Windows\System32にあったGWXフォルダも無くなってました。


20151202062.jpg


あとはWindowsの更新をすると再度、更新プログラム「KB3035583」が表示されるので
右メニューから「更新プログラムの非表示」に設定すれば完了です。


20151202060.jpg


非表示の更新プログラムは「非表示の更新プログラムの再表示」から確認でき、
チェックを入れると再表示されるようになります。


20151202043.jpg


タスクスケジューラーの項目は「gwx」と言うフォルダこそ残ってましたが中身はからっぽでした。


20151202053.jpg


Windowsフォルダを「GWX」で検索すると下記アドレスのフォルダの中に「GWX.exe」がまだ残っていたので
Cドライブのクリーンアップをしたら検索してもでてこなかったので完全に削除されたんでしょうかね。

C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-gwx_31bf3856ad364e35_6.1.7601.19020_none_0e8f509f6ced0a7d


あと、「Microsoft-Windows-GWX-Ins%4Operational.evtx」と言うイベントログが残っていました。


20151202067.jpg


更新プログラム「KB2952664」も削除したほうがいいみたいな記事がありましたが
取り敢えずこのままで様子見してしようと思います。

あと、Windows 7 を再インストールする前には
CドライブにWindows10の実行プログラムがダウンロードされていたんですが、
今のところそのような形跡もありません。



( ^ω^ )

【PC】 最近知った、Windows7の便利操作

2015.11.20 (Fri)
最近といってもここ2、3年の話ですが、
Windows 7 の便利な操作方法を知ったのでいくつか紹介します。
そんなの知ってたわぁ~という方も多いでしょうけどそこはスルーでお願いしますw。



■Webサイトのショートカットを簡単に作成
毎日アクセスするようなお気に入りのサイトはブックマークしますが
お気に入りに登録するまでではないがあとでちょっと見ようと思うサイトってありますよね。
そんな時に役立つ操作方法です。


Google Chrome のアドレスバーのアドレスの左にアイコンをデスクトップにドラック&ドロップします。
因みにアドレスの左にアイコンはファビコン(favicon)と言います。
余談ですがファビコンは自サイトやブログ用に作ったので知ってましたが、
タブやブックマークバーに表示されるのがファビコンだと思ってましたがこれもファビコンと呼ぶんですね。


20151110102t.jpg


するとそのページのショートカットがデスクトップに作成されます。


20151110101.jpg


1アクションで完了するのも便利なんですが、
デスクトップには忘れてはいけないファイルのショートカットしか置かない主義なので
絶対に見忘れないというのがいいですよね。

Firefox (ver42.0)でも地球儀のようなファビコンをドラック&ドロップするとできました。


20151110103t.jpg


IE11もファビコンをドラック&ドロップしてできました。


20151110105t.jpg




■ジャンプリストの「いつも表示」に登録
Windows7のタスクバーのアイコンを右クリックするとジャンプリストが表示されますが、
「いつも表示」の下の「よく使うもの」「最近使ったもの」などに表示される内容って
どのような仕組みで表示されるのかよく分かりませんよね。


20151118060_2015111808394301c.jpg


「よく使うもの」「最近使ったもの」などに無いと「いつも表示」に登録できないので
困ったことがあったんですけどこれにもいい方法がありました。

やり方は表示させたいフォルダなどをタスクバーのアイコンに
ドラッグアンドドロップするだけです。


20151118065t.jpg


これだけで「いつも表示」に一発登録です。


20151118064_20151118083941b29.jpg



尚、画像をメモ帳のアイコンにドロップ&ドロップしても「いつも表示」には表示されますが…


20151118067.jpg


画像を開こうとしてもメモ帳が開いて意味不明な文字が表示されるだけ画像ファイルは開けませんでした。
詳しくは分かりませんがどうも関連付けされたファイルしか起動しないかも知れませんね。


20151118066.jpg


あと、前述のデスクトップにWebサイトのショートカットを作る方法を応用して
アドレスバーのファビコンをタスクバーのブラウザのアイコンに
ドラッグ&ドロップしてもジャンプリストの「いつも表示」にも表示されます。


20151118071.jpg


ただ、この方法でやるとアドレスでしか表示されないのでどのサイトなのか分かりにくいので使いくいですが、
一旦、デスクトップにWebサイトのショートカットの置いてそこからタスクバーのアイコンにドロップすると
サイト名がテキスト表示になります。


20151118069.jpg


尚、テキスト表示だろうとアドレス表示だろうと同じサイトには変わらないので
どちらか一方の表示方法しか登録できないみたいです。





■フォントのバックアップと一括インストール
ソフトをインストールするとフォントも付属されていて一緒にインストールされることがありますが、
インストール時にフォントのことなど表示されないのでお気に入りのフォントが
どのソフトからインストールされたかとか、以外に知らないもんですよね。

なのでフォントのバックアップと一括インストールの方法を知るまでは
Windows7 を再インストールした後にすぐにお気に入りのフォントが使えなくてよく困ってました…。(;^ω^)

一括インストールはバックアップしていたフォントファイルをすべて選択します。


20151118040.jpg


右メニューの「インストール」からインストールするだけです。


20151118044.jpg


万が一、重複フォントがあっても
「すべての項目にこれを実行します」にチェックを入れて、
「いいえ」をクリックすれば除外されてインストールされます。


20151118046.jpg


20151118047.jpg


因みにバックアップはC:\Windows\Fontsにアクセスしてすべてのフォントを選択して
コピーして適当な場所に保存するだけです。


20151118056.jpg




■電卓
Windows7のアクセサリーにある「電卓」はよく使っているですけど
ショートカットメニューでも数値のコピー、貼り付けができるんですね。(゚д゚)!

要は電卓の編集メニューから操作せずとも、電卓上でコピー(Ctrl + C)、
または貼り付け(Ctrl + V)の操作で数値のコピー&ペーストができます。

この方法はほんとにここ一年以内に知った方法なんですけど
マウス(G300r)のボタンにコピーや貼り付けの操作を割り当てているのでかなり便利です。


20151119006.jpg


あと、表示メニューを開いたらいろんな計算ができるんですね。


20151119017.jpg


20151119003.jpg
関数電卓


20151119004.jpg
プログラマ


20151119005.jpg
統計


20151119018.jpg
単位の変換


20151119011.jpg
日付の計算


20151119019.jpg
住宅ローン


20151119020.jpg
自動車リース


20151119021.jpg
燃費 (km/L)


20151119022.jpg
燃費 (L/100 km)


Windows におまけ程度で付いているものだと思ってたので
関数電卓、プログラマ、単位の変換、日付の計算のほかにワークシートからは
燃費計算、自動車リース、住宅ローンの計算までできるとはちょっとビックリしました。(゚д゚)!


電卓の使い方の詳細は下記のアドレスご覧下さい。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/using-calculator





( ^ω^ )

【PC】 Expression Web 4 のフリーズには Windows Essential が関与?

2015.11.11 (Wed)
Windows 7 HomePremium を再インストール後に
サイト作成に使用している Microsfoft Expression Web 4 がすぐフリーズするようになりました。
正確に言うとフリーズとは違うのかも知れませんが操作できないという意味合いでは同じです。


20151111050.jpg


このソフトは作成中のWebサイトをブラウザで確認する際に一旦保存する必要があるんですが、
その時にフリーズして進捗状況を示すクルクルがずっと回ったままになって動かなくなります。

ソフトの不具合ならソフトを再起動するだけで解消する筈ですが、
ソフトも再起動させてもまったく状況が改善せずに、
この状況を改善するにはWindowsを再起動するしかありません。



■原因判明
最初はサーバーエラーと言うメッセージが出たので
Lan関連のドライバの問題かと思って異なるバージョンのものに入れ替えたり
ソフトの再インストールなどもしてみましたがまったく改善しませんでした。
だいたい、タスクマネージャで見ると応答不能にはなってなくて全く操作できないとかじゃなくて
どうも特定のファイルにアクセスできなくてビジー状態で途中で止まっている感じなんですよね。


20151109046.jpg


そこでサイトデータの入っているフォルダをまるごとコピーしてみたら
案の定、コピー作業が途中で止まってプログレスバーがまったく動かなくなりました。


20151110081.jpg


コピー作業が止まったファイルに問題があるのかと色々と調べてみたら、
コピー作業が止まるファイルがいつも同じという訳でもないんですよ。


20151109056.jpg




■解決の糸口は別のソフトにあった!
なんとなくフリーズする原因は分かったのでHDDのチェックディスクはしてましたが
エラーもなくどうすれば解消するのか、なぜこのようなになったのか記憶を振り絞って考えてみましたが
全く思い付かずに途方に暮れていた時にWindows Live メールがフリーズしました。

こちらはウィンドウが白くなってタスクマネージャでも応答不能とはなっていましたが、
ソフトを再起動しても状況が改善しない点では Expression Web 4 と同じです。(´・ω`・)エッ?


20151110001t.jpg


これは何かにヒントになる、というかこれで"ピーン”ときましたね。
Windows Live メール と OneDrive は Windows Essential という同じパッケージソフトなので
同時にインストールしたんですが、インストール後のOneDrive の設定中に
トラブルがあったので OneDrive だけ削除したのを思い出しました。

その時のトラブルのゴミが今回の原因かもと思い、
Windows Essential のすべてをアンインストールしてから
改めて Windows Live メール をインストールしたらそれ以来、フリーズは起こっていません。


ではでは。



------------------------------------------------------------


追記 2015/11/20
この記事を投稿した11/11から一週間以上フリーズしなかったのが
また起き出したのでその記録です。


2015/11/12
ExpressionWeb4のデータをHDDからSSDに移動

2015/11/16
Liveメールフリーズ

2015/11/17
Liveメールフリーズ プログラムの修復

2015/11/18
ExpressionWeb4 フリーズ

2015/11/19
Liveメール フリーズ2回

2015/11/20
ExpressionWeb4 のデータをHDDに戻したらExpressionWeb4 フリーズ
スワップが関係している?
hddが原因かも?
 | HOME | 
トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。