Edius...and more

pc, after effects CS6, Photoshop CS6, Illustrator CS6, coneco, youtube...

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2カウンターがSSLに対応したので変更してみた!

2017.02.24 (Fri)
この辺の事情はまったく詳しくないんですが、
Google(Search Console)からお宅のサイトでは
「安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する」とか言われるし、
FC2インフォメーションではSSLに対応したカウンターやメールフォームなどのブログパーツを
順次SSLに対応していくみたいなことが掛かれてましたし、
添付画像「機密情報の収集には HTTPS ページを使用する」ようなことが書かれているので
カウンターやメールフォームなど機密情報の収集になんらかの関係があるでしょうね。

2015年12月にグーグルが
HTTPSページが優先的にインデックスに登録されるようになる」と
発表したのを受けての仕様変更みたいです。


安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


インフォメーションに書かれていた内容で
「ブログでプラグインを使用している場合」に該当したので取り敢えず、
カウンターだけSSLに対応するように設定変更しました。
ただ、カウンターがリセットされないかそれだけが心配でしたが
安全第一なのでその時は泣くしかないですねw。


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する
マジでリセットされた時のためにキャプチャしておきました。


プラグインページを開き、アクセスカウンターの項目の右端にある
赤い×ボタンをクリックすると削除されます。


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


その前に設定などをキャプチャしておきます。


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


赤い×ボタンをクリックすると「本当に削除しますか?」などと
メッセージが出るので緊張感が増します。((´д`)) ブルブル…


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


消えました。


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


プラグイン設定画面でPC用の「公式プラグイン追加」をクリックします。


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


「FC2カウンター」の項目にある「追加」ボタンを押します。


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


ブログを確認すると表示位置が最下位になってましたが
取り敢えずリセットされずに変更できたようで良かったです。ε-(´∀`*)ホッ


FC2ブログ SSL化 カウンター メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


FC2カウンターはブラウザのクッキーを削除すると「自分のカウント」の項目が
デフォルト設定の「カウントする」になるんですがこちらの設定には特に変更はないみたいでした。


FC2ブログ SSL化 カウンター リセット メールフォーム 安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

Re: ぶっちさん
ぶっちさん、こんばんは。

参考サイトはまだ見てなかったページだったので勉強になりました。
ありがとうございました。

>コメントを付けるフォームに存在する「Pass」の部分が…
その辺が原因なんでしょうけど2ページだけというのがよく分からないですよね。
おそらく早くHTTPS化しろ、というグーグルからの警告なんでしょうね。

>何れはサイト全体のHTTPS化という物が必要となってきそうな時代ですね。
FC2ブログ(ホームページ)が対応するのか、
対応するにしてもいつになるのか分からないので
なるべく費用を掛けないでHTTPS化できるように色々と勉強しているんですけど
ぶっちさんのように自宅にサーバーを構築して運用するだけのスキルも
やる気も無いので格安のレンタルサーバーを借りるのが手っ取り早さそうです。
ただ、勉強することが増えてパンクしそうですw。

それにして8コア16スレッドのRYZENは興味を惹かれますね。
EDIUS Pro8やTMPGEnc Video Mastering Works 5などで
QSVの恩恵をめっちゃ受けているのでその辺との天秤になりますが、
かなりRYZENで組みたい衝動に駆られていますよw。

ではでは。
No title
 件の警告は「HTTP 接続されたページ」でパスワード入力フォームが存在すると起こる物かと思われます。
 具体的には記事へコメントを付けるフォームに存在する「Pass」の部分が検知されている可能性も高いかなーとも思います。
 ブログパーツなどのフォームもそうですが、何れはサイト全体の HTTPS 化という物が必要となってきそうな時代ですね。

調べてた時のソースは次の物が参考になるかと思います。
http://jp.techcrunch.com/2016/09/09/20160908chrome-is-helping-kill-http/

管理者のみに表示

トラックバック

トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。